2017年06月24日

森と水をめぐる食の旅 〜南会津・とうめいなたべものをさがして〜

ついつい見逃していたタンボ・ロッジの素晴らしい環境。
そこに目を付けた友人「お菓子工房ハルディン」さんがイベントを組んでくださいました。
皆様是非参加してくださいね。
詳しくはこちらをクリックしてね。
posted by 料理長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2017年04月27日

楽しい会の後、春を探しに水源へ

「アントネッラとタンボロッジで会う会」が終わり、あとかたずけをしてから残ったメンバーで、タンボ・ロッジ周辺の遅い春を探しに、とてもおいしいタンボ・ロッジの水源にもなっているこの地区の簡易水道の水源地まで散歩してみました。
まだ林の中には雪も残っていて、桜の蕾も堅いです。
早く桜が咲かないかなぁ〜〜。

IMG_3145.JPG
タンボ・ロッジの南側を流れる川の対岸の林道を歩きます。
まだ雪があちこちに残っているけれど、確実に春の気配が漂っていました。

IMG_3146.JPG
遅れて付いてくるアントネッラさんたち。

IMG_3149.JPG
フキノトウがあちこちに顔を出しています。

IMG_3153.JPG
水源になっている小川の取水口に到着しました。
この小川の上流には人工物は一切なく、そして見上げる山は日本海側と太平洋側を分ける「分水嶺」。
山に落ちた雨の最初の一滴が小さい川となって流れ、日本海側に位置するタンボ・ロッジの水源にもなっているので、とても水が綺麗でおいしいです。
これって一番の贅沢ですよ〜〜。
アントネッラさん、故郷の湧水「アックア・サンタ」を思い出したのか、ずっと綺麗で透き通ったコバルト色の水を眺めていました。

IMG_3158.JPG
水源の川の水を飲んでみましょうね。
朝倉さんによると、雪解けの甘い味がしたそうです。

IMG_3161.JPG
カタクリの花もまもなく開花しそうですよ。
蕾があちこちに首をもたげていました。

IMG_3165.JPG
白樺の美しい林の中で、なにやら手に持ってうれしそうなHさん。
山菜をとって来たみたい!!。
コラァ、泥棒〜〜(笑)。

IMG_3167.JPG
近くの湿原では、なんと!!水芭蕉がまだ一輪ですが、咲いていましたよ。
タンボ・ロッジ周辺、とても良い環境でうれしいです。
posted by 料理長 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

アントネッラとタンボロッジで会う会

昨日から今日にかけては、イタリアの自然農法の最高の食材の輸入を手掛ける「アサクラ」主催の「アントネッラとタンボロッジで会う会」の日でした。
アントネッラさんは、イタリアで自然農法でオリーブオイルを作りながら農家民宿を営む料理の達人です。
そのアントネッラさんの来日に合わせて、彼女の手掛ける自然農法のおいしいオリーブオイルを発売する「アサクラ」さんが企画し、タンボ・ロッジを会場にこのイベントが行われました。
初めて会う長身のアントネッラさん。
朝倉さんから話はいつも聞いていたので、なんだか初めてとはとても思えませんでしたよ。

IMG_3113.JPG
参加者全員が集まり、夕食前にタンボ・ロッジの支配人の挨拶です。

IMG_3115.JPG
キッチンにずらりと並ぶアンデス・マクロビオティック料理。
夕食はタンボ・ロッジが担当しました。
通常のお客様の時にお出ししている料理が並びます。
しかし人数多いから、こんなに並ぶと見事ですよ〜〜。
これはアミューズのプレートの後の、前菜のプレートです。

そしてこの後、話は尽きず、いつものように夜更かし!!。(笑)

IMG_3118.JPG
翌日の朝、朝食はタンボ・ロッジが担当しました。
そして朝食後からいよいよアントネッラさんの料理教室です。
教室に合わせて、春浅いタンボ・ロッジの庭で採れる山菜や野草を採取しました。
土筆、タンポポの葉と蕾、出始めたばかりのヨモギとフキノトウが取れましたよ〜〜。
さてどんな感じでこれらの素材がイタリアンになるか、とても楽しみです。

IMG_3124.JPG
人数多いから、古代小麦のパスタも豪快!!。
すごい量です。

IMG_3127.JPG
ビュッフェ方式で自分で盛り付けました。

IMG_3128.JPG
土筆もなんだかイタリアンです。
こんな風に使うとおいしいですよ〜〜。

IMG_3131.JPG
タンポポの蕾って、かなりおいしい!!。
初めて食べました。
タンボ・ロッジの庭にはたくさんあるタンポポ。
おいしいからたくさん採取すると、絶滅してしまいそう。(笑)
でもこれからは少し使ってみたいです。
だって今のうちだけですからね。
まもなく黄色い花が咲き始めます。

IMG_3133.JPG
フキノトウとヨモギはなんと!!自然農法のオリーブオイルで天婦羅に!!。
なんという贅沢さ!!。
めちゃおいしい!!。
採取してすぐに調理するフキノトウは、苦みが少なくてとても食べやすいです。

IMG_3134.JPG
自然農法の古代小麦を使った手打ちの生パスタ「オレッキエッテ 」も作りました。
手打ちパスタ、とてもおいしい!!。

IMG_3136.JPG
やや崩れ気味ながら、おいしそうに出来上がった「ラビオリ」。
ソースにはアントネッラさんの土地で採れたサフランも使っています。
超贅沢!!。

IMG_3141.JPG
楽しい会はあっという間に終わってしまいますね。
ランチが終わり、おなかも満たされたところでお開きです。
全員で記念写真を撮りましょう。
本当に楽しかったです。
皆様、遠くからおいでくださってありがとうございます。
そしてイタリアからやって来たアントネッラさん、異国で慣れないキッチンでの料理、本当にお疲れさまでした。
サポート役の朝倉さん、本当にありがとうございます。そしてお疲れさまでした。
posted by 料理長 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年04月24日

薪用原木到着!!。

今日、来シーズン用の薪にする原木がタンボ・ロッジにやって来ました。
結構量がありますねぇ。(;^_^A
連休が明けてから巻きづくりスタートです。
またまたマッチョになる季節、頑張ります。!!(#^.^#)グー
しかしまだ少し雪が残っていますよ。(笑)

IMG_3112.JPG
posted by 料理長 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年04月18日

「こめっ粉40」スイーツ教室第2期平日クラスがスタートしました

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第2期平日クラススタートがスタートしました。
1泊2日の泊まりで徹底的にタンボ・ロッジで作っているスポンジ系スイーツをマスターする、4回シリーズの講座です。
今回は初級です。
先週スタートした土日クラスとほとんど同じ内容です。
今回も遠くより多くの方々に集まっていただき、とてもうれしいです。
初顔合わせの人や、実は知り合いだった方などもいて、和気あいあいと教室を進めることができました。
内容はとにかくマニアックです。
米粉の話から小麦の話、そのほかの事まで何でもありという感じでしたよ。
何しろ時間の制限がほとんどないので、内容濃くできるのがうれしいです。

IMG_3089.JPG
まず最初に私が見本でロールケーキの生地を作り、次に参加者の方に同じようにやっていただきました。
人によって右利きと左利きがあるように、それぞれの癖があるんですね。
だから全く同じにはならないところが面白いところ!!。
でもそれが見ている人には参考になったりしますからね。

IMG_3094.JPG
さて、ロールケーキも出来上がり、お楽しみの夕食の時間です。
今回のメニューも、土日クラスと同じものにしました。
タンボ・ロッジオリジナルのアンデス料理をベースにしたマクロビオティックの料理が並びます。
ではみんなでいただきます。〜〜!(^^)!

IMG_3098.JPG
食事が終わり、冷蔵庫で冷やしておいたロールケーキを切り分けて盛り付けます。
ワイワイやると楽しいですね。

IMG_3097.JPG
こんな感じで盛り付け完了。
盛り付けは個人個人でやっていただきました。
この後またまた話が盛り上がり、またまた夜更かし!!
いつもの事ですけどね。・・・(笑)

IMG_3100.JPG
さて翌日、今度はシフォンケーキに挑戦です。
まず最初、私が「キャロブ・レーズン・シフォン」を焼きました。
そのあと参加した方に、プレーンの生地で「レーズン・シフォン」を焼いていただきました。
やや泡立てが行きすぎ、少し中落ちしたけれど、とてもおいしく完成しましたよ。

IMG_3101.JPG
焼きあがりました。
茶色いほうがキャロブを使ったシフォンです。

IMG_3103.JPG
支配人の簡単な賄系のランチの後、切り分けて盛り付けします。
今回は豆腐が少し余ったので、それを使ってバニラクリームを作りました。

さあこれで初級クラスが終わりました。
次は中級クラスへと進んでいきます。
次回は5月。なんだかあっという間にやって来そうだなぁ~~。
遠くより参加してくださった皆様、ありがとうございます。
来月もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 料理長 at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2017年04月16日

ペルーの海苔「コチャユーヨ」

昨日は思い切り創作的なペルー料理を作りました。
それは、ペルーの海苔「コチャユーヨ」と「白チューニョ」を使った「セビッチェ」という、ペルー版カルパッチョです。
白チューニョはペルーでのジャガイモ保存の知恵の結晶、凍結脱水乾燥させたジャガイモで、ジャガイモの毒は全部抜けているし、体を冷やす陰性的な要素もすべてなく、逆に体を温める陽性に変化した食材です。
もちろんタンボ・ロッジでは冬の気候を利用して、自然農法の北海道産ジャガイモを使い、手作りしています。
そして今年の正月に、ペルーから日本に来た方にお願いして持ってきていただいた、ぺルーの南の海岸で採れる、コリコリとしたおいしい海苔「コチャユーヨ」も使ってみました。
なんだかちょっと日本とペルーの合作のような創作料理になって、うれしいです。

IMG_3070.JPG
posted by 料理長 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2017年04月15日

プリンアラモード

卵や乳製品などの動物性食品を使わない「プリンアラモード」に挑戦してみました。
プリンの下に「米粉のスポンジ生地」を敷いてみたけれど、抜型のサイズがプリン型と違って不安定に。(笑)
でもとてもおいしそう。
プリンの甘みは自家製米飴と自家製甘酒のみです。
初めて作った割には、完成度が高く、とても満足しているわたくしです。!(^^)!
ただし、生のフルーツがなく、すべてドライフルーツを飾りましたけどね。(笑)

IMG_3082.JPG
posted by 料理長 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

ドライトマト完成!!

しばらく前からタンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井で乾かしていたとてもおいしい鹿児島県種子島産オーガニックトマト。
すごくよく乾いてきて、使えるようになりました。
昨日はそれを、イベリコ豚の生ハムに見立ててサラダの付け合わせにしてみました。
見た目は生ハム、またはビーフジャーキーそっくり!!。
味は濃厚な甘酸っぱいトマト。
これはたまりません。

IMG_3078.JPG
posted by 料理長 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2017年04月12日

久しぶりに米粉のキャロブシフォンを作りました。

今日は久しぶりに「こめっ粉40」のキャロブシフォンを作りました。
もちろんベーキングパウダー&卵不使用です。
シフォンは嵩が高く作れるので、ボリューム感がありますね。
プレーンではなく、キャロブパウダーを入れて、ほんのりチョコ味の雰囲気で作りました。
またこれも良いですね。
そうそう、レーズンも入れちゃいました。

IMG_3074.JPG
posted by 料理長 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2017年04月10日

春の散歩道

今日は日差しも強く、暖かい!!。
待ちに待った春の訪れを感じる日和です。
最高気温も11℃まで上がりましたよ。
そこでタンボ・ロッジから歩いて散歩に出かけてみました。
雪解け水で増水する川やせせらぎの戻った小さな小川、白樺林の前にある池の氷も融け、本当に春を感じる散歩でした。

IMG_3058.JPG
タンボ・ロッジの周りの雪もだいぶ融けてきました。
しかし、除雪機で雪を飛ばしたところにはまだまだ固まった雪が!!。
支配人の背の高さに近いくらいの雪の山です。
早く融けないかなぁ〜〜。
あの下に春の花、水仙が植わっているので、早く花を見たいです。花見(さくら)

IMG_3061.JPG
雪原に埋もれていたせせらぎが戻ってきました。

IMG_3063.JPG
白樺林の前の氷結していた池も融けてきましたよ。

IMG_3065.JPG
もう道は問題なく普通のタイヤで走れますよ〜〜。
春のお散歩はとても気持ち良い!!。
今日は6q歩きました。
ちょっと冬の運動不足で足がだるいです。(笑)
posted by 料理長 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳