2008年03月11日

決定版「BP不使用マクロビシフォンケーキ」

試行錯誤すること、約1ヶ月どんっ(衝撃)(ちょっと大げさかもモバQ
今日、ついにBP不使用マクロビシフォンケーキの「決定版」を掲載できることになりました。

では、さっそく、そのレシピです。

「BP不使用、マクロビ・シフォンケーキ」

用意するもの
17Cmのシフォン型・・・1個

材料
濃い豆乳(大豆固形分12%以上)・・400g(cc)
地粉(中力粉)・・・180g
メイプルシュガー、又は甜菜糖など・・・25〜30g
自然塩・・2つまみくらい

では、写真を交えた作り方紹介です。
P3073607-1.jpg
まずは、「濃い豆乳」をストーブなどのそばに置き、「人肌くらい」に暖めます。
夏場は、常温に2時間くらい置いておくといいかと思います。
湯煎にかけてもOKです。
ただし、あんまり熱くしないほうがいいと思います。

P2233451-1.jpg
ハンドミキサー、キッチンエイドなどを使い、よくホイップします。
その際、ホイップする速度は、「全速力」ではなく、6〜7割の速度で、15分くらい、じっくりと時間をかけてホイップします。
すると、この写真のように、滑らかなメレンゲが立ちます。

P2233457-1.jpg
そこに、メープルシュガーを入れ、ゴムベラで切るようによく混ぜます。
その後に、振るった中力粉を少しずつ入れながら、ゴムベラで切るように混ぜていきます。
写真のような感じのしっとりとした生地になります。

ここでメレンゲがしぼんでしまった場合は、メレンゲの泡のきめが粗かったので、失敗となります。もうやだ〜(悲しい顔)(全速力で泡立てると、こうなりやすい)
失敗したら、それをフライパンで焼いて、パンケーキとしていただきましょうね。
それもおいしいですよ。わーい(嬉しい顔)

P2233462-1.jpg
さて、メレンゲがしぼまなかったら、次に進みます。
17cmのシフォン型に流し入れます。
こんな感じです。

P2233463-1.jpg
160℃のオーブンで約30〜35分ほど焼きます。
こんな感じに焼きあがります。

この「BP不使用、マクロビ・シフォンケーキ」は、焼いても膨らんだりしません。
生地を流し込んだときと同じくらいのまま焼きあがります。
この写真と、流し込んだ時の写真を比べてみてくださいね。
お分かりいただけたでしょうか。

P3073637-1.jpg
さて、切ってみると・・・
これが卵もベーキングパウダーも使わない「シフォンケーキ」と思えないくらいの出来上がりようです。
実にしっとりとしていて、ふわふわです。

これを切り分け、いろいろとソースやクリームをかけたり、トッピングしたりして食べましょうね。るんるんるんるん

今日も一日、いい日だったな〜〜わーい(嬉しい顔)と思えてくることでしょう。

前回の「BP不使用のマクロビシフォンケーキ」のときは、小麦粉が「地粉全粒粉」を使いました。
この作り方だと、きめが粗くなり、「シフォン」と言うよりは、「スポンジ」又は、洋酒をしみこませて「サバラン」のような感じに仕上がりました。
そこで今回は、「全粒粉」ではなく、「白い」地粉を使いました。
かわいいなお、薄力粉を使うと、「中落ち」してしまいます。
必ず「中力粉」をお使いください。
ちなみに、私はオオサワジャパンの「南部地粉」を使っています。

では、皆様のご成功をお祈りしています。猫
posted by 料理長 at 16:21| Comment(23) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集