2008年04月30日

米粉とチューニョ粉のミルクレープ

昨日のタンボロッジのスイーツは、なんと「世界初exclamation×2どんっ(衝撃)のスイーツを作りました。
それは・・・
先日、「チューニョ粉」で作ったクレープがとてもおいしかったのに気を良くして、「米粉とチューニョ粉のミルクレープ」というものを作ってみたのです。

南米アンデスの伝統的な凍結乾燥じゃが芋の「チューニョ」。
現地の伝統的な食べ方には、「チューニョ」を粉にして、お粥を作ったりします。
また、日本でも、東北の岩手や青森、また、山梨県の鳴沢村では、同じような「凍結乾燥じゃが芋」(凍み芋)を、粉にして、「すいとん」のような団子を作って食べるという「伝統料理」はあるのですが、それを使った「スイーツ」って、聞いたことがありません。
だから・・・「世界初」なんです。

P4294363-1.jpg
さて、「米粉」と「チューニョ粉」を使い、クレープを何枚も焼き、豆腐のクリームをはさみながら、重ねていきます。

P4304382-1.jpg
デコレーションしました。
これが「世界初」のマクロビ・スイーツ
「米粉とチューニョ粉のミルクレープ」です。
米粉と、結着力が強い「チューニョ粉」を、「豆乳」で溶いて、クレープにしました。
米粉3に対して、チューニョ粉1くらいの割合で混ぜました。
ほんのりと「じゃが芋」の香りがする、まったりクレープです。いい気分(温泉)
なかなかおいしいですよ。わーい(嬉しい顔)