2008年04月13日

山芋ケーキ

今日は「山芋ケーキ」というマクロビ・スイーツを作りました。
どうして作ろうと思ったかというと、実は、3月末の「タンボロッジ、食の研修会」の時に、山芋のとろろを教わったからなんです。
その時に聞いたことによると、「山芋」は、ただおろしただけではそんなにふわふわにはならないので、おろしたあと、すり鉢でひたすら、ごりごりと滑らかにするんです。
すると、驚くほどに「ふわふわ」になるんですね。がく〜(落胆した顔)
今回は、それをスイーツに利用したんです。
P4114152-1.jpg
山芋は、ガスの火で「根のひげ」を焼ききったあと、皮ごと摩り下ろし、すり鉢で、よ〜〜く(30分くらいexclamation×2)摩り下ろします。
ふわふわになったところへ、「自家製甘酒」「玄米粉」を入れ、方に流し込み、蒸し上げます。

P4114155-1.jpg
こんな感じで、ちょっと粘っこいスポンジになりました。
なかなかいい感じです。手(グー)
生地にいろいろと混ぜると、応用が利きそうですね。
これから、大いに利用しなくっちゃ。るんるん
posted by 料理長 at 14:16| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ