2007年07月11日

金沢研修旅行(5)

金沢研修旅行の最後に、金沢から10キロほど西にある、自称「日本一小さな専業農家」の「風来さん」を尋ねました。

ここでは、無農薬野菜のほかに、無添加漬物も作っているんですよ。しかも、その漬物に使う野菜は「自家製」なんです。
畑の面積もたった30アール(約1000坪くらい)です。
これで専業とはexclamation×2と、誰しもが驚く狭さです。

P7060518-1.jpg
ここでは「山羊」を飼っているんですね。
ここの山羊はすべて、自分の畑のあまり物や雑草をえさにしているんですって。
山羊の乳って、人間の母乳に一番近いそうなんです。だから、アレルギーに人でも飲めたりするそうですよ。すご〜〜いexclamation&question

P7060529-1.jpg
さて、畑を案内していただきました。
ここはハウスの中。色々な野菜がたくさんあります。

P7060542-1.jpg
あっexclamation&questionすぐにつまみぐい。失恋いけませんねえ、支配人さん。
「だって、このミニトマト、おいしそうなんだもん」モバQだって。

P7060546-1.jpg
風来さんの家の2階のベランダから見た畑全景です。
向こうに見えている田圃は違いますよ。手前の畑だけです。
どうですか、狭いでしょ。
良くこれで「専業」が成り立っていると、感心してしまいます。

でも、この畑が手近な環境があるから、自家製野菜をすぐに漬物に出来るんですね。
ここの無添加漬物、最高においしいですよ。
欲しい方は風来さんのホームページをご覧くださいね。

P7060535-1.jpg
オレガノがきれいに咲いていました。
オレガノの花って、乾燥させると、本当に香りが良く、ハーブとして使えるんですよ。
南米でも好まれるハーブの一つです。

このままのんびりしたいほど、くつろいでしまいましたが、これから南会津まで帰らなければいけません。
今は日が長いので、まだ4時くらいと思っていたら、もうなんと6時を過ぎてしまいました。
うっそ〜〜がく〜(落胆した顔)

この後、タンボロッジに着いたのは、夜中の12時を回ってしまいました。

あ〜〜疲れたけれど、実り多い研修旅行でした。

色々と紹介してくださったオリーブ油オルチョサンニータの「朝倉さん」、そして、色々なことを教えてくださり、食事の手配までしてくださった「山本先生」、本当にありがとうございます。
色々な出会いに感謝感激の研修旅行でした。揺れるハートわーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年07月10日

金沢研修旅行(4)

金沢研修旅行も2日目のお昼になりました。
この日は山本先生の提案で、ここにある材料でひとり一品何かマクロビオティック料理を作ろうということになっちゃっいました。

どっどうしよう・・・がく〜(落胆した顔)

P7060513-1.jpg
ということで、採れたてのおいしいトウモロコシがあったので、私はこれを作りました。
「ボリビア風トウモロコシの蒸し物(ウミタ)」。
料理の詳しい説明は、こちらのページの一番下を見てね。

P7060502-1.jpg
皆で作ると、実に楽しいです。
張り切りすぎたせいか、それぞれ一人3品くらい作ってしまいました。すご〜いexclamation&question
並べてみると、こんなに豪華絢爛ぴかぴか(新しい)

P7060511-1.jpg
さて、「いただきま〜〜す」猫
お味は・・・とてもおいしいですね。皆それぞれに力を出し切って作ったんだもの。

なお、このときの詳しいことは、前の日からご一緒させていただいた、神奈川でマクロビオティックの先生をなさっている「田中さん」のブログに詳しく出ています。
7月8日の「金沢研修旅行」と言う所をご覧くださいね。
posted by 料理長 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2007年07月09日

金沢研修旅行(3)

研修旅行の2日目です。
まずは朝から、少しミーハーをして、金沢市内の散策をしました。
とはいえ、少しは研修もかねてですが・・・。

P7060496-1.jpg
まず訪ねたのが、麦芽飴の老舗「俵屋」さんです。
やはり歴史のある町には、こうした飴屋さんが今も健在で、うれしくなります。

いつもは自分で水飴を手作りしていますが、たまにはプロ中のプロが作った水飴も食べておかなくっちゃね。ぴかぴか(新しい)

P7060492-1.jpg
こと葉の森さんは、みやげ物を買うのに夢中です。
俵屋の水飴、はじから買っていましたよ。すご〜〜いexclamation&question

さすがにこの俵屋さんの水飴、透き通っていて、なめらかで、混ざり気のない甘さでした。
タンボロッジのはこれに比べると、雑味が多いな〜モバQ
でも、それはそれ、その雑味のおいしさが「昔懐かしい」味になっている感じがしますけれど・・・揺れるハート

P7060497-1.jpg
こんな城下町っぽい所も散策しました。
posted by 料理長 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2007年07月08日

金沢研修旅行(2)

7月5日の夕食は、金沢市の郊外にある自然食レストラン「かふぇ あ・い」さんでいただくことになりました。
P7050479-1.jpg
皆様、もういただいていますね。
とてもおいしいですよ。
お昼の「市中さん」はフレンチでしたが、こちらは「和食系」です。メリハリがあって、楽しいな〜〜わーい(嬉しい顔)

P7050484-1.jpg
なんと、前菜が4品出た後のメインディッシュがこれです。
挽きコーフーのフライ。
これに玄米ご飯がついてきます。

コーフーも、こんな感じで使うと、とてもおいしいです。ひき肉なんかより、臭みもなく、うまく下味がつけられていて、それがとても上手ぴかぴか(新しい)
やわらかい味で、なんだか幸せな気分です。ぴかぴか(新しい)

P7050487-1.jpg
そして、おなかいっぱい食べた後のデザートはもちろんマクロビ・スイーツです。しかも3種類もexclamation×2
うれし〜〜わーい(嬉しい顔)

左上・・豆腐を使ったチーズケーキ風。
左下・・ガトーショコラ
右下・・シフォンケーキ
右上・・豆乳の生クリーム

なんて幸せな一日だったことでしょうか・・わ〜〜いわーい(嬉しい顔)

「かふぇ あ・い」さんは、本当はお昼だけの営業です。
ご無理を聞いていただいて、ありがとうございます。

なお、お昼はマクロビオティックのほかに、普通の自然食メニューがあります。マクロビオティックを希望の方は、問い合わせをしてから出かけることをお勧めします。

〒920−0266
石川県河北郡内灘町大根布1丁目31−8
コミュニティハウス光と風のアレイ1F
電話・・076−286−3740

2007年07月07日

金沢研修旅行(1)

7月5日〜6日は、タンボロッジをお休みして、「金沢研修旅行」に出かけました。
メンバーは、タンボロッジのスタッフ2人と、このブログにも時々登場する那須の穀物菜食レストラン「こと葉」の森さんです。

朝早くにタンボロッジを出発し、お昼に金沢に到着しました。
今回の目的は、オリーブ油「オルチョサンニータ」の朝倉さんから紹介していただいた、自然食のレストランや「コーフー」(植物性グルテン)を広めている「山本さん」を訪ねることでした。

まずはお昼ですので、金沢の街中にある自然食レストラン「市中」(いちなか)さんでお昼を食べることになりました。

P7050467-1.jpg
自宅を改造した、こじんまりとしたレストランです。自然住宅で建てられていて、建築の素材も自然のものばかりを使っています。
大変心地よい空間に感激です。

P7050444-1.jpg
まずはオードブルです。
今回は「コーフー」の山本さんの計らいで、「コーフーを使ったベジタリアンコース料理」の豪華なお昼でした。
まず手始めは、「コーフーのカルパッチョ」。
さすがはフレンチのきれいな盛り付けですね。
赤く四角いものは、マッシュトマトの寒天固め。そして、お肉のようなものが、下味をつけたコーフーです。そのコーフーの間には、赤と黄色のパプリカがはさんでありました。すばらしいexclamation×2
コーフーがこれほどおいしいとは、驚きでした。
これならタンボロッジのアンデス精進料理にも十分使えます。
ハナから収穫ありですよ。

P7050451-1.jpg
こちらは「コーフー」と温野菜と夏野菜のサラダです。
なんと、ミニトマトまで「湯剥き」されています。
すごい細やかさにびっくり。ひらめき

P7050455-1.jpg
いつものように、スープをおいしそうに飲む支配人です。
おいしいね〜〜わーい(嬉しい顔)

P7050460-1.jpg
いよいよメインです。
「コーフーの揚げ物、じゃが芋ときのこのソテー添え」。
こちらもなんともいえないおいしさです。
コーフーって、本当は何も味がしないそうです。それを、それぞれの料理に合うように、スープと煮込んで下味をつけるんですね。じっくり煮込んで、味をしみこませるそうです。

つまり、しみこませるスープを色々とアレンジすることにより、使える料理の幅がかなり広がることを意味しています。
これは「肉」なんかより、いろんなことが出来るぞ〜〜わーい(嬉しい顔)

P7050461-1.jpg
最後はマクロビ・スイーツです。
茶色いのが「チョコレートのムース」、白いのが「バナナアイス」。
どれもとってもおいしくいただきました。

それにしても、「コーフー」との出会い、すばらしかったです。
「山本先生」ありがとうございます。揺れるハート
感謝感激です。

この続きはまた明日。

オーガニックフレンチレストラン「市中」(いちなか)データー

〒921−8151
石川県金沢市窪4丁目560−2
電話&FAX・・076−244−0023
定休日・・日曜日
営業時間・・11:30〜14:30&18:00〜21:00(ラストオーダー)

2007年07月04日

夏野菜のサラダ

今日の朝食のサラダです。
P7040443-1.jpg
すっかり野菜たちは「夏」になっていますね。
トマト、ズッキーニ、きゅうりなど・・・。
これから暑い盛りですが、お世話になりま〜〜す!ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2007年07月03日

スイートライスのアイスクリーム

今日のスイーツの一つはこれ、「スイートライスのアイスクリーム」です。タンボロッジの「野生農法」の「ワイルドストロベリー」が飾りで活躍しています。
P7030436-1.jpg
「スイートライス」ってな〜にexclamation&questionと質問が出そうですね。
「スイートライス」は、昨日、マクロビオティックレストランのキッチンカンなのスタッフと話しているときに考えた(思いついた)新しいあるものの呼び名なんです。
そのあるものとは・・「麹から作った甘酒」です。

だって、「甘酒」と言うと、どうも「酒粕」を水に溶いて、砂糖を入れて甘くしたものを想像する人が多いんです。
「麹」を保温して作った「正統派甘酒」を思い浮かべる人があまりにも少ないのが現状です。
それに「酒」ってつくので、「アルコールが入っているんじゃないか」なんて思われたりもします。

そこで、この状況を打開すべく、新しい呼び名を思いついた、と言うわけです。ぴかぴか(新しい)

「スイートライス」なんて、いい名前じゃないかな〜揺れるハート

皆様はどう思われますか?モバQ
posted by 料理長 at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2007年07月02日

今日のまかない料理

昨日から今日にかけては、私の大好きな揺れるハート宇都宮にあるマクロビオティックレストラン「キッチンカンナ」のスタッフが、研修をかねてくつろぎに来て下さいました。
そして夜遅くまで、例によって食べ物や農業に話で盛り上がりました。

で、みんなが帰ったあと、自分たちで食べるまかない料理はかなり手抜きになりました。

P6190353-1.jpg
これ、なんだと思いますか。
実は、残り豆腐を油揚げにし、そこに昨日作って残った「モチキビの卵風ソース」をかけただけのものなんです。

モチキビって「畑の卵」なんて、タンボロッジでは呼んでいるくらい、「卵」っぽい味になるんです。

作り方はいたって簡単。
(1)もちキビを炊く。
(2)炊いたもちキビと、おいしい調整豆乳と少しの塩をミキサーに入れ、混ぜるだけ。

おいしい「卵風ベジタリアン」ソースの出来上がり〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 21:19| Comment(5) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2007年07月01日

米粉と玄米胚芽のパウンドケーキ

今日、「米粉と玄米胚芽のパウンドケーキ」と言うものを焼いてみました。
DSCN9603-1.jpg
これがそのケーキです。
見た目も感じももろに「パウンドケーキ」です。こんなのが米100%で焼けてしまうんですね。自分でもびっくりexclamation&question

使った米粉は「しっとり米粉」です。
この米粉、味がおいしいのと、滑らかで、パンも焼けるし、タンボロッジでは重宝しています。
でも、ちょっと「モチモチ」感が強いので、ケーキには不向きだと思っていました。
ところが、「たむら農園」さんから教えていただいた、「超低オイルのパウンドケーキ」がヒントになり、このしっとり米粉でも、うまく作れるようになったんです。

「超低オイルのパウンドケーキ」の「小麦粉」を「しっとり米粉」に替え、「小麦ふすま」を「米糠」に替えると出来てしまいます。

なお、タンボロッジでは、「米糠」のことを「玄米胚芽」と呼んでいます。
だって、「米糠」といわれると、「なんだ〜、米糠か〜バッド(下向き矢印)」なんて思われてしまいますが、「玄米胚芽」と言うと、「すご〜〜いぴかぴか(新しい)」と思ってもらえるんだもん揺れるハート
posted by 料理長 at 15:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン