2007年07月07日

金沢研修旅行(1)

7月5日〜6日は、タンボロッジをお休みして、「金沢研修旅行」に出かけました。
メンバーは、タンボロッジのスタッフ2人と、このブログにも時々登場する那須の穀物菜食レストラン「こと葉」の森さんです。

朝早くにタンボロッジを出発し、お昼に金沢に到着しました。
今回の目的は、オリーブ油「オルチョサンニータ」の朝倉さんから紹介していただいた、自然食のレストランや「コーフー」(植物性グルテン)を広めている「山本さん」を訪ねることでした。

まずはお昼ですので、金沢の街中にある自然食レストラン「市中」(いちなか)さんでお昼を食べることになりました。

P7050467-1.jpg
自宅を改造した、こじんまりとしたレストランです。自然住宅で建てられていて、建築の素材も自然のものばかりを使っています。
大変心地よい空間に感激です。

P7050444-1.jpg
まずはオードブルです。
今回は「コーフー」の山本さんの計らいで、「コーフーを使ったベジタリアンコース料理」の豪華なお昼でした。
まず手始めは、「コーフーのカルパッチョ」。
さすがはフレンチのきれいな盛り付けですね。
赤く四角いものは、マッシュトマトの寒天固め。そして、お肉のようなものが、下味をつけたコーフーです。そのコーフーの間には、赤と黄色のパプリカがはさんでありました。すばらしいexclamation×2
コーフーがこれほどおいしいとは、驚きでした。
これならタンボロッジのアンデス精進料理にも十分使えます。
ハナから収穫ありですよ。

P7050451-1.jpg
こちらは「コーフー」と温野菜と夏野菜のサラダです。
なんと、ミニトマトまで「湯剥き」されています。
すごい細やかさにびっくり。ひらめき

P7050455-1.jpg
いつものように、スープをおいしそうに飲む支配人です。
おいしいね〜〜わーい(嬉しい顔)

P7050460-1.jpg
いよいよメインです。
「コーフーの揚げ物、じゃが芋ときのこのソテー添え」。
こちらもなんともいえないおいしさです。
コーフーって、本当は何も味がしないそうです。それを、それぞれの料理に合うように、スープと煮込んで下味をつけるんですね。じっくり煮込んで、味をしみこませるそうです。

つまり、しみこませるスープを色々とアレンジすることにより、使える料理の幅がかなり広がることを意味しています。
これは「肉」なんかより、いろんなことが出来るぞ〜〜わーい(嬉しい顔)

P7050461-1.jpg
最後はマクロビ・スイーツです。
茶色いのが「チョコレートのムース」、白いのが「バナナアイス」。
どれもとってもおいしくいただきました。

それにしても、「コーフー」との出会い、すばらしかったです。
「山本先生」ありがとうございます。揺れるハート
感謝感激です。

この続きはまた明日。

オーガニックフレンチレストラン「市中」(いちなか)データー

〒921−8151
石川県金沢市窪4丁目560−2
電話&FAX・・076−244−0023
定休日・・日曜日
営業時間・・11:30〜14:30&18:00〜21:00(ラストオーダー)