2006年11月24日

ふゆみずたんぼ

仙台、石巻旅行の2日目です。
この日の夜は、以前このブログで紹介した、無農薬無施肥でササニシキを作っている『遠藤さん』と、きりたんぽ鍋を囲みながら、情報交換をしました。

DSCN7615-1.jpg
あっexclamationこらこら支配人、がっついてはいけませんよ。(左手前の人)おいしいものには目がないんだって。


DSCN7621-1.jpg
さて翌日、遠藤さんの家を訪ねました。
上の写真は米作りについて語る遠藤さんです。お子さんが、お父さんそっくり。かわいいですね。

DSCN7624-1.jpg
田んぼを見学しました。
もうじき水を張るそうです。
写真右の池は、水がないと生きていけない生物(かえる等)が越冬するための『池』だそうです。こんな発想、自然を大事にしている遠藤さんらしいですね。

009-1.jpg
遠藤さんの『ふゆみずたんぼ』です。遠藤さんのブログから写真を拝借しました。
冬に田圃に水を張る「ふゆみずたんぼ」は、『会津農書』と言う古文書に出ているそうです。昔から米作りの知恵がこうして引き継がれていくとうれしいですね。
posted by 料理長 at 12:15| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳