2006年12月19日

金柑ピール

たわわに実った『金柑』の木。
九州の支配人の実家の庭に生えています。
もちろん農薬などは使用していませんからね。
DSCN7903-1.jpg
では、食べごろの金柑の収穫といきましょう。

DSCN7900-1.jpg
この日はあいにくの雨でした。でも、明日、タンボロッジに帰る日ですので、この日を逃す訳にはいきません。
そこでわたくしは、完全装備で収穫に臨みました。

DSCN7926-1.jpg
さて、タンボロッジに帰ってきました。
そして、すぐに『金柑ピール』作りに励みます。
『金柑』は、皮が甘くておいしいんです。ですから、苦味を取る必要もなく、簡単に『ピール』が作れるんですよ。
まずは横半分に切って、楊枝で種を除きます。なかなか地道な仕事ですね,これが。猫

DSCN7933-1.jpg
横で『手作り水飴』を煮詰めながら、金柑を細かく切っていきます。

DSCN7943-1.jpg
そして出来上がりました。わーい(嬉しい顔)
瓶詰めにもしました。金柑なので、金色のキャップを使い、これが本当の『金柑・金冠』な〜んちゃって。失礼しましたモバQ
外は雪が降っていました。でも、これを使うと、色々なスイーツが華やぎます。うれし〜〜exclamation×2
posted by 料理長 at 17:38| Comment(3) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品