2008年09月08日

ソーラー・クッカー作り

P9085533-1.jpg
ずらりと並んだ「光るもの」ぴかぴか(新しい)
宇宙からの円盤か?がく〜(落胆した顔)
はたまた、新しい怪しい工作物か??exclamation&question

実は、これらが「ソーラー・クッカー」という、晴れ太陽の熱を利用した、エコロジーな調理器具なんです。

今日はこれを手作りし、エコロジーな生活を目指そうという「ワークショップ」に、私たちが参加した、というわけなんです。

この「ソーラー・クッカー」、いろいろなタイプがあるんですよ。
P9085535-1.jpg
これは、太陽熱を利用した、「乾燥機」です。
右側のものなど、ソーラー発電の小さいものを使い、「ファン」まで付いています。
左のものは、パンが入っていて、実は今、「ラスク」を作っているんだって。exclamation

P9085536-1.jpg
これが、今日作ろうとしている、発泡スチロールを利用した、鍋を入れて煮物をするタイプのものです。
今、サツマイモをゆでているところなんですよ。

P9085537-1.jpg
これは優れものです。
やかんでお湯を沸かすことが出来る、パラボラタイプです。
もうすでに、沸騰していますね。
これはすごいっexclamation×2
そして、タンボロッジでも欲しいです。ぴかぴか(新しい)

P9085547-1.jpg
さてさて、ワークショップの始まりです。
まず、先生の講義を聞いた後、手ほどきを受けながら、製作に入ります。

P9085544-1.jpg
隣の人と協力をしながら、せっせと作業は続きます。
これは、くりぬいた「保冷箱」の蓋に、透明なフィルムを張っているところです。
しわにならないようにね、支配人さん。

P9085548-1.jpg
銀色のガスマットを切り抜いて、ダンボールの上に張っていきます。
がんばっていますねえ、支配人さん。
うまく作ってね。頼みますよ。猫

P9085549-1.jpg
だいぶ出来てきました。
中はこんな感じです。

P9085552-1.jpg
では、ここでほかの人のを見てきちゃおっと。
イルカさんは「いや〜〜exclamation×2見ないで〜〜」だって。
でも、結構上手に作っているではありませんかるんるん

P9085554-1.jpg
さてさて、なんだかんだ言っても、出来ちゃいました。
ばんざ〜〜〜いどんっ(衝撃)

でも、「キット」になっていたので、私たちはただ組み立てただけのような感じでした。
これで、これから晴れ晴れの日には、この「手作りソーラー・クッカー」を使って、豆を煮たり、芋をゆでたり出来ちゃいます。
タンボロッジでも、大活躍してくれそうですよ。
楽しみだな〜〜〜わーい(嬉しい顔)

ここいらで、ちょっとお腹がすきました。
そこで・・・・
P9085557-1.jpg
何と、タンボロッジお気に入りの自然食レストラン「銀河のほとり」さんが、「ベジカレー」を差し入れてくださいました。
わ〜〜〜いexclamation×2わ〜〜〜いわーい(嬉しい顔)

ちょっとわかりづらいですが、カレーのかかっていないご飯がありますが、それは、このソーラー・クッカーを利用して作った「おこわ」と「お赤飯」なんですよ。
太陽の熱だけで作られたご飯、とてもおいしくいただきました。
ご馳走さまで〜〜す。揺れるハート

と、カレーを食べた後、なんですが、私たちの足は、自然と「銀河のほとり」に向かっていました。
P9085564-1.jpg
では、お昼ごはん「第2弾」を
「いただきま〜〜す」 わーい(嬉しい顔)

P9085560-1.jpg
今回は、最近「銀河のほとり」に新しく加わった「定番メニュー」の「車麩のカツレツ定食」にしてみました。
初めて食べる「車麩のカツレツ定食」。
とてもボリュームもあり、おいしく、大満足です。

この後、私たちはいい気分(温泉)温泉へ寄って、帰路に着きました。
今日はなんだかとても充実した一日でした。
このワークショップを企画してくださった「里山喫茶・キララ」の武藤さん、そしてソーラークッカーの先生、カレーを差し入れてくださった「銀河のほとり」のかっちゃんさん、本当にありがとうございます。

さて、これからますます、エコロジーな生活を目指して、がんばります。
えいえいお〜〜〜手(グー)
posted by 料理長 at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳