2008年04月04日

タンボ・ロッジ、食の研修会(6)

いよいよ「タンボロッジ、食の研修会」も。最終日のお昼を迎えました。
最後の講座なので、少し豪華なお昼ご飯を作ることになりました。

P3284041-1.jpg
まず、お昼に突入する前に、参加者全員で記念撮影です。
さあ、みんな、笑ってわーい(嬉しい顔) 笑ってわーい(嬉しい顔)
みんないい笑顔をしていますね。

P3284043-1.jpg
今日のご飯は、「麦とろご飯」です。
ご飯は3分づきで精米しました。
ご飯が炊ける間にほかのものを作ります。
まずは一番時間がかかる「とろろ」です。
なぜ「とろろ」が時間かかるかってですか?
それは、丁寧に、すり鉢ですりおろしたあとに、よく混ぜ、滑らかにするからです。

さあ、落ち着いた心で、食べる人が幸せになるように、思いをこめて、「ごりごりごりっどんっ(衝撃)
一生懸命にやると、筋肉痛になりそう。猫
でも、一番たくさん出来たのは、一番高齢の「先生」でした。
ほら、そこの若いの、がんばりなさいダッシュ(走り出すさま)
は〜〜い・・・いててててふらふら(もう筋肉痛、来ています)
明日から鍛えなくっちゃ・・・モバQ

P3284045-1.jpg
季節の春野菜です。
さっとゆで、ざるにあげて塩をまぶし、「浅漬け」になるんですよ。

P3284046-1.jpg
やっと「地獄?」の「山芋すり」が終わり、盛り付けが進みます。

では、最終回のメニュー、紹介しましょうね。
P3284048-1.jpg
おろし山芋の醤油たれかけです。

P3284049-1.jpg
麦とろご飯にかける「とろろ」です。
飾り付けが実にきれいです。

P3284051-1.jpg
大豆蛋白の「コタン」の煮物、春野菜の浅漬け、レンコンの煮物です。
この「コタン」、初めて食べました。
何でも、台湾の精進料理「素食」の食材だとか・・・
「湯葉」のような食感です。

P3284053-1.jpg
漬物3種です。
真ん中のは、切り干し大根を使いました。

P3284055-1.jpg
さあ、豪華なお昼の精進料理ですよ。
紹介したおかずのほかに、「麦ご飯」と「味噌汁」が付きました。
最後なので、先生もずいぶん豪華に作ってくださいましたね。
では、みんなで感謝しながらいただきましょう。るんるん

これで、2泊3日にわたり、みんなで作ること、5食。
長いような、でもあっという間の「タンボロッジ、食の研修会」が終わりました。

集まってくださった方たち、そして松本先生、そしてこの会のきっかけを作ってくださった、「ワッハッハ・ベジタリアン料理教室」の「木澤さん」本当にありがとうございました。
おかげさまで、とても楽しく、有意義な研修になりました。

P3284059-1.jpg
では、最後の最後に、松本先生と記念撮影です。
3人で「ピース」
なんだか照れくさそうな先生でした。

またこういう研修、やりたいです。
先生は、気軽に「また来るよ〜〜」とおっしゃってくださいました。うれしいですね。わーい(嬉しい顔)
本当にこの3日間、お世話になりました。
ありがとうございます。

さあ先生、お疲れでしょう。
これからいい気分(温泉)へ行きましょうね。
posted by 料理長 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事