2008年07月31日

キッチンカンナ

昨日のブログと順番が逆になってしまいましたが、29日の火曜日、私たちは「たむら農園」さんに行く前に、大好きな宇都宮にあるマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」でお昼をいただきました。

いつもいつも、おいしいマクロビオティック料理を食べられるので、すごくうれしいです。

P7295283-1.jpg
今日のランチです。
真ん中の大きいお皿が「おかず」で、そのほかに3つのつけあわせが付いていますが、「つけ合せ」というよりも、これも「おかず」と呼べるくらいに手が込んでいておいしいんですよ。
「玄米ご飯」の左上から時計回りで、
「インゲンの黒胡麻和え」「もちキビとキノコの巾着」「枝豆と青菜の寒天よせ」、おかずは「揚げだし豆腐のキノコあんかけ」、それに味噌汁です。

P7295287-1.jpg
今回は3人で食べることだし、これからたむら農園でブルーベリーの収穫に汗を流すので、「カレー」も食べちゃいました。
今までこれだけいつも行っているのにまだ食べたことのないカレー。
一度食べてみたかったんです。

さて、スイーツは3種類です。
P7295291-1.jpg
「オレンジのチーズケーキ風タルト」
豆腐のチーズ風とオレンジのタルトです。
オレンジの香りが涼しさを感じさせてくれ、とてもおいしいです。

P7295294-1.jpg
「豆腐のプディング」。
豆腐がプディングになって登場しました。
蒸しプリンの感じで、おいしくいただきました。

P7295298-1.jpg
こちらは「ティラミス」
グラスに盛って、涼しさが演出されています。
もちろん中身もおいしい!!わーい(嬉しい顔)

さて、これから暑さの中、ブルーベリーの収穫と行きましょうね。晴れ

2008年07月30日

ブルーベリー摘み

昨日の話しです。
「無農薬・無施肥」の「たむら農園」さんでは、ブルーベリーが熟し始めたとのこと。
でも、ブルーベリーの収穫には、なかなか手間がかかるので大変だそうです。
そこで、この日は、「自分たちの分は自分で収穫しよう」とばかりに、出かけていきました。

まずは、晴れ暑い暑い昼を避けて、夕方を狙い、出かけました。
そこで、まずは宇都宮にあるマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」で腹ごしらえです。
その様子は、明日紹介しましょう。

そしてやってきました「たむら農園」のブルーベリー畑。
P7295303-1.jpg
おお〜〜〜exclamation×2
「実」が色づいています。

さて、さっそく収穫しましょうね。
P7295309-1.jpg
あっexclamation×2
いきなりつまみ食い!!
いけませんよ、支配人さんパンチ

とか言いながら、自分でもたくさんつまみ食いしちゃった・・・へへへへっモバQ

P7295316-1.jpg
ブルーベリーの木の傍にあるこれは・・・
「こんにゃく」だそうです。
すくすくと育っていますね。

P7295321-1.jpg
これこれ、こいつが憎たらしいんです。パンチ
ブルーベリーの葉っぱの裏についているんですが、こいつに触ると、まるで針に刺されたように「痛〜〜い」ふらふら
田村さんたちは「電気虫」と呼んでいますが、正式には「イラガ」という「蛾」の幼虫だそうです。
毒があり、すこし「ぷくっ」と膨れますが、すぐにひいていきます。
でも、かなり痛いですよ。
「イラガ」の幼虫には「要注意」・・なんちゃってモバQ

P7295324-1.jpg
蝉が鳴いて、暑い夏の午後のひと時、私たちは収穫に汗を流しました。

さて、明日はこの無農薬・無施肥の「ブルーベリー」加工をしなくては・・・
涼しい会津高原で、「がんばるぞ〜〜〜どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2008年07月28日

今頃麦味噌仕込み

DSCN9706-1.jpg
晴れ暑いこのごろ晴れ
こんな暑さにもめげず(タンボロッジは涼しいです)、麦味噌を仕込みました。

普通「味噌」を仕込むのは、雪冬ですよね。
今頃仕込むと、雑菌が多く、よくないと聞いたことがあります。
しかし・・・・・
麦味噌がなくなっちゃいそうになったんです。モバQ
これは大変exclamation×2がく〜(落胆した顔)

で、急遽、麦麹を取り寄せて、今日仕込みました。
やれやれ・・・わーい(嬉しい顔)

もっと在庫管理を徹底しなければ・・・モバQ・・・反省しきりです。

写真は、麦味噌を仕込むWさんです。
今回、少し手伝っていただきました。
ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2008年07月27日

小豆とカボチャのショートケーキ

昨日のスイーツは、マクロビらしく「小豆とカボチャ」を主体にしたスイーツを作りました。

DSCN9690-1.jpg
こんな感じです。
餡子を作り、真ん中に挟みました。
そして、甘酒で甘さをつけた「カボチャのクリーム」でデコレーションしました。
スポンジの生地は例の「BP不使用、米粉のスポンジ」です。
posted by 料理長 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2008年07月25日

糠漬け

最近タンボロッジの支配人が凝っているもの・・・・
それは「糠漬け」です。
DSCN9661-1.jpg
どうですかexclamation&question
おいしそうでしょ。(自慢)犬

それもそのはず、
使った米糠が、そのまま食べても甘くておいしい「究極の純米酒、樋の口」の米糠だし、参考にしたレシピは、と言うと、「マクロビパパの奮闘記」なんですから。

そして、とてもおいしく出来るようになり、最近気をよくして、野菜をつけまくっています。

やはり晴れ暑い夏は、きゅうりの糠漬け、最高においしいです。
「マクロビパパ」さん、いいレシピをありがとうございます。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2008年07月24日

ヒマラヤの岩塩

最近タンボロッジでにわかにはやっているのが、「ヒマラヤの岩塩」の「ブラックソルト」です。

ヒマラヤの岩塩は、3億数千万年前の海水が陸に閉じ込められて、それが隆起し、その「岩塩の層」から掘り出されている塩で、この「ブラックソルト」のほかに、「ピンクソルト」「クリスタルソルト」などがあるんですが、中でもタンボロッジではやっているのが、この「ブラックソルト」です。
DSCN9674-1.jpg
このブラックソルト、「硫黄」のにおいがします。
何でも、「還元力」が強い塩だそうで、天婦羅の衣を作るときに、その水の中に少し解いて衣を作ると、油の酸化が抑えられるので、しばらく置いてもおいしいそうです。

でも、その「硫黄」の臭いを利用して、ベジタリアンならではの「なんちゃってたまご」が出来るので、感動しています。るんるん

DSCN9651-1.jpg
ほらほら、この「もちキビのオムレツ風」、見た目にも「卵っぽい」のですが、そこに、この「ヒマラヤのブラックソルト」を少しふりかけると、たちまち本物の卵のように変身するんです。

よく硫化水素(硫黄)の臭いがする温泉がありますよね。
あれって、「ゆで卵の臭い」なんて感じませんか?

そうなんです。
その臭いを利用するんです。
すると、どんなものでも「卵」が入っているように感じるから不思議です。

タンボロッジの朝食メニュー「スクランブルエッグ風」に一振りかけると、もう涙物のおいしさです。もうやだ〜(悲しい顔)

・・この塩は、加熱したり時間を置くと、硫黄の臭いが飛んでしまいます。
それはそれでおいしいのですが、卵風に使うときは、それは「瞬間芸」のように、食べる直前にかけましょう
posted by 料理長 at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2008年07月23日

豆板醤を仕込みました。

先週の話で申し訳ないのですが、ついに本物の「豆板醤」を仕込んでみました。
なんで「ついに本物」かと言うと、去年はそら豆をGETするのを忘れてしまったために、「枝豆」で作ったからなんです。
去年の「枝豆板醤」の完成したものは、「こちら」を見てね。
そして、去年は、唐辛子を「鷹のつめ」にしたため、色つきが悪く、めちゃくちゃ辛かったちっ(怒った顔)のを反省し、今年は「そら豆」と、韓国の「甘い有機唐辛子」を使って仕込んでみたんです。

P7195267-1.jpg
どうですか、なかなかいい感じに仕込めましたよ。わーい(嬉しい顔)
さて、おいしくなってくれるでしょうか??
期待して、時の経つのを待つことにしましょう。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2008年07月22日

手作り椅子がやってきた

DSCN9641-1.jpg
タンボロッジによく泊まってくださるKさんは、数年前から木工にはまっています。
だいぶ腕を上げたKさん。
実はタンボロッジで手作りの椅子が使いたいなんて気軽に話していたら、何と作ってくれたんです。
そしてその椅子が、昨日届きました。
写真の椅子2脚です。

とてもアマチュアの作ったと思えないできばえexclamation×2
デザインも面白いです。
一目で気に入ってしまいました。ぴかぴか(新しい)

Kさん、本当にありがとうございます。
大切に使わせていただきますからね。

うれしいな〜〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2008年07月21日

枝豆のティラミス

今日のマクロビ・スイーツは、「枝豆のティラミス」でした。
DSCN9632-1.jpg
これは、「米粉のティラミス」の変化バージョンです。

米粉(上新粉)を使い、「BP不使用のジェノワーズ生地」を作り、ティラミスのクリームに先日「長尾農園さん」からわけていただいた「枝豆」を使ってみたんです。

ティラミスにこのクリーム、結構いけますよ。るんるん

手作り甘酒に、豆乳、枝豆を入れ、ミキサーで滑らかにします。
それを鍋に入れ、弱火で少し煮詰めて「枝豆クリーム」の出来上がりです。
それを穀物コーヒーを塗った生地にサンドしました。
ちょっと写真では、枝豆のきれいなグリーンがわかりづらいですが・・・モバQ
posted by 料理長 at 13:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2008年07月19日

枝豆の季節

会津若松のオーガニック農園「長尾農園」さんのおいしい「枝豆」が最盛期を迎えています。
P7195259-1.jpg
さっそく、その「おいしい枝豆」をGETexclamation×2

この枝豆は、「無農薬・無施肥」で作られています。
長尾農園さん」では、数種類の品種の枝豆を植えているので、これからしばらくは楽しめそうです。

そういえば、去年はこの枝豆を使ったマクロビ・スイーツ、「枝豆モンブラン」にはまっていましたからねえ。
今年も作ろうと思います。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳