2007年03月30日

限定袋吊り雫酒生

郡山の酒造メーカー『仁井田本家』さんから、「限定袋吊り雫酒生」が今日届きました。
DSCN8876-1.jpg

このお酒は、無農薬有機栽培で育てた『自然米』100%を磨いた純米大吟醸酒を、通常の搾り方ではなく、袋に吊り下げて、自然落下したものだけを、しかも生で味わえる、本当に贅沢な季節限定のお酒です。

今回届いたお酒は、しばらく前に、この『仁井田本家』さんに私たちが見学に行った時、3月下旬に発売になると聞いて、その場で申し込みをしたものなんです。

さて、さっそく今日の晩に飲んでみました。
おいしかったあ〜〜手(グー)
やや辛口気味ですが。雑味がなく、さわやかな香りに包まれました。醸造酒の割には、かなりアルコールが純粋な、混じりけがない感じがします。本当、早春にはもってこいのおいしいお酒でした。わーい(嬉しい顔)

そして、写真左の『甘酒』は、この「限定袋吊り雫酒生」の酒粕を使って作ったものだそうです。こちらもほんのりとした甘さで、おいしかったですよ。
posted by 料理長 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2007年03月29日

春の恵み

タンボロッジの周りでは、やっと雪解けが始まりました。

雪解けと共に、まず最初に顔を出すのがこの『フキノトウ』です。

さっそくこの『春の恵み』を収穫しましょうね。

DSCN8870-1.jpg
そして、まずは『フキノトウの天婦羅』にしました。
ほろ苦くて美味しいわーい(嬉しい顔)
このほろ苦さが、根菜ばかり食べていた冬の「あく」(毒)を排出してくれるそうです。やはり自然はいいですねえ。揺れるハート
posted by 料理長 at 19:47| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2007年03月27日

天然ふ海苔

九州の支配人の実家から、『天然のふ海苔』が届きました。
DSCN8849-1.jpg
こんなにたくさんexclamation×2
うれし〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

こんなにたくさんのふ海苔を採りに行くのは、大変だったみたいです。
どういう風に採るのかは、『ふ海苔採り(1)』『ふ海苔採り(2)』を見てくださいね。
やっぱり、親というのは本当にありがたいですね。もうやだ〜(悲しい顔)
支配人のお父さん、ありがとうございます。もうやだ〜(悲しい顔)(涙)
posted by 料理長 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2007年03月24日

料理教室(2)

料理教室その2です。
まず、『甘酒ラテ』の試飲です。
slow20074-1.jpg
皆さん、いっせいに飲みましょうね。

『ラテ』と言うのは、イタリア語で『ミルク』のことですね。
「甘酒ラテ」・・・要するに、甘酒の豆乳割ということです。簡単ですね。でも、甘酒って、意外と豆乳にあうんですよ。

さて、洋ナシのタルトを作ります。
タルト生地を作り、それを型に伸ばし、そこに洋ナシと甘酒を混ぜた中身を入れ、オーブンで焼きます。
まずは中身を混ぜ混ぜしましょう。

DSCN8829-1.jpg
生地を伸ばしたタルト型に、中身を流し入れます。

さっ、焼きあがりました。
DSCN8841-1.jpg
おいしそうですね。

気になるレシピを公開しますexclamation

レストラン甘酒と洋ナシのタルト(21cmのタルト型分です)


材料
(タルトの生地)
全粒中力粉・・140g(振るっておきます)
オリーブ油・・50cc
水・・50ccくらい
自然塩・・少々

(中身の分)
甘酒(米麹100パーセントで作った)・・100cc
おいしい調整豆乳・・100cc
寒天パウダー・・2g
薄力粉・・大さじ2
オリーブ油・・大さじ2
自然塩・・2つまみくらい
洋ナシ・・2〜3個
白ワイン・・大さじ2

作り方
(*)タルトの生地を作る。
タルトの生地材料をすべてボールに入れ、よ〜〜くこね、耳たぶくらいの柔らかさになったらラップに取り、冷蔵庫でしばらく寝かせておく。

(*)中身を作る
(1)・・洋ナシは、皮を剥き、小さめに切って白ワインで煮ておく。(シロップ漬けの缶詰を使ってもOK。今日は自作の瓶詰めを使います。)
(2)・・21cmのタルト型に、冷蔵庫で寝かせていた生地を伸ばしておく。
(3)・・洋ナシ以外の材料をミキサーで混ぜ、ボールに入れ、洋ナシと混ぜて(2)の中に入れ、平らにする。
(4)・・180℃に暖めたオーブンで、約30分〜40分焼く。
(5)・・よく冷まし、型からはずします。

*寒天で固めるため、必ず冷やしてからはずすこと。
寒天を使うことにより、小麦粉の使用量が減るので、カロリーを抑えることが出来ます。だから・・ヘルシーexclamation×2
posted by 料理長 at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2007年03月23日

料理教室(1)

今日は『会津スローフードの会』の料理教室に、講師として呼ばれました。会津若松まで出かけて、楽しく教室をしてまいりました。
DSCN8821-1.jpg

今日のテーマは、『本格甘酒の造り方&甘酒スイーツ』です。
まずは、なぜ甘くもない『米麹』から、甘〜〜い『甘酒』が出来るのかの講釈です。
なんだか『科学』の時間みたいになってしまいました。
そういえば、私は高校生のとき、『科学』がめちゃ苦手でしたっけ。でも、こんな風に教えることになるとは・・・・がく〜(落胆した顔)

slow20031-1.jpg
さて、『甘酒』を使った、『ペルー風プリン』を作ります。
まずは、自作の『水飴』から、『カラメルシロップ』を作ります。この作り方は、砂糖を使ったカラメルの作り方とほとんど同じです。水飴を煮詰めて、弱火にし、少し焦げるくらいまでしたところで、少しの水を入れて、はい、カラメルシロップの出来上がりです。

DSCN8832-1.jpg
あっexclamation×2 もうカラメルシロップの味見ですか・・・
もう少しでちゃんとしたのが出来ますってば・・・

DSCN8835-1.jpg
はい、蒸しあがりました。熱々のときは、かなり膨らんでいますね。

slow20088-1.jpg
こんな感じです。
料理教室なので、時間制限があるので、冷やさないで型からはずしました。ですから、やや崩れてしまいましたが、よく冷やすともっとちゃんと取れるんですよ。

DSCN8838-1.jpg
さて、食べる前に『撮影』ですね。

この後は、『洋ナシのタルト』を作りました。
その報告はまた明日。お楽しみに。

ところで、気になるこの『ペルー風蒸しプリン』マクロビ・スイーツ版のレシピを公開しますね。

レストランペルー風プリン『フラン・デ・ココ』(Flan de Coco)』

ペルーでは、もちろん卵と牛乳(生クリーム)を使って作りますが、今日はそれらを使わずに、マクロビオティック仕様で作りましょう。かなりヘルシーなプリンになりますよ。

*プリンですので、カラメルソースを使います。このカラメルソースも今日は『手作り水飴』で作りましょう。
なお、甜菜糖からも作れますよ。

材料(8人分)
(カラメルソース分)
手作り水飴(又は甜菜糖)
水少々

(プリン材料)
甘酒・・250g(米麹100パーセントで作ったもの)
おいしい調整豆乳・・150cc
ココナッツファイン・・70g
葛粉・・30g
自然塩・・2つまみくらい
洋酒・・少々
カラメルソース・・型に入れる分量

作り方
(1)・・カラメルソースを作る。
小さな鍋に水飴(甜菜糖)と、水少々を入れ、よくかき回しながら弱火で煮る。焦げ始めたら、水を少し入れ、さらによく混ぜて出来上がり。

(2)・・プリンの型に(1)のカラメルソースを入れる。
(3)・・カラメルソース以外のすべての材料を、ミキサーに入れ、かき回す。
(4)・・(2)のプリンの型に(3)を流しいれ、「せいろ」(蒸し器)を使って強火で約15分蒸す。
(5)・・さめたら型からはずします。
posted by 料理長 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2007年03月20日

水汲み&温泉

昨日は私たちの休日でした。そこで、まずおいしいお水を汲みに行きました。
DSCN8809-1.jpg
タンボロッジの水も十分においしいのですが、『簡易水道』なので、塩素が入っています。なので、近くの湯ノ花温泉に入りに行く時は、たいてい『水引の清水』も汲みに行っています。

水を汲んで、冷えた体をほぐすには、やはりいい気分(温泉)『温泉』いい気分(温泉)ですね。
DSCN8813-1.jpg
入り口の料金箱に¥200を入れて入ります。

DSCN8814-1.jpg
さすがに冬ですね。外は寒いので、温泉の中も、こんなに湯気が立ち込めていました。
でも、ここで心も体もリラックスわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
あ〜〜天国天国猫
posted by 料理長 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年03月18日

雪だるま

何やっているの・・・exclamation&question怪しいお二人さん。
何々、雪を作っているんだって。
DSCN8795-1.jpg
でも、頭の部分を大きく作りすぎたみたい。重くて持ち上がりませんね。しょうがないなあ。では手伝いましょうか。

DSCN8798-1.jpg
やれやれ、乗っかりました。なんだか子供のほうが、知らん顔。大人が熱心ですね。

DSCN8799-1.jpg
完成しました。
まだまだ雪がたくさんあるタンボロッジからのライブでした。
posted by 料理長 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年03月16日

ペルー風蒸しプリン

ペルー風蒸しプリン『フラン・デ・ココ』をマクロビ・スイーツで作ってみました。
DSCN8739-1.jpg

本物は、卵、コンデンスミルク、ココナッツをたっぷり使います。
でも、マクロビ・スイーツだから、ココナッツ以外は使いません。

甘さのベースは『甘酒』です。そして、『葛粉』を卵の変わりに使い、 しっとりと蒸しあげました。
posted by 料理長 at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2007年03月14日

「うかたま」

最近、この『うかたま』と言う『農文協』から出ている雑誌が気に入っています。

別にベジタリアンとか、マクロビオティックの雑誌ではありませんが、昔ながらの食べ物の『知恵』がいっぱい詰まっています。
時々私もレシピを参考にしています。

DSCN8790-1.jpg
こちらは昨年の暮れに出た雑穀特集のレシピを参考にして作った『雑穀コロッケ』です。
オイルを使わず、オーブンで焼くんですね。ですから、これだけで『主食』になりそうです。
クリーミーでおいしかったですよ。
詳しくは「こちら」を参考にしてくださいね。
posted by 料理長 at 15:50| Comment(3) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2007年03月13日

雪は降る

今日も雪雪
相変わらず降っています。
DSCN8789-1.jpg

昨日からの積雪は、60cmを超えました。

そろそろいつもの年並みの積雪量に戻った感じです。
さすがに『エル・ニーニョ』現象が終息したと言うことが、実感されますね。
それにしても、そろそろ雪さん、やんでちょうだいな。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳