2006年12月13日

満願寺そば(2)

さて、おそばが出てくるまで、こだわりのわさびと大根を摩り下ろして待ちます。
DSCN7820-1.jpg
ここのおそばのこだわりはすばらしく、周りの自然を感じさせてくれます。詳しくはここを見てね。

さて、すっかり食べてしまいました。
本当においしかったですよ。薪で炊いたご飯に、薪で沸かしたお湯でゆでたそば。蕎麦湯までおいしかったですよ。
そして、このお店の雰囲気がとてもよく、すご〜〜くくつろげました。ここが『宿』だったらいいのにな〜なんて思いました。

DSCN7832-1.jpg
お店の入り口付近にある『わさび畑』です。本当に近くにある素材を生かしているんですね。おそば屋さんだから、「そば」にあるものを使う〜〜な〜んちゃって(失礼しました)モバQ

DSCN7828-1.jpg
こちらの店主さん御夫妻の秋山さんです。
今日はおいしいおそばをありがとうございます。
posted by 料理長 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

満願寺そば(1)

九州の続きです。
山深くいい気分(温泉)温泉が湧く『満願寺』のさらにおくに、とても素敵な蕎麦屋さんがあるんです。店の名前は『満願寺そば』。
おいしいと聞き、さっそく行って見ました。
DSCN7809-1.jpg

本当にここでいいのかと思うほど、曲がりくねった山道を行くと、『満願寺そば』の看板がありました。ほっとしてお店に入ると、そこには薪ストーブが・・・。
暖かに燃えていて、本当にほっと安らげます。

DSCN7813-1.jpg
お店は古い農家を改造して作られています。裏庭はこんな感じで、とてもゆったりできるつくりになっていて、ここでも感激黒ハート

DSCN7815-1.jpg
こちらは今回私たちが頼んだおそばのメニューです。色々と付いていて、楽しみですう〜〜。

DSCN7818-1.jpg
さて、出てきました『志賀瀬川』
おいしそ〜〜〜
これにおそばが付くんですよ。
続きは(2)を見てね。
posted by 料理長 at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳