2006年09月11日

食の出会い(2)

さて、昨日の続きです。
DSCN6794-1.jpg
これは『じゃが芋のニョッキ、バジルソース』

これもアンデス野菜を使ったイタリア料理です。

DSCN6796-1.jpg
さらにイタリア料理が続きます。
これは『古代小麦パスタのトマトソース』
約6000年前の品種の小麦から作ったパスタです。

DSCN5257-1.jpg
そしてやっとメインディッシュに到達しました。
写真を撮り忘れたので、この写真はタンボロッジのホームページから引用しました。
これは私が作った『ベジタリアン肉団子のトマトソース』と言うペルー料理です。なんだかイタリア料理とよく似ていますね。
それもそのはず、トマトはアンデスが故郷だし、ペルーはスペインの植民地だったから、スペインの料理法が色濃く残っているんです。そのスペインとイタリアは、同じ地中海に面した国ですから、料理もよく似ているんですね。

DSCN6797-1.jpg
そしてデザート。
これは朝倉さんが輸入しているおいしいオリーブ油『オルチョサンニータ』をたっぷり使いました。
このブログにもよく登場する『枝豆のモンブラン』『国産バナナと甘酒のアイスクリーム』『インカの恵み、マカ入りベジタリアンクッキー』の3種類です。

DSCN6804-1.jpg
翌日、参加者の方たちと記念撮影です。
あ〜よく食べた2日間でした。
2カ国のいろいろな食事を同時に味わい、ベジタリアン談義にも花が咲きました。楽しい2日間を、皆様、ありがとうございました。
posted by 料理長 at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事