2006年12月11日

国産無農薬紅茶(1)

タンボロッジで使っている珍しい『国産紅茶』、しかもオーガニックで作っている『宮崎製茶』を訪ねました。

『宮崎製茶』さんは、国産紅茶をはじめ、色々なお茶をオーガニックで生産するお茶専門の農園です。

DSCN7850-1.jpg
こちらの社長の『宮崎さん』に案内をしていただきました。
宮崎県にあるから『宮崎製茶』と言う名前だとばかり思っていたら、実は苗字が『宮崎さん』だったんですね。ぽりぽりモバQ


DSCN7858-1.jpg
こちらが『お茶の花』です。実は私、お茶の花を見るのは初めてでした。お茶は『椿』の仲間なんですね。まるで花は椿そのものといった感じです。

こちらのお茶の木は、樹齢80年もあるんですよ。種から先代のそのまた先代が丹精込めて育てたんだそうです。びっくりがく〜(落胆した顔)ですね。
品種も色々なものが植わっているそうです。だから病気にも強く、オーガニックで育てることが可能なんだそうです。
DSCN7862-1.jpg
さて、お茶畑の前で記念撮影です。
この続きは(2)をどうぞ。


posted by 料理長 at 17:32| Comment(3) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2006年12月10日

こうじの児玉(2)

さて、麹作りの続きです。
DSCN7657-1.jpg
こちらは麹ムロです。

ここで温度と湿度を調整して、麹を発育させるんです。この麹ムロ、壁が木の板でできているんですが、この板に麹菌が住み着いていて、よりよい麹が熟成できるそうなんです。
何でも3年前に移転したときに、この麹ムロも新しくしたんですが、しばらくは麹がうまく出来ずに苦労なさったそうですよ。前の麹ムロの板をはがしてきて、ここに使えばよかったんだそうですが、気がついたときにはもう古いムロは解体した後だったそうです。
自然の力ってすごいですよね。

DSCN7661-1.jpg
麹に塩を混ぜ、ゆでた大豆と共に、ミルでつぶしていきます。

DSCN7669-1.jpg
ここが熟成室です。たくさんの味噌が並んでいます。

こちらの『こうじの児玉』さんでは、毎週200kgの味噌を作っているそうです。しかもすべて手作業ですから、かなりきつい仕事ですね。でも、この『手作り』がおいしい味噌を作る秘訣なんでしょうね。

DSCN7687-1.jpg
こうじの児玉のスタッフたちです。今日は一人お休みなので3人しか写っていませんが、たった4人で作っているんですね。驚きました。
ここの『麦麹』の麦は、九州産の押し麦を使っています。
麦味噌のほかにも「米味噌」と、米と麦の「合わせ味噌」も作っています。
麹だけでも分けていただけるんですよ。
そして麹から作る『甘酒』も人気の商品だそうです。
こちらで大豆、塩、麹の用の麦や米を持ち込めば、委託で作ることもしてくれます。
もし、麦麹などが欲しい方は、連絡をしてみてくださいね。

『こうじの児玉』
電話 0982−54−5013
郵便局 883−0031
宮崎県日向市比良町2丁目96番地
posted by 料理長 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

こうじの児玉(1)

この日は、タンボロッジで活躍している『幻の黒豆麦味噌』の『麦麹』を作っている『こうじの児玉』さんにお邪魔して、麹作りの様子を見学しました。
DSCN7689-1.jpg
シンプルな店構えですね。このお店は3年前にこの場所に移転したそうです。だから新しい感じなんですね。
さて、麹作りを見学しましょう。

DSCN7667-1.jpg
昔懐かしい「かまど」。これを使って麦、または米を蒸しています。やはり薪の出す遠赤外線の効果で程よく蒸しあがるんですね。

DSCN7677-1.jpg
さて、蒸しあがりました。お釜を麹を冷ます台の上に、一気にひっくり返し、広げていきます。熱そうですね。注意しなければいけない作業です。

DSCN7654-1.jpg
そしてさめてきたら、よくかき回して麹菌をつけていきます。本当に手作業なんですね。実にシンプルです。
この続きはこうじの児玉(2)を見てね。
posted by 料理長 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2006年12月09日

ふ海苔採り(2)

波打ち際にわずかに生えるふ海苔です。
DSCN7755-1.jpg
波が来て、かなり海水をかぶりながらの収穫になりました。

DSCN7758-1.jpg
青海苔も生えていました。
こちらも少し収穫しましょうね。

DSCN7760-1.jpg
こんな感じです。青海苔とふ海苔、おいしそうですね。


実は後からわかったんですが、この日のこの時間はなんと、満潮だったんです。だからあまりふ海苔が顔をだしていなかったんですね。がっくりもうやだ〜(悲しい顔)

それに、支配人のお父さんによれば、ふ海苔はまだ採るのには早いそうです。1月から2月の寒いときが一番良いそうな・・・。
その頃に収穫して送ってくれることになりました。わ〜〜いわーい(嬉しい顔)さすがはお父さん。頼りになりますね。
posted by 料理長 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

ふ海苔採り(1)

じゃ〜〜んexclamation
この日は支配人の実家から近い日向の海に、『ふ海苔』を取りに行きました。
DSCN7733-1.jpg
険しいがけの道を行く、支配人のお父さん。

DSCN7734-1.jpg
がけの道を降りていくと、目指す岩場が見えてきました。

DSCN7741-1.jpg
岩場の波打ち際をよく見ると、ありました!exclamation『ふ海苔』ちゃんexclamation×2

DSCN7754-1.jpg
アップで見ると、こんな感じです。このふ海苔を少し収穫しましょうね。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2006年12月08日

砂風呂

皆様、こんにちは。
今日、リフレッシュ休暇から帰って参りました。
明日からタンボロッジは通常に営業いたします。よろしくお願いいたします。

DSCN7782-1.jpg

と言うことで、しばらくはお休みしていた『ブログ』再開です。
そこで、九州の出来事を紹介したいと思います。
まずは何せ「休暇」ですから、まずは温泉へ。
最初に入った温泉は、『別府海浜砂湯』です。この砂湯、一度入ると病み付きになってしまいますよ。
目の前に海岸があり、潮風に吹かれながらの砂湯は、とてもいい気持ちです。

DSCN7785-1.jpg
そして砂湯の後は、支配人の実家の日向市で 手に入れた、無農薬みかんを浜辺で食べました。おいし〜〜exclamation×2

さて、今度は別府の『明礬温泉』へ。ここで、地面から吹き出る蒸気で蒸した『地獄蒸しプリン』を食べちゃいました。

DSCN7789-1.jpg
実は今回は、タンボロッジによく泊まってくださっているお客様2人と、私たち2人の4人で、3泊4日の九州小旅行をしたんです。その後、支配人の実家に私たち2人で、ごろごろとすごしました。
この続きはまた明日。
posted by 料理長 at 22:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩