2006年10月28日

厚揚げの味噌漬け(4)

さてさて、今日3日目の「厚揚げの味噌漬け」。
さっそく食べてみることにしました。
DSCN7406-1.jpg

見た感じ、ほとんど厚揚げそのものですね。
でも、でも、これがおいしかったんですよ。
大成功わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
わずか3日目ですが、相当おいしいです。
豆腐の味噌漬けよりはすぐに漬かるんですね、これって。
忙しい方向けですよ、これって。
あっという間に食べてしまいそうで、怖いで〜す。秊
posted by 料理長 at 16:02| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2006年10月27日

紅玉皮ごとコンポート

昨日の洋梨に続き、今日は紅玉のコンポート作りをしました。
DSCN7384-1.jpg
今日はせっかくの低農薬紅玉なので、皮ごとコンポートにして、瓶詰めしました。
皮を剥いたものより、こっちのほうがおいしそ〜ひらめき
posted by 料理長 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2006年10月26日

洋梨『ラ・フランス』

昨日、白井農園さんに行って、低農薬の『ラ・フランス』を分けていただきました。
DSCN7371-1.jpg
そこで、またまた例によって『加工』をすることに・・・。

まず、前の日にご飯を炊き、そこに『乾燥麦芽』を混ぜて、保温します。そして今日の朝、まず水飴から作りました。
一番大変だったのは、洋梨を小さく切ること。何しろたくさんあるので、ものすごく地道な仕事ですね。
そろそろいやになる頃にめでたく終わり、水飴で煮て、瓶詰めしました。例の『脱気殺菌』と言うやつですね。
DSCN7379-1.jpg
こんなに出来ました。でも、また来週もこれくらい作らなければ・・・。
そういえば、その前に、まだ、『紅玉』が10Kgあるんだったがく〜(落胆した顔)
さあもう一息、明日がんばるぞ〜〜ダッシュ(走り出すさま)
posted by 料理長 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2006年10月25日

厚揚げの味噌漬け(3)

今日、久しぶりに『豆腐屋おはら』へ豆腐と揚げを買いに行きました。そこで再び『厚揚げの味噌漬け』を作りました。
DSCN7363-1.jpg
前回、2週間も漬け込んでしまって、中がやわらかくなりすぎたので、今日、再びチャレンジしてみます。さて、3日後をお楽しみに。

DSCN7366-1.jpg
さて、ここでついでといっては何ですが、せっかく『厚揚げ』を買ってきたのだから、『厚揚げのねぎ味噌詰め』を食べることにしました。
要は、厚揚げの中に、黒豆味噌とねぎとみりんを練ったものを入れ、オーブントースターで焼いただけなんですが、これが絶品なんです。
皆様、ぜひおいしい揚げが手に入ったら、作ってみてくださいね。簡単なんだから・・・。手(チョキ)
posted by 料理長 at 22:02| Comment(6) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2006年10月24日

レタスのにんにくソースかけ

レタスの季節ですね。
そこで、レタスをたくさん食べられる簡単なソースを紹介しましょう。
DSCN7357-1.jpg

この『にんにくソース』は、レタス農家の方から教えてもらったレシピです。レタスを見るのもいやなときにでも、おいしく食べられるそうです。

材料・・にんにく・醤油・オリーブ油または菜種油またはゴマ油

作り方
@・・レタスは洗ってちぎって、皿の上に並べる。
A・・にんにくをスライスして多めの油で炒める。
B・・火が通ったら、油と同じくらいの醤油を入れ、じゅ〜となったら火を止める。
C・・ソースが熱いまま、レタスにかける。

これでおいしく食べられますよ。
飽きずにたくさんのレタスを、さあ、わーい(嬉しい顔)いただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2006年10月23日

『オクラ』の花の天婦羅

皆様、これは何の花でしょうか。
そうなんです。これが『オクラ』の花なんです。
DSCN7301-1.jpg

アップしてみると、こんなにきれい!。
DSCN7309-1.jpg
白井農園さんで聞いた話だと、この『オクラ』の花も食べられるらしいので、挑戦してみました。
何でも白井さんはまだ食べていないとか。それじゃ私は『実験台?』。でも、いつもいろいろとおいしい農作物を分けていただいているので、あえてモルモットになって見ましょう。

DSCN7339-1.jpg
そしてこちらがその『オクラの花』の天婦羅です。
何しろ初めてなので、一番オーソドックスな料理にしてみました。

食べてみた感じは・・・
『おいし〜〜いexclamation×2』。
花なのに、あの『粘り』がもうあるんですよ。そしてやわらかいし。なんだかうれしくなっちゃいます。

その後、3日ほどたち、体の異常は何一つありませんでした。
と言うことは、『オクラの花』って、食べられるし、おいしいじゃん手(グー)
posted by 料理長 at 10:16| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2006年10月22日

冬野菜の朝食

今日の朝食は、冬の到来を告げる野菜たちが大活躍しました。
DSCN7352-1.jpg

まずこれは、冬瓜とカブのスープ。カブは、葉っぱと根っこを両方、しかも丸ごと入れました。まだだいぶ小さいカブは、とてもおいしくなりましたよ。

DSCN7349-1.jpg
そしてこちらは『かぼちゃとラディッシュとオクラのサラダ』。
かぼちゃはそろそろおしまいの季節になりますね。これからはサトイモなんかが出てくると思います。
posted by 料理長 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2006年10月21日

小麦粉不使用『アップルパイ』

今日は小麦粉が苦手なお客様が来られるので、こんなマクロビオティック・スイーツを作ってみました。
DSCN7347-1.jpg

やはりりんごの季節には『アップルパイ』ですよね。
そこで、今日は小麦粉を使わず、しかも卵やバター、乳製品も使わずに作ってみたんです。
皮が煎餅のようにカリカリしています。それもそのはず、『寒ざらし粉』と『片栗粉』を使ったからなんです。アップルパイと言うよりは、「アップルの煎餅包み」と言う感じです。

材料はと言うと、アップルパイ1個に付き、
『寒ざらし粉』15g、
『片栗粉』5g、
『オリーブ油』7cc、
『自然塩』ほんの少し
とこんな具合です。
よく練って、型に伸ばし、180度で15分焼きました。

これ、結構いけますね。おいしいですよ。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 14:48| Comment(6) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2006年10月20日

紅葉最盛期

紅葉が最盛期を迎えました。写真はタンボロッジの裏の林です。
あと一週間は楽しめそうです。
そして、11月3日の頃は、唐松が黄金色に輝くことでしょう。
楽しみだな〜手(グー)
DSCN4084-1.jpg
posted by 料理長 at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2006年10月19日

『紅玉』真っ盛りです

昨日、会津若松の白井農園さんで、『低農薬の紅玉』リンゴを分けていただきました。
いま『紅玉』が真っ盛りです。
DSCN7314-1.jpg

さて、例によってその紅玉を、今日加工しました。
DSCN7330-1.jpg
まずは、皮を剥き、種をとり、小さく切って鍋に入れます。この作業が一番『地道』だな〜。少しづつ根気よくしましょう。
そして、その鍋に昨日作っておいた『手作り水飴』を入れ、煮始めます。
コトコトと弱火で。強火だと、吹きこぼれてしまいますから。

DSCN7335-1.jpg
さて、例によって『脱気殺菌』をします。そして出来上がり。
リンゴは脱気殺菌のときに、蓋をゆるくしておくと、中身が膨張してこぼれてしまい、かなり無駄になってしまいます。そこで、熱々の中身をビンに入れ、すぐに「ぎゅっと」蓋をして、なべで煮るんです。
これで1年以上は持つので、『紅玉』に困ることはありません。ほ手(チョキ)

DSCN4846-1.jpg
さて、その『紅玉』を使った『マクロビオティック・スイーツ』。
これ、『アップルパイ』です。おいしそ〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 18:17| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳