2008年03月10日

銀河のほとりへ

仁井田本家の「どぶろく作り体験」が午後3時過ぎに終了しました。
そして、その後、「仁井田本家」から近い山の中の「鉱泉」の「斉藤の湯」へみんなでは入りに行き、すっきりしたところで、タンボロッジのお気に入りの自然食レストラン「銀河のほとり」へ向かいました。

この日は、特別に一人¥2,000のベジタリアンセットを用意していただいていました。
さて、どんなものがでてくるか、とても楽しみです。
P3083714-1.jpg
では、みんなで「いただきま〜〜す」るんるんるんるん

P3083709-1.jpg
まずは「前菜」です。
蕎麦の実のソーセージ、おからのサラダ、人参のピューレなど、いろいろな味が楽しめます。
蕎麦の実のソーセージなど、燻製もかけてあり、心憎いばかりのおいしさです。

P3083710-1.jpg
こちらは思いつきで作ったと言う「ベジ刺身」
このようなものがが思いつきで作れるなんて、すご〜〜いがく〜(落胆した顔)
青海苔を練りこんだ「トロ風」、人参ペーストを硬めにした「ねばねばなまこ風」、えのき茸を使った「かまぼこ風」など、こちらも相当楽しめました。

P3083716-1.jpg
こちらは「稗のスープ」。
ちょっと写真がいまいちですけれど、とてもおいしいですよ。
稗って、なんとなく「白身魚風」の雰囲気がするけれど、それが見事に生かされていました。

P3083719-1.jpg
こちらは銀河定食でもおなじみの、「大豆の舞茸ハンバーグ」です。
これをおかずに、ご飯と味噌汁をいただきました。

P3083727-1.jpg
最後の〆はなんといってもマクロビ・スイーツですね。
雑穀の「稗」を使ったタルトに、豆乳のホイップソースがかかっていました。

どれもみんな心がこもって作られていました。
すごく満足です。ぴかぴか(新しい)
こんなにご馳走を作ってくださった銀河のほとりの「かっちゃん」さん、今日はご馳走様でした。
そしてありがとうございました。
またよろしくお願いしますね。

さて、この後は、今日一日借りている「マイクロバス」で、雪深い奥会津のタンボロッジまで向かいます。

実はわたくしが大型免許を持っているので、今日の「運転手」です。
みんなはお酒をたくさん飲んで、楽しそうでいいな〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事