2008年02月18日

麦味噌作り

やっと今になって、自家用の「麦味噌」を仕込みました。
P2123197-1.jpg
これが「麦麹」です。
九州産の「押し麦」から作られています。
この麹を作っているのは、タンボロッジの支配人の実家、宮崎県日向市」にある「こうじの児玉」さんです。
詳しくは、「こちら」と「こちら」を見てくださいね。
麹の仕込む様子が出ています。

さて、今回は自家用なので、自分ひとりの孤独な作業もうやだ〜(悲しい顔)
なので、大豆つぶしは猫の手猫ならぬ、機械の手を借りることにしちゃいました。

大豆は九州の熊本県にある、日本最古の神社と言われる「幣立神宮」の近くで、「無農薬、植物性堆肥のみ」で「佐藤さん」と言う方が作った「みさお大豆」(阿蘇地方に古くから伝わる「地大豆」)を使いました。
塩はもちろん、いつもタンボロッジの味噌に使う「ハイソルト」です。

P2123211-1.jpg
さて、出来上がりです。
麦味噌は、早ければ3〜4ヶ月で食べられるんです。
早く春が来ないかな〜〜るんるんるんるん
posted by 料理長 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品