2008年01月09日

里芋の皮のきんぴら

最近はまっている「里芋の皮
唐揚げがおいしいので、今まで唐揚げばっかりやっていました。
でも、そろそろ里芋の季節は終わりに近づいてきたので、ほかにバリエーションを広げようと思いつき、今日は「きんぴら」にしてみました。
P1082720-1.jpg
見た目にもまさしく「きんぴら」手(チョキ)
でもって、食べた感じはというと・・・
・・・いけるじゃんるんるんるんるん
かなりいけますよ、これは。

では、作り方です。

(1)里芋は皮を厚めに剥く。
(2)フライパンにごま油をしき、里芋の皮を入れてよく炒める。
(3)里芋の皮に火が通ったら、料理酒、みりん、醤油を入れ、火が通ったら、刻んだ鷹の爪を入れて水分が飛ぶまで炒める。

ねっ、簡単でしょ。
簡単でおいしい「里芋の皮きんぴら」でした。わーい(嬉しい顔)
里芋を使うとき、ぜひ試してみてくださいね。
もうすぐ里芋の季節も終わりだから・・・

なに、里芋の季節の初めに言えって・・
ごもっともで・・・モバQ
posted by 料理長 at 20:39| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集