2006年09月04日

平出油屋&白井農園見学会(1)

DSCN6626-1.jpg
いきなりおいしそうな料理!。
9月2日〜3日は、タンボロッジの行事『平出油屋&白井農園見学会』でした。イベント

DSCN6628-1.jpg
まずは2日の土曜日、タンボロッジでいつもお世話になっている『白井農園』の白井さんにタンボロッジにお越しいただき、オーガニック農業について語っていただきました。
写真はお話をする白井さんです。
もちろん料理は、白井農園の旬の野菜をたっぷり使った『アンデス精進料理』のコースです。

さて、翌日の日曜日、会津若松に出かけ、まず最初に立ち寄ったのが『平出油屋』さんでした。
ここでは国産菜種と国産ゴマから、昔ながらの圧搾法で油を絞っています。その工程を説明していただきました。

DSCN6643-1.jpg
説明する平出さん。参加者も熱心に聞き入っています。

DSCN6696-1.jpg
これが『国産菜種』です。こんな風にして見るのは初めてです。



DSCN6631-1.jpg
平出油屋さんの搾油所は、昔懐かしいアンティークな雰囲気に満ちています。なんでも先代のお父さんのときに使っていた機会が今でも現役だそうです。古いものを直しながら使っているんですね。
このように、手仕事で油を絞っているお話を聞くと、一滴の油も無駄にしたくなくなってきますよ。
平出さん、お忙しいところをありがとうございました。

続きはまた明日。お楽しみに。
posted by 料理長 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事