2007年04月27日

薪割り

一昨日、昨日と天気が悪く、風邪を引いて寝込んでいたのと重なって、薪割が出来ませんでした。
今日は立ち直って、薪割り開始です。さあ、やるぞお〜どんっ(衝撃)
DSCN9116-1.jpg

ではまず支配人からどうぞ。
うひゃ〜〜exclamation&questionすご〜〜いへっぴり腰。それでは薪が割れませんよ。
では、わたくしが見本を見せてあげましょう。
DSCN9118-1.jpg
あれれれexclamation&questionなんか感じが違うぞ。
そうなんです。これこそがタンボロッジの薪割り「救世主」。薪割り機くんの登場です。
座ったまままきが割れるので、めちゃくちゃ楽ちんです。わーい(嬉しい顔)
この機械がなければ、相当大変なんですよ。だって、3年前までは、最初の写真のように、「斧」で割っていたんですから。
斧を見ると、大変だったときのことを思い出すなあ〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年04月24日

薪作り

やっとタンボロッジの裏の唐松が薪になる時がやってきました。
DSCN9111-1.jpg
薪の長さに玉切りし、積んでみたらこんなにたくさんexclamation&question
これを薪割するのかと思うとちっ(怒った顔)こんな感じ、がく〜(落胆した顔)それともこれかなあ、もうやだ〜(悲しい顔)これもいいかな。と言う所で、さてこれから薪割り、がんばります。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 09:37| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年04月19日

自然食品店「サンスマイル」

今週の初めに東京に行ったついでに、埼玉県のふじみ野にある自然食品店「サンスマイル」さんに寄って見ました。
DSCN9068-1.jpg
この自然食品店「サンスマイル」さんにはタンボロッジはものすご〜〜くexclamationお世話になっています。
では、さっそくお店に入りましょうね。

このサンスマイルでは、北海道の無農薬、無施肥の自然栽培で有名な「秋場さん」の「銀手亡豆」や「大豆」など、様々なものを扱っているんです。
このお店のおかげで、タンボロッジの食材が豊かになっているんですね。
今回は実は初めてこのお店を訪ねてみたんです。かなり広いスペースに、色々なものがおいてありました。
すべて、手に入れてみたいものばかりです。松浦さんのこだわりが伝わってきます。
DSCN9071-1.jpg
お店のスタッフとタンボロッジの支配人です。
支配人のほかに3人いますが、男の方がこのお店の経営者で超自然食オタクひらめきの「松浦さん」です。そしてほかの女性の方は、松浦さんの兄弟です。つまり、家族経営なんですね。
サンスマイルのホームページはこちらを見てくださいね
posted by 料理長 at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年04月14日

唐松の後始末

ひとまず伐採を終え、今日からは後始末です。
DSCN9021-1.jpg
こんな感じです。なんだか「北の国から」の雰囲気になっていますね。まるで「開拓」している感じです。
なぜ急いで倒したかと言うと、「新月」に向かっているときに倒した木は、狂いが少なく、まき割りも楽だからなんです。そうでなくても、唐松は狂いやすい(ねじれる)木なので、こうして日にちを選んで切り倒さなければいけません。
でも、今日は早く切り上げて、お休みしようと思います。
あ〜〜筋肉痛に肩こり・・・もうやだ〜(悲しい顔)
温泉に行きたいなあ。いい気分(温泉)
posted by 料理長 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年04月13日

唐松の伐採&温泉

今日も、昨日に続いて「唐松の伐採」をしました。
DSCN9016-1.jpg
調子にのって、こんなにたくさん倒しました。

DSCN9024-1.jpg
さすがにこのところの重労働で、相当疲れました。バッド(下向き矢印)
そこで、今日はよく行っている「湯ノ花温泉弘法の湯」へ、夕方から出かけました。

DSCN9026-1.jpg
温泉にはだれも入っていませんでした。あ〜〜極楽極楽グッド(上向き矢印)
今日も早く寝〜よお眠い(睡眠)
相当筋肉痛が来ているからね。眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 20:11| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年04月12日

唐松の伐採

先日から、タンボロッジの敷地の「唐松」を伐採し始めました。
唐松があると、日当たりが悪く、広葉樹が育たないし、それにぼちぼち「畑」も少しやろうかなあ〜モバQなんて考えているからです。
DSCN9006-1.jpg
さて、チェーンソーで切り倒しますよ。
まず切込みを入れます。

DSCN9011-1.jpg
何しろ、近くに建物があるので、あらぬ方向に倒れないように、ロープで引っ張ることにしました。えいexclamationやあ〜exclamation×2それ引っ張れ〜〜どんっ(衝撃)

DSCN9012-1.jpg
じゃ〜〜ん、見事に倒れました。
この切り倒した唐松は、もちろん来冬の薪になります。
ぼちぼち薪も作りましょうか。

あ〜〜今日は重労働だったなあ〜ふらふら
つかれたべ。早く寝ることにし〜よおっと。眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年04月10日

米粉のショートケーキ

今日は、昨日作った「米粉のプレーンパン」をベースに、米粉のショートケーキを作りました。
DSCN9004-1.jpg

まず、米粉のプレーンパンをサイコロ状に切ります。そこに、水飴を少しの水で薄め、洋酒とバニラエクストラクトを入れたシロップを塗り、甘さを付け、しっとりさせました。
それを横長に並べ、「豆腐の生クリーム」を塗り、苺でデコレーションしてみました。
一般的な、2層になったショートケーキとは違う感じですが、なかなかいい感じに出来ました。手(グー)
米粉のパンって、こんな感じにも使えますね。これから愛用しようと思います。
posted by 料理長 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2007年04月09日

再び米粉パン

先日、ノンオイルの米粉ショートケーキのスポンジが、「もち」のようになってしまったとお伝えしましたが、今日はその汚名を返上するべく、初心に帰って「プレーンな米粉パン」を作りました。
DSCN8968-1.jpg
先日GETしたルクエ「シリコン製パウンドケーキ型」をさっそく使用しました。

DSCN8978-1.jpg
やはりうまくいきました。ほんのちょっとのオイル(小さじ1)を加えただけなのに、この「ふっくら、しっとり」感はたまりません。
シリコンのパウンド型もなかなかの使いよさです。手(グー)
今日はこの「米粉パン」をベースに、マクロビ・スイーツの「苺のショートケーキ」に挑戦してみます。
posted by 料理長 at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2007年04月07日

苺大福

春の香り、季節の食べ物として、すっかり定着した感がある和菓子に、『苺大福』がありますね。
今日はそれを作って食べました。
DSCN8939-1.jpg

どうも普通に売っている苺大福を食べると、最近なんだか少し苺が苦いと感じていました。農薬の味なのか、それとも化学肥料のせいなのか・・・
苺は農薬がすごいと聞きます。イチゴ狩りなどに行って、「洗ってもいない苺をその場でコンデンスミルクに付けて食べる」なんていうのは、自殺行為としか思えないこのごろです。

でも、自分で作った『苺大福』は、素材が選べますよね。ですから、今回は選び抜いて作りました。
だから・・・苺が苦くなく、とてもおいしいですよ。
posted by 料理長 at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2007年04月05日

記念日

数日前のことですが、私たちに結婚記念日だったので、このブログにも時々出てくる那須の『穀物茶房・こと葉』に食事に行きました。
DSCN8909-1.jpg
ご馳走を前に、にっこりわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

DSCN8914-1.jpg
この日は特別に無理を言ってお願いして、こと葉のスイーツを3種類も食べてしまいました。
大皿にこんな風に盛られていると、すご〜〜くおいしそうexclamation×2
よだれが「だら〜〜〜」と出てきてしまいそう。
おいしくいただきました。ぴかぴか(新しい)
こと葉の森さん、特別に対応してくださって、ありがとうございます。うれしいな〜〜もうやだ〜(悲しい顔)