2007年01月16日

たかきびパン

14日の朝食のパンは高きび粉を入れた『高きびパン』でした。
DSCN8230-1.jpg
『高きび』は、たんぱく質とミネラルが豊富な雑穀で、色や感じが牛肉を連想することから、タンボロッジでは、『畑のビーフ』なんて呼んでいます。
『コーリャン』とも言いますが、最近は『高きび』と呼ぶのが主流ですね。
この高きびパン、奥深い風味があってとても豊かな感じがしました。
posted by 料理長 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理