2006年09月12日

打ち上げに『こと葉』へ。

この前の日曜日はタンボロッジの行事の打ち上げに、このブログにも時々出てくる、那須にある穀物菜食レストランレストラン『こと葉』さんへ行きました。
DSCN6806-1.jpg
皆さんお待ちかね。おいしそうな料理が並びました。料理人の森さんも一緒に記念撮影です。

今日の『こと葉プレート』(おかず6種類盛り合わせ)のランチです。うまそ〜〜!
DSCN6809-1.jpg

DSCN6810-1.jpg
ぱくぱく!むしゃむしゃ!もりもり食べる朝倉さん。
昨日は作るのに忙しかったもんね。ゆっくりくつろいで食べてくださいね。

DSCN6815-1.jpg
デザートはこれ。
『黒ゴマプリン』。
プリンと言っても、卵や牛乳は使っていません。
おいしかったで〜〜す。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

『こと葉』さんについては、こちらもご覧くださいね。

2006年09月11日

食の出会い(2)

さて、昨日の続きです。
DSCN6794-1.jpg
これは『じゃが芋のニョッキ、バジルソース』

これもアンデス野菜を使ったイタリア料理です。

DSCN6796-1.jpg
さらにイタリア料理が続きます。
これは『古代小麦パスタのトマトソース』
約6000年前の品種の小麦から作ったパスタです。

DSCN5257-1.jpg
そしてやっとメインディッシュに到達しました。
写真を撮り忘れたので、この写真はタンボロッジのホームページから引用しました。
これは私が作った『ベジタリアン肉団子のトマトソース』と言うペルー料理です。なんだかイタリア料理とよく似ていますね。
それもそのはず、トマトはアンデスが故郷だし、ペルーはスペインの植民地だったから、スペインの料理法が色濃く残っているんです。そのスペインとイタリアは、同じ地中海に面した国ですから、料理もよく似ているんですね。

DSCN6797-1.jpg
そしてデザート。
これは朝倉さんが輸入しているおいしいオリーブ油『オルチョサンニータ』をたっぷり使いました。
このブログにもよく登場する『枝豆のモンブラン』『国産バナナと甘酒のアイスクリーム』『インカの恵み、マカ入りベジタリアンクッキー』の3種類です。

DSCN6804-1.jpg
翌日、参加者の方たちと記念撮影です。
あ〜よく食べた2日間でした。
2カ国のいろいろな食事を同時に味わい、ベジタリアン談義にも花が咲きました。楽しい2日間を、皆様、ありがとうございました。
posted by 料理長 at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2006年09月10日

食の出会い(1)

昨日はタンボロッジの行事の、『アンデスとイタリア、食の出会い』の日でした。
この日は、いつもお世話になっている会津若松在住の、おいしいオリーブ油『オルチョサンニータ』を輸入している『朝倉玲子さん』をタンボロッジにお迎えして、食文化を体験する一日となりました。
なお、この日のニューはすべてベジタリアンでお願いしました。
DSCN6785-1.jpg
タンボロッジの厨房で料理する朝倉さんです。がんばってね。

さて、ではまずこの日の料理を紹介しましょう。
DSCN6787-1.jpg
まず、一番はこれ、『アンデス野菜の冷製盛』
じゃが芋、トマト、かぼちゃと、パンに載せたパプリカペースト。どれもアンデス原産の野菜で出来ています。みんなおいしいな〜!。

DSCN6790-1.jpg
2番手は私の料理、『アンデス野菜のごった煮スープ』。『チャイロ』とペルーでは呼ばれています。
これも、かぼちゃ、じゃが芋、とうもろこし等、アンデス野菜をふんだんに使ったスープです。


DSCN6792-1.jpg
3番手も私のアンデス精進料理の『ペルー風コロッケ』。
これはパン粉で衣を付けないコロッケなので、油濃くなく、かりっとしてヘルシーです。

DSCN6803-1.jpg
さて皆様、楽しんでいただけましたか。
まだまだ料理は続きますよ。
この続きはまた明日。お楽しみに。
posted by 料理長 at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2006年09月08日

クリ

今日、四国から無農薬のクリが届きました。
今シーズンの初物です。
DSCN6772-1.jpg

さっそく『クリの甘露煮』を作りました。
でも、なかなか剥くのが大変!。猫猫の手でも借りられたらいいなあ〜。

DSCN6782-1.jpg
と言いつつも、出来上がりました。
かなり崩れてしまったけれど、味は変わらないおいしさです。わーい(嬉しい顔)
もちろん甘さは『手作り水あめ』です。
秋の季節を感じた一日でした。
posted by 料理長 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2006年09月06日

平出油屋&白井農園見学会(2)

さて、いよいよ「白井農園」にやってまいりました。
タンボロッジはかなり白井さんの有機野菜を使っています。
まずは白井さんの奥さんにオーガニック認証を取得している畑の案内をしていただきました。

熱心に話を聴く参加者たち。

DSCN6720-1.jpg
いんげんの畑にて。

さて、今度は『果樹園』に移動します。
果樹園は、畑から4キロほど離れた山の中にありました。そこでは白井さんの息子さんに案内していただきました。
白井農園の有望な跡継ぎなんですね。心強い限りです。

DSCN6726-1.jpg
さっそく、花より団子でりんごの試食です。
そろそろ早い品種が食べごろなんです。
あ〜〜〜おいしいなあ。
ここでは低農薬でりんご、洋ナシ等を栽培しているんですよ。

DSCN6735-1.jpg
たわわに実ったりんご。これは『王林』と言う青いりんごです。

DSCN6731-1.jpg
そして洋ナシの『ラ・フランス』。こちらは10月末にならないと収穫できないそうで、今しばらくの辛抱ですね。

DSCN6738-1.jpg
さて、参加者一同と記念撮影です。
そろそろ秋の日が傾き始めています。
今日は有意義な一日でしたね。
白井さん、ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2006年09月04日

平出油屋&白井農園見学会(1)

DSCN6626-1.jpg
いきなりおいしそうな料理!。
9月2日〜3日は、タンボロッジの行事『平出油屋&白井農園見学会』でした。イベント

DSCN6628-1.jpg
まずは2日の土曜日、タンボロッジでいつもお世話になっている『白井農園』の白井さんにタンボロッジにお越しいただき、オーガニック農業について語っていただきました。
写真はお話をする白井さんです。
もちろん料理は、白井農園の旬の野菜をたっぷり使った『アンデス精進料理』のコースです。

さて、翌日の日曜日、会津若松に出かけ、まず最初に立ち寄ったのが『平出油屋』さんでした。
ここでは国産菜種と国産ゴマから、昔ながらの圧搾法で油を絞っています。その工程を説明していただきました。

DSCN6643-1.jpg
説明する平出さん。参加者も熱心に聞き入っています。

DSCN6696-1.jpg
これが『国産菜種』です。こんな風にして見るのは初めてです。



DSCN6631-1.jpg
平出油屋さんの搾油所は、昔懐かしいアンティークな雰囲気に満ちています。なんでも先代のお父さんのときに使っていた機会が今でも現役だそうです。古いものを直しながら使っているんですね。
このように、手仕事で油を絞っているお話を聞くと、一滴の油も無駄にしたくなくなってきますよ。
平出さん、お忙しいところをありがとうございました。

続きはまた明日。お楽しみに。
posted by 料理長 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事