2007年07月01日

米粉と玄米胚芽のパウンドケーキ

今日、「米粉と玄米胚芽のパウンドケーキ」と言うものを焼いてみました。
DSCN9603-1.jpg
これがそのケーキです。
見た目も感じももろに「パウンドケーキ」です。こんなのが米100%で焼けてしまうんですね。自分でもびっくりexclamation&question

使った米粉は「しっとり米粉」です。
この米粉、味がおいしいのと、滑らかで、パンも焼けるし、タンボロッジでは重宝しています。
でも、ちょっと「モチモチ」感が強いので、ケーキには不向きだと思っていました。
ところが、「たむら農園」さんから教えていただいた、「超低オイルのパウンドケーキ」がヒントになり、このしっとり米粉でも、うまく作れるようになったんです。

「超低オイルのパウンドケーキ」の「小麦粉」を「しっとり米粉」に替え、「小麦ふすま」を「米糠」に替えると出来てしまいます。

なお、タンボロッジでは、「米糠」のことを「玄米胚芽」と呼んでいます。
だって、「米糠」といわれると、「なんだ〜、米糠か〜バッド(下向き矢印)」なんて思われてしまいますが、「玄米胚芽」と言うと、「すご〜〜いぴかぴか(新しい)」と思ってもらえるんだもん揺れるハート
posted by 料理長 at 15:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン