2006年11月25日

バニラエッセンス

『バニラエッセンス』と聞くと、なんだか『食品添加物』の響きがあるような気がします。でも、『添加物』のバニラエッセンスではない、『本物のバニラエッセンス』を作ってみました。
DSCN7638-1.jpg
こちらは言わずと知れた『バニラ』のさやですね。これを使います。

今回手に入れたバニラのさやは、『パプアニューギニア海産』が扱っています。パプアニューギニアの自然の中で自然栽培された(そこいら辺に自生しているらしい)農薬なんか使わない『バニラのさや』なんです。

今回は2種類作りました。
一つは『オリーブオイル抽出』
もう一つは『アルコール抽出』。

DSCN7644-1.jpg
写真左のが、『アルコール抽出』のもので、右のが『オリーブオイル抽出』のものです。
ちょっと写真が見にくくてすいません。

作り方はいたって簡単exclamation
バニラのさやをはさみで短く切って、それぞれの液体の入ったビンに入れるだけ。3ヶ月もすれば、いい香りの『バニラフレーバー』が楽しめます。

では、なぜ2種類かと言うと、使い分けているからなんです。
お菓子を焼くときに、『アルコール抽出』のを使うと、バニラの香りがアルコールと共に蒸発してしまい、香りがあまり残ってくれません。だから、加熱しても香りが飛びにくい『オイル抽出』のを使うんです。

『アルコール抽出』のものは、加熱しないお菓子に使います。
おいしいアルコールに漬けると、これはとっても贅沢な香りを楽しむことが出来るんですよ。

ちなみに今回使った素材は、『オリーブオイル』は『オルチョサンニータ』、アルコールは40度の麦焼酎『黄金の日々』を使ってみました。
かなり贅沢かも・・・。
3ヵ月後が楽しみです。猫
posted by 料理長 at 13:55| Comment(4) | TrackBack(1) | マクロ料理レシピ集