2008年06月13日

山つつじのジャム

今、タンボロッジの裏庭の、川へ降りていく斜面に、「山つつじ」の花が満開です。
すごくきれいです。ぴかぴか(新しい)

ところで、つつじの花って、食べられるんですよね。
子供の頃、よく公園に咲いているやつを取って、花の後ろを吸うと、甘い蜜があっておいしいので、時々食べていた思い出があるんです。
でも、よく考えてみれば、農薬が心配だな〜〜がく〜(落胆した顔)
その頃、だいぶ農薬のかかった「つつじ」を食べてしまったかもしれません。ふらふら
どっどうしよう・・・・

しかし、タンボロッジの裏にある「山つつじ」は、そんな「汚染」とは無縁ですから、安心です。
だって、野生なんですから・・・

では、さっそくその「山つつじの花」を摘んで、ジャムにしてみましょうね。
P6134979-1.jpg
まずは、「山つつじ」を摘みます。
山つつじの花って、酸味があって、おいしいんですよ。
時々つまみ食いをしながら花を摘む支配人です。

「春ゼミ」の合唱と、川のせせらぎの音、そして「カジカ蛙」の幽玄な泣き声に包まれながら、花をたくさん摘みました。
これって、すごく癒されるな〜〜揺れるハート

P6134981-1.jpg
さて、たくさん摘んだ「山つつじの花」を、一つずつ「めしべ」と「おしべ」を取り除き、水で洗い、タンボロッジの「手作り水飴」と一緒に煮込んで「ジャム」にします。

P6134988-1.jpg
さあさあ、出来ましたよ。
かすかな花の香りと、軽い酸味のおいしい「山つつじジャム」。
それを「豆乳ヨーグルト」に入れて食べました。

あ〜〜exclamation×2今日もおいしく、幸せな午後のお茶タイムです。るんるん
posted by 料理長 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品