2008年06月18日

梅肉エキス、第2回目

数日前に初めて作ってみた「梅肉エキス」。
すごく作るのが大変だったにもかかわらず、昨日、もう一度作ることにしちゃいました。モバQ

今回は、どのように作ったかを順繰りに書いてみたいと思います。
P6175017-1.jpg
朝の10時くらいに、「無農薬・無施肥」の「たむら農園さん」から、「青梅」が届きました。
さっそく洗って、布巾で拭いて乾かします。

P6175035-1.jpg
さて、ここで「梅割り機」の「梅わり・梅ちゃん」の登場です。
青梅を、つぶすような感じで割って、種を除いていきます。
たくさんあるので、あせらずのんびりやりましょうね。猫

P6175036-1.jpg
さて、「青梅」が割れました。

P6175037-1.jpg
割った「青梅」を、ジューサーに入れて「果汁」を搾ります。

P6175042-1.jpg
さて、土鍋いっぱいになりました。
ここからが「長丁場」です。
沸騰させないように、ごく弱火で煮詰めていくんですから・・・・がく〜(落胆した顔) 気が遠くなりそうです。
この大きさの土鍋に3杯分も採れました。
おかげでガスレンジはめいっぱいです。
ご飯の支度をどうしよう・・・・と悩む私・・・ダッシュ(走り出すさま)

P6175048-1.jpg
さてさて、とっぷりと日が暮れて、またまた「星降る高原の夜」を迎えました。
今回は、少し早く始めたので、夜中になるちょっと前に出来上がりました。
鍋に木べらを入れ、すじが出来るようになると出来上がりです。

ばんざ〜〜〜いexclamation×2どんっ(衝撃)るんるん
長い長い「梅肉エキス」作りの1日が終わりました。

10Kgの「青梅」から、今回は550g出来ました。
たったのそれだけです。がく〜(落胆した顔)
本当に貴重品なんですね。

これで今年は風や病気知らずで過ごせるぞ〜〜るんるんるんるん
posted by 料理長 at 21:28| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品