2017年10月23日

たまにはシフォンサンドを

最近「山栗のモンブラン」が続いているタンボ・ロッジの夕食後のスイーツ。
昨日はちょっと目先を変えて、秋の雰囲気の「シフォンサンド」を作ってみました。
というのも、泊りのお客様のシフォンという要望があったからなんです。
久しぶりに作ってみると、なんだか新鮮!!。
たまにはやらなくっちゃね。
一応お愛想で、山栗のモンブランクリームも飾ってみました。(笑)

IMG_4970.JPG
posted by 料理長 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2017年10月21日

満員御礼)タミパンで焼く自家製粉米粉パン&ビーガン・プリン教室のご案内

タミパンで焼く自家製粉米粉パン&ビーガン・プリン教室をタンボ・ロッジで開催いたします。
開催日時・・・ 11月11日(土)〜12日(日)の1泊2日

最近タンボ・ロッジで開発した「自家製粉の米粉」を使って「タミパン」などのガスレンジで焼けるパン焼き器を使った100%米粉の食パン。
その教室を開催いたします。

自家製粉の米粉ということは、ちょっとしたやり方で自分で米粉も作ってしまえるという、ちょっとマニアックなことができるし、販売されているそのパンに適した米粉の情報も提供いたします

そしてさらに、最近開発した「ビーガン・カスタードプリン」も加えて、1泊2日、3食付きで行おうと思います。

タイムスケジュール

★ 11月11日(土)の午後3時位にタンボ・ロッジの集合してください。部屋割りの後、午後3時半から教室を始めます。 教室が終わったら、午後7時ころよりタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティックの夕食とスイーツをみんなで食べ、その後、就寝まで自由時間です。

★翌12日(日)は午前8時よりタンボ・ロッジの朝食です。朝食に前日焼いた「米粉パン」をお出しいたします。朝食後、9時〜9時15分頃から2日目の教室(ビーガン・カスタードプリン)を始めます。
教室が終わったら、タンボ・ロッジの軽い賄系のランチを食べ、ランチの後に教室で作ったスイーツを食べて、午後1時半位に解散予定です。

参加費用
講習費、宿泊費、食事代すべて含んで、1名様 ¥14,000となります。
なお、参加費用は事前にお振り込みをお願いしています。 振り込みが完了した時点で正式な予約とさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
なお限定講座のため、お振り込みの後のキャンセルにつきましては、再募集しても埋まらない場合にはお返しできませんのでご了承くださいませ。

お申込み
タンボ・ロッジまで必ず電話でご予約をお願いいたします。その際詳しい事や振込先のご案内をいたします。
電話番号は・・・0241−78−5165です。
それでは皆様の参加をお待ちしています。

21762826_1486193461460415_6128828761489541621_o.jpg

IMG_3203.JPG

posted by 料理長 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

支配人の誕生日

昨日はタンボ・ロッジの支配人の誕生日。
お菓子工房「ハルディン」さんが、自然農法に限りなく近い紅玉を使ったアップルパイをわざわざ届けてくれました。
めちゃくちゃ喜ぶ支配人。(笑)
自然農法に限りなく近い紅玉は、消毒のために、すごく薄めた「お酢」を散布するという、あの有名な木村さんと同じやり方で作られた、とても貴重なリンゴです。
それをこんなに太っ腹に使ってくれて、感激です。
ハルディンさん、ありがとうございます。

IMG_4964.JPG

IMG_4967.JPG
posted by 料理長 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月19日

助っ人再登場

昨日は再び長野県の農楽里ファームから、樹齢100年の栗の木から採れた栗が送られてきました。
タンボ・ロッジの山栗が不作だけに、涙が出るほどうれしいです。
送ってくださった農楽里ファームの遠藤さん、本当にありがとうございます。
足向けて寝られないなぁ〜〜(笑)。
で、さっそく加工開始です。
これでタンボ・ロッジのモンブラン祭りが少し期間延長になりましたよ。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4961.JPG
posted by 料理長 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月18日

Café Cuore Del Sol

今日はランチを食べに、那須の黒磯板室インター近くにあるマクロビオティックのイタリアンレストラン「Café Cuore Del Sol」へ行ってきました。
このお店、素材にこだわり、安全なものしか使わないし、料理がおいしいので、私たちは時々食べに行っています。
今日もおいしかったなぁ〜〜。

IMG_4938.JPG
今日のメニューが黒板に書いてありました。
どれもおいしそう!!。
朝食べていない私たちは、欲張って一つ余計に頼みましたよ。(笑)

IMG_4942.JPG
こちらがランチの前菜プレート。
かなりの豪華版です。
どれもおいしい!!。
黒板には6つしか書いていないけれど、数えてみるとなんと10種類あるではないですか!!。
なんだか得した気分です。
パプリカが肉厚でおいしい!!。もちろん全ておいしいんですけどね。

IMG_4943.JPG
そしてメインディッシュの古代小麦のパスタの他に、「カルツォーネ」を単品で頼みました。
ピザ生地で中の具を包んで焼いてあります。
ベジの具がたっぷり入って熱々でおいしい!!。

IMG_4947.JPG
中身はこちらです。

IMG_4950.JPG
そしてメインディッシュのパスタは、アサクラアイテムの低温乾燥の自然農法古代小麦パスタを使った「ベジ・カルボナーラ」。
大豆たんぱくを使ったベジハムがしっとりとしていておいしいです。
上のかぼちゃのソースもとても良いアクセントでおいしく感じました。

IMG_4952.JPG
そしてスイーツは、「紫芋のモンブラン」。
このところ、タンボ・ロッジで「山栗のモンブラン」ばかり作っていましたからね。
たまにはこんな違うモンブランも新鮮に感じます。

IMG_4956.JPG
断面です。
やや平べったいのは、中のクリームが少しゆるいからでした。
でもそのゆるさが滑らかで爽やかです。
下の生地はタンボ・ロッジの名物、ベーキングパウダーも卵も小麦も使わない米粉のふわふわスポンジです。
こんなところにタンボ・ロッジの技術が生かされていて、とてもうれしいです。

IMG_4957.JPG
私たちがすっかり完食したころ、なんとお店に「玄米と野菜のお店 松おか」の松岡さんがふらっとやって来ました。
ばったり会って驚く私と松岡さん。(笑)
このリゾットはその松岡さんが食べた「あおさときのこの玄米リゾット」です。
私たちがさらに食べたのではありませんからね。(笑)
なんだかおいしそう!!。

IMG_4959.JPG
松岡さんと言えば、モンブラン。
相当の栗好きですが、このお店にはもう山栗はありません。
しかし、松岡さんが頼むのは、やはり「モンブラン」。
どこへ行ってもモンブラン。(笑)
いやぁ〜〜、こんなところでばったりとは驚きました。

2017年10月17日

晩秋の尾瀬を歩く

今日は本当に久しぶりの良い天気。
そこで待ってましたとばかりに、紅葉の盛りを過ぎた尾瀬を歩きに出かけてみました。
今回は、沼山峠から入り、尾瀬沼から2時間ほどで往復できる小さな湿原「小淵沢田代」へ行ってきました。
小淵沢田代は、ほとんど訪れる人もなく、静寂そのもの。
賑やかな尾瀬の近くなのに驚くほど静かな山旅を味わえました。
そして紅葉は、尾瀬ではもう終わりだったけれど、行き帰りに楽しむことができましたよ。

IMG_4895.JPG
朝9時の御池発のシャトルバスに乗り、起点の沼山峠を目指します。
ブナの原生林越しに眺める紅葉が最高に綺麗!!。
朝日を浴びて眩しいくらいです。

IMG_4898.JPG
尾瀬沼の岸辺の大江湿原に下りてきました。
草紅葉がとても綺麗です。
さすがに初夏にはあんなに楽しめた高山植物の花は一つもありませんでしたが、こんな風情の尾瀬もとても美しいです。

IMG_4901.JPG
大江湿原から小淵沢田代を目指して登りにかかります。
標高差200mくらいを登りますが、道はぬかるんでいるものの、そんなに厳しい道ではありませんでした。
さすがにすれ違う人もなく、とても静かな山道です。
ここも尾瀬とは信じられないですよ!!。

IMG_4906.JPG
歩くことおよそ50分、小淵沢田代の到着です。
とても広々としていて、なんだか気持ち良い!!。
そして静寂が広がります。

IMG_4907.JPG
湿原からは、日光白根山が良く見えました。

IMG_4909.JPG
こんな幻想的な「池糖」までありました。

IMG_4917.JPG
静かな湿原に付けられた道は、たった1本の細い木道。
いかに人が少ないかがわかります。

IMG_4918.JPG
さて、木道が新しくなった場所でランチタイムです。
山での私たちのランチは、インスタントのベジラーメンが定番です。
だって朝急いでおむすび作らない分、寝坊ができるからね。(笑)
風が冷たいこんな日は、熱々のラーメンのおいしいこと!!
山奥で食べるラーメンは、インスタントでも高級ラーメン店のそれと引けを取らないように感じてしまいます。(^O^)/

IMG_4919.JPG
ゆっくりと小淵沢田代で休憩した後、再び山道を通って尾瀬沼へと歩いて行きます。

IMG_4921.JPG
尾瀬沼に到着です。
大江湿原と東北最高峰の燧ケ岳。

IMG_4925.JPG
西日を浴びて、帰途につきました。
大江湿原の名物の3本唐松が西日を浴びて美しい!!。

IMG_4932.JPG
帰り道、「モーカケの滝」に寄っていきました。
駐車場から2〜3分で滝の展望台に着きます。
紅葉、思ったよりもまだでしたが、夕方の風情の滝はとても美しい!!

IMG_4933.JPG
モーカケの滝展望台からの紅葉も少しずつ進んでいる様でした。
posted by 料理長 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月16日

薪ストーブスタート

今日はなんだか寒い日ですね。
そこでさっそく今シーズンの薪ストーブがスタートしました。
赤く燃える炎を見ていると、とても癒されます。
暖かい火の傍でコーヒー飲むと最高!!。(^O^)/

IMG_4893.JPG
posted by 料理長 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月14日

わんこみたいな紅生姜

わんこみたいな紅生姜発見!!。
しょうもない記事ですいませんでした。(笑)

IMG_4871.JPG
posted by 料理長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2017年10月13日

アンデス・マクロビオティック料理2種

アンデス・マクロビオティックが2種類乗ったタンボ・ロッジの前菜。
新開発の料理です。(^O^)/

IMG_4888.JPG
左の黄色いソースがかかっている料理は、「Tiradito(ティラディート)」と呼ばれるソースがかかっています。
右のものは、アンデスの保存食、凍結脱水乾燥ジャガイモの白チューニョと、メキシコ独特のチョコレートが入った「Mole Negro(モーレ・ネグロ)」というソースの前菜です。

IMG_4884.JPG
こちらが軽く米粉で衣をつけてから揚げした「テンペ」に「Tiradito(ティラディート)」というソースが掛かった前菜です。
このソース、実は白身の魚の刺身に掛けるソースです。
ペルーではよくヒラメが使われます。
赤いピーマンとオリーブオイルとレモン果汁と塩だけで作ります。
それをミキサーで撹拌し、乳化させるのでこんな色になるんですね。
日本から移住した日系人の日系料理が影響を与えた料理と言われています。

IMG_4885.JPG
そしてこちらが「白チューニョ」のメキシコ風ソース添え
一度茹でて素揚げにした白チューニョを立てて、そそり立つアンデスの岩山のイメージに仕上げてみました。
posted by 料理長 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

日・水・土

前回の投稿から少し日にちがあいてしまいましたが、先週の金曜日(10月6日)に日帰りで東京に出かけたわたくしは、ランチは高田馬場にある自然はイタリアンのお店「カーポラヴォーロ」でいただきましたが、ディナーは銀座にあるナチュラルハーモニーのレストラン「日・水・土」でいただきました。
実は支配人は九州の宮崎の実家に用事で里帰りしていたのですが、この日に帰って来るので、「日・水・土」で待ち合わせていたんです。
そして移転して初めてのこのお店でディナーをいただきました。

IMG_4848.JPG
移転して初めて食べに行った「レストラン 日・水・土」。
お店は前の店舗と比べてかなり小さくなっていました。(面積が)
なんだか随分とこじんまりした感じの佇まいです。
ちょうどシェフが現れた瞬間をパチリ。(笑)
とても落ち着く雰囲気だけど、やはりちょっと古ぼけた感じの前の店舗のほうが馴染みがあって良かったなぁ〜〜。(個人的な感想です。)

IMG_4849.JPG
この日は電車ですからね、思い切り飲みましょう。
と言う訳で、天然酵母のビールを飲む支配人。
宮崎帰りで疲れているけれど、ほっとした感じでうれしそう!!。

IMG_4851.JPG
今回はなかなかこれない夜のディナーなので、ちょっと奮発して 「ハーモニーディナー 〜 水 〜 6,500yen」を頼んでみました。
少し魚系が入るけれど、個々の素材は安心の自然素材ですからね。
こちらのプレートは、最初の「アミューズ」。
季節の自然農法野菜にこのお店得意の「マイグルトのマスタードソース」がかかっています。
野菜ってこんなにおいしい!!、ということを改めて認識させるアミューズです。

IMG_4852.JPG
次の前菜は、3つの中から選びます。
支配人が選んだのは、「天然鮮魚のカルパッチョ 」。
脂ののった刺身がおいしそう!!。

IMG_4855.JPG
私の頼んだのは、「季節野菜とお豆腐のサラダ」。
野菜だけで十分のおいしさです。

IMG_4856.JPG
次は「温製オードブル」。
一番手前の大きいのは「マコモタケ」。
マコモタケのこんなに大きいのは初めて食べました。
結構おいしいんですね。

IMG_4858.JPG
そしてメインディッシュは野菜料理、魚料理、肉料理のいくつかあるリストの中から一つを選びます。
私の選んだのはこちら、「天然わら納豆と魚介類の爆弾」。
爆弾という言葉に惹かれたのですが、なんだかとてもシンプルです。
納豆はうちでも自然農法の大粒大豆の納豆を食べているので、ちょっと感動が薄かったなぁ〜〜。
もう一工夫があると思っていたので少し残念ですが、おいしかったです。

IMG_4860.JPG
支配人の選んだメインディッシュは、「本日の天然鮮魚のポワレ」。
こちらの方がおいしそう。人のものは良さそうに見えるとはこのことなり。(笑)
ビーツのソースが鮮やかで食欲をそそります。
そしてメインディッシュには天然酵母のパンが付いてきました。

IMG_4862.JPG
そして最後の料理はこちら、「魚介の自然栽培玄米リゾット サフラン風味」。
これ、おいしい!!。
おかわりしたい位です。(笑)
でももうお腹いっぱいです。

IMG_4863.JPG
さあ、別腹のスイーツ・・・。
なんと!!9種類の盛り合わせです。
それってすごい!!。
楽しみ〜〜〜。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4868.JPG
9種類の盛り合わせスイーツです。
これはくらくらと来ちゃいますね。
とても満足です。

そして私たちは、浅草発9時の特急に乗り、鬼怒川温泉へと向かいます。
車を鬼怒川温泉に止めて来たので、結構遅くまで東京に滞在できるんですよ。
でもタンボ・ロッジに着くころは、日付が変わるころなんですけどね。
posted by 料理長 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳