2007年05月31日

たむら農園

昨日はこのブログのサーバーメンテナンスのため、1日記事投稿や閲覧が出来ませんでしたので、1日遅れで記事を出していきたいと思います。

5月29日に、群馬県太田市にある「たむら農園」さんを訪ねました。
ここはすべての作物が「無農薬無肥料」の自然栽培で作られています。すごいexclamation×2
DSCN9559-1.jpg
田村さんたちとタンボロッジの支配人です。

DSCN9562-1.jpg
ここは野菜畑。
まだ自然農法に変えてから、2年半くらいだそうで、試行錯誤しながらの作付けだそうです。
ですから、失敗したり、うまくいったり、苦労をなさっている感じです。

DSCN9578-1.jpg
こちらはこの農園の主要作物の「小麦」です。
作っているのは「地粉」。つまり中力くらいのものなんですね。

DSCN9572-1.jpg
小麦も、土のいいところは良く育ち、まだ「肥毒」が残っている所はあまり出来が良くないそうです。
「肥毒」とは、自然栽培(無肥料)なので、肥料は入れません。でも、今までさんざん肥料を入れ続けた畑は、その影響が残ってしまうんですね。化学肥料の毒はいうに及ばず、有機肥料でも、「窒素」過多になっているそうです。窒素は、作物を早く大きく育てるのには貢献しますが、過多になると、食べた人の体に入り込み、それが「亜硝酸」に変化します。「亜硝酸」は猛毒と言われています。
本来雑草を含め、植物はそれほど「肥料」を必要とはしていませんが、少ない面積でたくさん取ろうとすると、やはりたくさんの「肥やし」を入れてしまうことになるんですね。
でも、「自然栽培」にはそれは必要ないことなので、その「肥料の影響」(肥毒)がなくなるまでは、じっと辛抱しなければいけないそうです。
それにはだいぶ時間がかかるそうで、このような自然栽培をしている方たちには「尊敬」してしまいます。
だって、自然栽培の作物はとてもおいしいんだもの・・・そして体にも優しいんですよ。何しろ生命力が違います。
posted by 料理長 at 17:14| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年05月28日

水飴・甘酒ワークショップ

おかげさまで、イベント無事「水飴・甘酒ワークショップ」を終了することが出来ました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

前日に仕込んでおいた「水飴」。甘くもない「麦芽」と「ご飯」が朝になると甘くなっています。さて、その水飴を絞りましょう。それを煮詰めると出来上がりです。

P5270114-1.jpg
こちらはそれと平行して作った麹100%の「甘酒」。
豆乳とオリーブ油とバニラを入れて、ミキサーで混ぜ、「甘酒シェイク」の出来上がり。さあ、みんなで「試飲」です。

P5260109-1.jpg
こちらは「甘酒」から「キャラメルクリーム」を作っているところです。
甘酒がキャラメルに「変身exclamation&question」驚きの一瞬です。

お米などの澱粉は「糖質」と呼ばれています。
でも、「いつもは塩味で食べていますよね。どうして「糖質」と呼ばれているかがピンと来なかったけれど、今回でそれがわかりました。」
と言う参加者がおられました。
わかってもらえて、すごくうれしいです。

参加の皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 22:06| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2007年05月26日

ラショウモンカズラ

タンボロッジの裏の林道で、こんな花を見つけました。
「ラショウモンカズラ」と言うそうです。
DSCN9495-1.jpg
なんだかユニークな花ですね。

林の中の散歩は、本当に気持ちが和みます。
posted by 料理長 at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年05月25日

ウワミズザクラの焼酎漬け

さっそく「ウワミズザクラ」を焼酎に漬けました。
P5250095-1.jpg
35度の玄米焼酎に漬けました。砂糖は入れていません。
1週間ほどしたら、「ウワミズザクラ」の花を引き上げ、後は半年ほど熟成させて出来上がります。手軽でいいな〜わーい(嬉しい顔)
甘くさわやかな香りのフレーバーになるんです。どんなスイーツに使おうかなムード
今から楽しみです。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2007年05月24日

ウワミズザクラ

タンボロッジの周りでは、今年最後の「桜」の「ウワミズザクラ」が咲き始めました。
P5240079-1.jpg
こんな感じです。
小さい桜の花がいっぱい並んで咲くんです。

このあたりでは「安仁子」(あんにんご)と呼んで、塩漬けにし、滋養強壮に用いるそうです。

でも、この花は香りがとてもいいので、タンボロッジではそれを楽しむために焼酎に漬けてお菓子作りに使います。
さて、これからたくさん採らなくては・・・exclamation&question
posted by 料理長 at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年05月23日

ワイルドストロベリー

このところの暖かさに誘われて、「ワイルドストロベリー」の花が咲きました。
P5230059-1.jpg

小さい花です。そして、当然実も小さいんです。

昨年もいっぱい実をつけてくれました。昨年のときはこんな感じです
7月のはじめには、ぼちぼち食べられるかな〜。揺れるハート
タンボロッジのマクロビ・スイーツに活躍してね。ワイルドストロベリーちゃんぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年05月21日

ヨモギ摘み

今日はど快晴晴れ晴れ
タンボロッジの裏の林にヨモギを摘みに出かけました。
DSCN9525-1.jpg
ありました。一面の「ヨモギ」

にっこりしながら摘む支配人です。

さて、このヨモギ、タンボロッジではいろいろと使います。
アンデスのハーブ「ワカタイ」(英語名ではブラックミントと呼ぶそうです。)に似ています。
「ワカタイ」は日本では、瓶詰めのペーストがわずかに少しペルーから輸入されているだけ、しかも添加物が使われているし、一般的には出回っていません。
ですから、野生のヨモギを採取して、その代わりに使おうと言う算段をしたんです。

さて、これから陰干しして、粉にして保存するつもりです。つまり、ヨモギ餅に使う「ヨモギ粉」を作るのと一緒ですね。
これを「豆乳」や「ピーナッツ」を入れたクリーミーなアンデス風ソースに入れると、アンデス精進料理が出来るんです。
ヨモギが乾くのが楽しみだなあ。キスマーク
posted by 料理長 at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年05月20日

ペルー風キャラメルクッキー

「ペルー風キャラメルクッキー」、現地では「アルファホーレス・コン・マンハールブランコ」と呼びます。
DSCN9465-1.jpg
現地のは、めちゃ甘exclamation×2どんっ(衝撃)失恋
そこで、タンボロッジでは砂糖を使わずに甘酒を使い、アンデス・マクロビ・スイーツで作ります。

クッキーは、本物はバターと砂糖と小麦粉だけで練った、さくさく、ぽろぽろのクッキーです。かなりしつこい味です。
その食感を残すため、グレープシードオイルを使い、小麦粉、水飴、ほんの少しの水で練り、焼きました。
水をたくさん入れると、硬いクッキーになります。だから、少しだけ入れます。

キャラメルクリームは、水飴で「カラメルソース」を作り、そこに少しの豆乳と、麹100%で作った甘酒を入れ、煮詰めます。
まるでキャラメルの味です。
甘くておいしいマクロビ・スイーツの出来上がり・・・わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 14:10| Comment(3) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2007年05月18日

ヤマウドの白和え

今年は手を変え品を変え「ヤマウド」を食べています。
今日は「ヤマウドの白和え」を作りました。
DSCN9448-1.jpg
みりんとゴマ油、豆腐と塩と言うシンプルな味付けです。
やはり「採ったばかりのヤマウド」は、えぐみも少なく、とてもおいしいんです。「エゴマ」でトッピングをしてみました。
posted by 料理長 at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2007年05月16日

こごみ

「こごみ」、またの名を「クサソテツ」。
癖のない山菜の代表格ですね。そんなこごみがタンボロッジにも芽生えました。
DSCN9394-1.JPG
まだこんなに小さいですが、とってもかわいいです。ぴかぴか(新しい)
食べるには、まだまだ増えないとだめですね。でも、小さいこごみを見ていると、本当に癒されます。
小さくとも、けなげなこごみ、毎年春に出てきておくれ。揺れるハート
posted by 料理長 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳