2008年04月02日

タンボ・ロッジ、食の研修会(4)

タンボロッジ食の研修の2日目の夕食編です。
雪雪が融け始めたタンボロッジの周りで、今盛りに出ているのが「ふきのとう」。
これを使わない手はありませんね。
では、まだ日が高いうちに晴れ摘んでおきましょうね。
P3273975-1.jpg
みんなでつむと、あっという間にたくさん収穫できるんです。
ぽかぽかの陽射しに包まれて晴れ、気持ちいいですね。

P3273976-1.jpg
松本先生も自ら収穫します。
こんな大先生でも、自然の恵みには目がありません。
みんなで一緒に摘むなんて、素晴らしいですね。わーい(嬉しい顔)

P3273981-1.jpg
今日のメニューです。
先生があらかじめ用意してくださいました。
でも、タンボロッジの「タンボ」の文字が、ひらがなの「たんぼ」になっていますね・・・もうやだ〜(悲しい顔)
お昼が「天婦羅」だったので、揚げ物串揚げを少し変更し、「大豆蛋白」は煮物に、人参と菊芋は「ボール」ではなく、焼き物にすることになりました。

P3273984-1.jpg
長〜〜〜い根っこの「赤ねぎ」。
無農薬・無施肥の「たむら農園」さんが、自家用のものを持ってきてくださったんです。
こんなに長いということは、いかに生命力が強いか・・ということでしょうね。
びっくりです。

なお、長ネギや玉ねぎの根は、何でも「糖尿病の薬」だそうです。
今日の料理にも、さっそく使いましたよ。

P3273994-1.jpg
豆腐の裏ごしです。
少しの量ならば、このように、包丁の「刃」の部分を使って滑らかに出来るんですね。

P3273998-1.jpg
「もち粟」を炊いて、すりつぶし、滑らかにします。
これを「人参のハンバーグ」と「菊芋のハンバーグ」に混ぜ込みます。
先生の手さばきに注目exclamation×2

P3274009-1.jpg
さて、出来ましたよ。
おいしそうですね。
このおかずに、「玄米」「味噌汁」「厚揚げの煮物」が付きました。
これはまさに「料亭の料理」exclamation
今日はさながら「タンボ料亭」ですねえ。ぴかぴか(新しい)

P3274013-1.jpg
では、みんなで「いただきま〜〜す」るんるんるんるん
posted by 料理長 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事