2008年02月05日

タンボ南蛮

近頃、東京にある自然食のショップ「ガイア」でヒット商品になっている「よっちゃん南蛮」。
とてもおいしいんですよね。
でも、タンボロッジのような山の中では、そう簡単にすぐに買いにいけません。
そこで、まねっこして作ってみようと思っちゃったのを、いろいろな人にしゃべったら、「作れ〜〜」の大合唱。がく〜(落胆した顔)
そこで、重い腰を上げ、作ってみることにしました。
でも、うまくいくかどうか、自信はそんなにありませんけれど・・・猫

P2043041-1.jpg
でもって、まず材料集めからはじめました。
まずは決め手となる「唐辛子」。
やはりここは、「無添加漬物」で有名な「風来さん」のところで売っているこだわりの「韓国製唐辛子」(もちろん無農薬です)を使いましょう。
漬物もおいしいので、唐辛子と一緒に取り寄せちゃいました。わーい(嬉しい顔)
う〜〜んおいしい!exclamation×2

この唐辛子、通常の唐辛子よりも「甘さ」があり、風味と香りも申し分ない「逸品」なんですよ。

P2043046-1.jpg
さて、その「こだわりの唐辛子」を、薪ストーブの上で、丁寧にじっくりと「炒って」行きます。
部屋中に唐辛子のなんともいえないいい香りが立ち込めます。
くんくん犬 これだけでもおいしそう!!るんるん

P2043065-1.jpg
さて、すべての材料をビンに入れ、ただ混ぜるだけなので、あっという間に「仕込み」終了です。
これを時々かき回しながら、(週に1回くらい)まるで味噌と同じように1年近く寝かせます。
さて、おいしくできるでしょうか??
もしうまくいったら、来年はもっと「大量に」作るぞ〜〜手(グー)(皮算用モバQ
とにかく今年の年末くらいが楽しみです。

でも、こんなにいい材料を使いながら、うまくいかなかったら、どっ、どうしよう!!ちっ(怒った顔)
posted by 料理長 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品