2006年11月10日

干し柿作り

タンボロッジの冬の風物詩、『干し柿作り』が始まりました。
DSCN7485-1.jpg

干し柿作りを担当するのは『支配人』です。
まずはせっせと皮むきから。なかなか地道ですね、この作業。

DSCN7489-1.jpg
さて、少したまったところで軒先に干していきます。
この干し柿、会津見不知柿を使っています。
この干し柿、年末頃には程よくしなびて、おいしく甘くなっているんですよ。
自然の力って、たいしたものですね。
年末が楽しみです。

あっ、その前にもう少したくさん干しておきましょうね、支配人さん。さあさあがんばってくださいね。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 15:20| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品