2008年04月12日

菊芋料理

「菊芋」を手に入れました。
実はこの「菊芋」、苦い思い出があるんです。
だいぶ昔ですが、「菊芋の漬物」をご馳走になったことがあるんです。
でも、その漬物、つかりすぎて、発酵して、なんだかとても臭く、ちっともおいしくありませんでした。ふらふら
それ以来、私の中では、「菊芋」=「おいしくない」という方程式が出来上がってしまいました。
なので、今までは、「菊芋」と聞いても、見向きもしませんでした。
ところが、3月下旬のタンボロッジの食の研修会のときに、「菊芋」が登場したんです。
で・・・それがとてもおいしかったので、「目が覚めました。」ぴかぴか(新しい)
そして、さっそく使ってみることに・・・
P4094149-1.jpg
これが「菊芋」です。
上記のような事情で、「菊芋」そのものは、見たことがありませんでした。
まるで生姜のようです。

でも、菊芋、ただゆでて、塩をかけて食べてもおいしいです。
それを、タンボロッジ得意の「アンデス精進料理」にしてみました。

P4114158-1.jpg
「菊芋のペルー南部風クリーミーソースかけ」です。
本来はゆでたじゃが芋の料理ですが、じゃが芋ではなく、菊芋で作ってみました。
なかなかこの「ソース」と相性がいいですよ、これは。

どうして「菊芋」を「おいしくない」と決め付けてしまったんだろうと。後悔しきりです。もうやだ〜(悲しい顔)
もっと早くおいしさに気付いていれば良かったです。
自分の狭い見識に、猛反省。
とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理