2006年08月29日

今日は温泉!

今日は久しぶりに、タンボロッジから車で10分ほどの『湯の花温泉共同浴場』に出かけました。
DSCN6579-1.jpg

村の共同浴場は、無人なので、入り口にある缶の中に\200を入れて入る素朴な温泉です。

DSCN6580-1.jpg
お湯はこの通り、透き通った『単純泉』何ですが、実に気持ちがいいんです。もちろん源泉かけ流しですよ。

DSCN6587-1.jpg
温泉からの帰り道、もう蕎麦の花が満開でした。
一面の蕎麦の白い花。見事な風景です。
秋が近いことを実感した一日でした。
posted by 料理長 at 20:21| Comment(6) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2006年08月28日

最後の『桃』

今シーズン最後になる低農薬の桃。
先日加工しました。
DSCN6553-1.jpg

まずは桃ジャムに・・・。
手作り水あめとこの白井農園のおいしいおいしい『低農薬桃』のみで作りました。
DSCN6558-1.jpg

そして今度はその『桃ジャム』を使って、『手作り甘酒と桃のアイスクリーム』に変身!。
DSCN6571-1.jpg

もうこれは甘くてコクがあって深みのある味。病み付きになりそう!。
posted by 料理長 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2006年08月27日

かぼちゃの洋風煮付け

今日のお昼は、こんなものを作ってみました。
DSCN6562-1.jpg
名付けて『かぼちゃの洋風煮付け』

何が洋風かと言うと、洋風の野菜スープの素を使って煮込んだからなんです。
作り方はめちゃ簡単です。
かぼちゃを適当に切って、ステンレスのそこが厚い鍋に入れ、かぼちゃが半分くらいかぶる水を入れ、野菜スープの素を入れて蓋をして煮ます。
少しかぼちゃが硬いくらいで蓋をとり、強火で水分を飛ばしていきます。
水分が飛んだら、オリーブ油を入れ、かき回して出来上がり。

かなりおいしかったですよ。
使う野菜スープの素、かぼちゃ、オリーブ油によってかなり味に差が出てくると思われます。
うちで使っているのはこれ。
DSCN6563-1.jpg
オーガニックのものですので、自然食の店で売っていることが多いと思います。
このスープの素、かなり使い勝手がよく、タンボロッジでも重宝しています。
posted by 料理長 at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2006年08月25日

秋の気配

このところタンボロッジのある会津高原では、めっきり涼しくなって秋の気配が漂っています。
DSCN6540-1.jpg
ススキがきれい。空は秋。

DSCN6533-1.jpg
コスモスも咲いています。

DSCN6547-1.jpg
胃薬にもなるという『ゲンノショウコ』も花盛り。

DSCN6548-1.jpg
山ウドも実がなっています。
posted by 料理長 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2006年08月24日

黒豆きな粉のチーズケーキ風

今日はこんなスイーツを作ってみました。
DSCN6529-1.jpg

名付けて『黒豆きな粉のチーズケーキ風』。
これも、『菜菜スイーツ』の本の中からヒントを得て作ったものなんです。
小麦粉を入れて固めるのではなく、寒天で固めています。小麦粉はほんの少ししか使いません。だけど、すごくいい食感!。カロリーが少ない寒天で、軽く作ったスイーツは、タンボロッジのディナーの後にはぴったりです。
こんなケーキを考えたこの本の著者「カノウユミコ」さんはえらい!!。尊敬してしまいます。
posted by 料理長 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2006年08月23日

アンデス風豆タルト

今日の夕食の一つはこのタルトです。
DSCN6460-1.jpg

名付けて『アンデス風豆のタルト』。
これはアンデスでよく食べる『ガルバンゾー』(ひよこ豆)をトマトで煮込んだ料理。それをタンボロッジではタルトにして出しているんです。
今回は、金時豆も一緒に煮込みました。2つの豆のブレンドですね。
もちろんれっきとした『マクロビオティック料理』です。
posted by 料理長 at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2006年08月22日

またまた枝豆モンブラン

今日は、またまた枝豆モンブランを作ってみました。
今回の枝豆は、会津若松の『白井農園』さんの枝豆を使いました。
DSCN6233-1.jpg
夏の日差しに映える『枝豆』。これだけでもおいしそう。

このところ、暑いので、ビールを飲みたくなってしまいますが、そこのところを少し我慢して、スイーツに『変身』!!。

DSCN6526-1.jpg
今回は、搾り出さずに盛り付けてみました。これもなかなかいい感じ!。
モンブランの台のほうは、最近手に入れた『菜菜スイーツ』というマクロビのお菓子の本のレシピの『かぼちゃのケーキ』を参考にして作ってみたものです。
かぼちゃとココナッツを使ったケーキなんですが、やはり夏のケーキだけあって、南のココナッツと、日本の枝豆のマッチングがなんとも季節感があり、うれしい感じです。

この『菜菜スイーツ』、かなりいい感じです。参考になります。
おかげで味わい深い『モンブラン』が出来ました。
posted by 料理長 at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2006年08月19日

ベジタリアンフィッシュ

今日のメインディッシュは、こんな面白いものを作ってみました。
DSCN6468-1.jpg

これは、『白身魚のベラクルス風ソースかけ』。

でも、実は魚は使っていません。
写真を見ると、一目瞭然ですよね。漫画チックなとぼけた魚の顔。
実はこの魚、顔と尻尾を『クッキー』で作ってみました。そして、『白いんげん豆』をベースに作った胴体にくっつけてみたんです。
このとぼけた魚、目が流し目ですね。押し麦で目を作ってみたんです。以前に黒米で作ってみたら、なんだかこわ〜い魚になったので、今回は押し麦を起用してみました。
黒いものが見えていますが、それは魚の『皮』に見立てた『海苔』なんです。海苔を貼り付けると、海の香りがして、魚らしく仕上がります。

ベラクルス風ソースとは、メキシコのベラクルス地方のソースなんですが、ピーマンとトマト、玉ねぎ、にんにく、黒オリーブなどで作るんです。もちろん本当は『白身の魚』にかけるんですが・・・。
posted by 料理長 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2006年08月17日

ベジタリアンキッシュ

今日の朝食は、「ベジタリアンキッシュ」を作ってみました。
切った断面に、かぼちゃや人参が見えて、きれいです。
DSCN6464-1.jpg

実は先日、泊まりに来たお客さんにヒントをいただいて、作ってみたんです。
作り方はそんなに難しくありませんでした。
豆腐と豆乳をミキサーに入れ、味噌や梅酢、塩、胡椒で味をつけ、『くず粉』を入れてクリームにし、それに、あらかじめ調理しておいた野菜(今日は玉ねぎ、かぼちゃ、人参)を練りこんで、タルトの生地を敷いた型に入れ、オーブンで焼いたんです。

初めて作ったものを、朝のメニューにしてしまいました。でも、これが結構いける味なんです。

さて、明日はまた何を作ろうかな〜。
posted by 料理長 at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2006年08月15日

茄子料理、その2

ナスに塩を振り、油をあまり吸わないようにした料理の第2弾。
DSCN6452-1.jpg

これは、『茄子のエスカベチェ』。
ナスを塩もみして、油をしみこみにくくしてから炒め、その上に『ペルー風ソース』をかけた料理です。
本当は、白身の魚にソースをかけるんですが、アンデス精進料理にするため、ナスでやってみました。でも、これがまた結構あうんですよ。
今週はさすがにお盆真っ最中なので、タンボロッジも誰かしらお客様がいるんです。つまり毎日ご馳走を作らなくてはいけません。ということは・・・結局毎日私たちもご馳走を食べるんです。
おなかのベルトがきつくなったと感じるのはそのためでしょうか・・・いけないいけない!!。
posted by 料理長 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理