2008年09月22日

超希少「山栗モンブラン」

タンボロッジの庭に生えている樹齢約20年の山栗。
今年は結構収穫できたので、ついに念願の「山栗モンブラン」を作っちゃいました。

山栗って、小さいけれど、とてもおいしいです。
そして、「渋皮」も、ほとんど渋くないんですよ。
でも、小さいだけに、「モンブラン」にするには、めちゃくちゃ「手間」がかかるので、今まで作ったことがありませんでした。が・・・
今年は、「皮むき助っ人」がやってくれたので、大いに助かりました。
そこで、念願の「山栗モンブラン」、作れちゃったもんね。わーい(嬉しい顔)
DSCN0033-1.jpg
じゃ〜〜んexclamation×2
これが念願の、「山栗モンブラン」です。
写真では、いまいち普通の物と区別できないのが残念もうやだ〜(悲しい顔)
でも、とてもおいしいんですよ。

DSCN0039-1.jpg
中のクリームにも凝ってみました。
「枝豆のクリーム」を入れたので、一口食べると、中が見えてとてもきれいぴかぴか(新しい)

もちろんベースのスポンジは、BP不使用の米粉のスポンジで、クリームすべての甘味は、「米飴」「甘酒」で作りました。
「山」の上の白い雪雪は、「上南粉」といって、「落雁」を作るときに使う、もち米を炒った特別な米粉です。
これは「粉砂糖」の替わりに、デコレーションにいろいろ使えて便利です。

これからおいしい秋の味覚、しばらく楽しめそうで、うれしいで〜〜す。わーい(嬉しい顔)

*「上南粉」は、こちらの「菅原商店」で「マシュマロ風米粉」として販売しています。
posted by 料理長 at 10:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン