2006年09月10日

食の出会い(1)

昨日はタンボロッジの行事の、『アンデスとイタリア、食の出会い』の日でした。
この日は、いつもお世話になっている会津若松在住の、おいしいオリーブ油『オルチョサンニータ』を輸入している『朝倉玲子さん』をタンボロッジにお迎えして、食文化を体験する一日となりました。
なお、この日のニューはすべてベジタリアンでお願いしました。
DSCN6785-1.jpg
タンボロッジの厨房で料理する朝倉さんです。がんばってね。

さて、ではまずこの日の料理を紹介しましょう。
DSCN6787-1.jpg
まず、一番はこれ、『アンデス野菜の冷製盛』
じゃが芋、トマト、かぼちゃと、パンに載せたパプリカペースト。どれもアンデス原産の野菜で出来ています。みんなおいしいな〜!。

DSCN6790-1.jpg
2番手は私の料理、『アンデス野菜のごった煮スープ』。『チャイロ』とペルーでは呼ばれています。
これも、かぼちゃ、じゃが芋、とうもろこし等、アンデス野菜をふんだんに使ったスープです。


DSCN6792-1.jpg
3番手も私のアンデス精進料理の『ペルー風コロッケ』。
これはパン粉で衣を付けないコロッケなので、油濃くなく、かりっとしてヘルシーです。

DSCN6803-1.jpg
さて皆様、楽しんでいただけましたか。
まだまだ料理は続きますよ。
この続きはまた明日。お楽しみに。
posted by 料理長 at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事