2007年12月22日

金柑

さて、タンボロッジのリフレッシュ休暇も最終日になりました。
そこで、この日は毎回恒例の実家の庭になっている無農薬・無施肥の「金柑」を収穫しました。
PC062388-1.jpg
たわわに実った「金柑」です。
でも、実家の庭には、これ1本しか金柑の木はありません。
毎年毎年収穫させてもらっているので、金柑に感謝をこめて、収穫しました。

さて、12日ぶりにタンボロッジに帰ってきました。
雪がちらつき、さすがに「寒〜〜!雪
南国ボケしてしまいましたよ。

そして翌日、帰る日に送った荷物が届きました。
収穫した金柑もたくさん入っています。
ではさっそく、「金柑ピール」を作ることにいたしましょう。
PC092411-1.jpg
まずは金柑を横半分に切って、種を楊枝でひとつずつ取り除いていきます。
金柑って、小さいから、かなりの地道な作業ですね。

PC092415-1.jpg
ほら、こんなに出来ました。
まだこれで半分くらいです。はあはあどんっ(衝撃)

PC092420-1.jpg
さらに、一つずつ、果汁を絞ります。
(さらに・はあはあはあ〜〜〜どんっ(衝撃)
金柑って、果汁はすっぱいけれど、皮が甘いんですね。
だから、こうして果汁と皮とを分離するんです。

PC092423-1.jpg
そして、皮を小さく切っていきます。
(これも相当「地道」!!もうやだ〜(悲しい顔)
そして、手作りの米飴を加え、数時間置くと、皮からペクチンと果汁が出てきます。
それを煮詰めて「金柑ピール」の出来上がり。

PC122430-1.jpg
それを脱気殺菌して保存します。
こんなに出来ましたよ。わーい(嬉しい顔)

そして、少し残しておいた金柑そのものと、絞った金柑の果汁を使って、こんなマクロビ・スイーツを作りました。
PC132438-1.jpg
金柑のブラマンジェ風。
下のスポンジは、米粉と自家製本格甘酒で作っています。
おいしかったですう〜〜〜ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品