2008年10月11日

霊山(りょうぜん)登山

10月9日です。
前日の「田中愛子先生を囲む会」で、福島県相馬市までやってきた私たちは、せっかくだから、少し行楽をしながら帰ることにしました。
IMG_0184-1.jpg>
まずは、久しぶりに「海」を見に行きました。あせあせ(飛び散る汗)
何せ、タンボロッジは超山の中ですから、めったに海を見ることが出来ません。

そして、磯の香りを楽しみながら、次に向かったところは、「霊山(りょうぜん)」という山です。
ここは、気軽なハイキングが出来る山で福島県の人にはかなり親しまれているんです。
では、霊山登山と行きましょう。手(グー)

IMG_0187-1.jpg
この日は天気がいまいちで、上り始めた頃は、小雨が降っていましたが、次第に雲が切れて、回復してきました。
ここは最初の展望台です。
凄く切り立った山ですが、その分眺めは抜群exclamation×2

IMG_0190-1.jpg
刈り入れ間近の田圃が光って、とてもきれいでした。ぴかぴか(新しい)

IMG_0195-1.jpg
本当に、切り立った岩場が続きます。
高所恐怖症の人にはつらいかも・・・バッド(下向き矢印)

IMG_0199-1.jpg
「護摩の壇」という眺めのいい岩場です。
岩のトンネルが凄いexclamation×2

そして、頂上まで行き、下山しました。
全行程が約3時間と、気軽なハイキングでした。
その後、下山口にあるお風呂で汗を流し、近くにあるマクロビオティックレストラン「なないろの空」で、昨日に続いてランチを食べちゃいました。わーい(嬉しい顔)

今回は、「筋肉痛」にならなかったぞ〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2008年10月10日

田中愛子先生を囲む会

10月8日、「なないろの空」でランチの後、向かったところは、相馬市にある自然食&カフェ「なぴあはうす」さんです。
この日はその「なぴあはうす」さん主催の「田中愛子先生を囲む会」が開かれたんです。
私たちのようなマクロビオティック初心者を呼んでくださって、とても光栄です。
「なぴあはうす」の酒井さん、ありがとうございます。

初めてお会いする「田中愛子先生」。
とてもお茶目でかわいいおばあちゃんという感じでした。
松本先生といい、田中先生といい、マクロビの大御所の方たちは、なんて懐が深く、素晴らしい方たちなんだろう、自分もこんな感じの歳のとり方をしたいと思いました。

その日の様子は、仙台でマクロビオティックの教室を主宰されている「マクロビ庵」さんが、詳しくブログにアップされていますので、そのブログ(こちらをクリックどんっ(衝撃)をご覧くださいね。(手抜きで申し訳ありません)

IMG_0153-1.jpg
まずは、主催者の「なぴあはうす」の酒井さんのご挨拶です。
もうずいぶん昔のこと、海外から帰られた「田中愛子先生」をお招きして、相馬市でマクロビの料理教室を酒井さんのお母さん(写真右)がはじめられたそうなんですが、これが何と、田中先生の日本で初めての料理教室だったそうです。
これってすごいですよね。
その頃はまだ乳飲み子だった娘さんが、こんなに大きくなり、今回はこの会を主催するまでになったそうです。
すばらしい!exclamation×2
こんなにいいつながりの仲に、こんな私たちを呼んでくださって、「大感激もうやだ〜(悲しい顔)」です。

IMG_0156-1.jpg
挨拶の後、自己紹介をしながら、田中先生と歓談の時間です。
楽しい有意義な時間が過ぎていきました。


そしてお楽しみ。
この日は、主催者の酒井さんの作ったマクロビ料理と、参加者の皆さんが持ち寄ったマクロビ料理の夕食会です。
この日の料理は、というと・・・・

こんな感じです。
もう、みんなおいしそう。

「生春巻き」・・「おはぎ3種類」・・「おからこんにゃくのから揚げ」・・「南瓜の豆乳ヨーグルトサラダ」・・「古代小麦のパスタ」・・「雑穀の麻婆豆腐風」・・「のんびり焼き」これは仙台のマクロビアンさんの人気のおやきで、中身がいろいろあり、バリエーションを楽しめました。・・「天然酵母のパン」(なないろの空さんのです)・・「チューニョのエスカベチェ(ペルー風マリネ)」・・「古代小麦のパスタ」・・「マクロビ・ビビンバ」

どれもこれもおいしかったです。
すごく幸せ揺れるハート

IMG_0181-1.jpg
田中先生と、タンボロッジの支配人の記念写真です。
めったにあえない素晴らしい先生との語らいは、何にも勝る宝物です。
こんなに素晴らしい時間を私たちに与えてくださった「なぴあはうす」の酒井さん、本当にありがとうございます。
この場を借りて、お礼を申し上げますね。
そして、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
素晴らしい仲間に恵まれて、なんてうれしいことでしょう・・・わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:43| Comment(6) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2008年10月09日

なないろの空(1日目)

10月8日のお話しです。
この日、私たちは福島県の相馬市にある自然食&カフェ「なぴあはうす」さんで開かれた、田中愛子先生を囲む会にご招待いただいたのです。
時間は午後3時から位と言う事で、タンボロッジを朝9時頃出発し、一路「相馬市」へ向かいます。

福島県は日本で3番目に大きい県(北海道、岩手県の次です)なのですが、タンボロッジのある南会津は、地図で言うと「左下」に当たりますが、相馬市は「右上」なんです。
つまり、対角線上にある、同じ県なのに、最も遠い場所なんですね。
タンボロッジから東京へ向かうよりも遠いのです、実は。がく〜(落胆した顔)

なので、行く途中でお昼を、ということになりました。
そこで、本当に通り道にあるマクロビオティック・レストラン「なないろの空」さんに寄って、まずは腹ごしらえといきました。

IMG_0140-1.jpg
こちらは「なないろご飯」というお昼の定食です。
いろいろなものが付いていて、とてもおいしいです。

IMG_0142-1.jpg
やはり、ここでもマクロビ・スイーツ、食べちゃったもんね。
これは「かぼちゃのプリン」。
ちゃんとカラメルソースまで使っていて、とてもリッチでおいしいです。

IMG_0148-1.jpg
こちらは「桑の葉と白胡麻のケーキ」です。
緑色なのは、桑の葉の色です。
桑の葉のケーキ以外にも、食用ほおずきやイチジク、豆乳ヨーグルトなど、いろいろとついていて、「超うれし〜〜わーい(嬉しい顔)

さてさて、お腹いっぱいになった後、私たちはメインの目的の「田中愛子先生を囲む会」へと向かいました。

ちなみに、「なないろの空」さんも、一緒に招待されていましたが、後片付けがあるので、私たちは一足先に、出発しました。

その「田中愛子先生を囲む会」の様子は、明日のブログをお楽しみにしていてくださいね。猫

2008年10月07日

ふたばカフェ

「ふたばカフェ」というのは、「マクロビパパ」さんが、時々やっている、東京は表参道の近くにある小さなカフェというか、マクロビレストランなんです。
「コラボカフェ」という貸しスペースを利用してやっているそうです。
実は今日、東京に行く用事があり、ちょうどお昼にお邪魔することが出来て、とてもラッキーでした。(何でも、今日が2回目なんだそうですよ)

そこで、今日はランチとマクロビ・スイーツをいただきました。
とてもおいしかったので、画像でご紹介しましょうね。

IMG_0122-1.jpg
まずこれは、「さっちゃんのベーグルとホワイトシチュー」です。
シチューは、少し(半分くらい)食べてしまってから、気がついて写真に撮りました。モバQ
だから、量が少なめに写ってしまっています。(ぽりぽり)

IMG_0117-1.jpg
こちらは、「さわのはな」で、お昼ごはんプレート。
この画像がおかずで、その他に「さわのはな」の玄米ご飯と野菜スープがついています。

すべて、少しずつ頂いちゃいました。(4人で行ったので)
どれもおいしかったんですが、特に野菜のスープ、そして、シチューとベーグル、もう最高です。
ベーグルにつける「胡麻味噌」もおいしかったです。
詳しい内容は、一番下の画像を拡大してみてくださいね。

IMG_0124-1.jpg IMG_0127-1.jpg

IMG_0129-1.jpg
さてさて、私の大好きなマクロビ・スイーツも3種類ありました。
(すべて一人で食べたわけではありませんよ、くれぐれも)猫
「南瓜のベイクドプディング」と、「人参のパウンドケーキ」、「ふたばの逆さまコーヒーゼリー」の3つです。

さかさまコーヒーゼリーって、ちょっと意表を突かれました。
だって、名前からすると、「プリン」みたいに、型からはずすときに単に入れ物をさかさまにして、出した「コーヒーゼリー」と思うじゃないですか・・・
ところが、「型」からはずしてあるわけではなかったんですね。
では、何が「逆さま」なのじゃ〜〜??exclamation&question
それは、食べてからわかりました。
何と、「豆乳」のミルクの部分にコーヒーの香りがついているんですね。
だから、下のほうからもコーヒーの香りがするんです。
それに、普通はミルクが上にあるしね・・・
だから「逆さま」なんですね。
ちょっとというか、かなりびっくりがく〜(落胆した顔)しました。

IMG_0132-1.jpg
今日のメニューです。

マクロビパパさん、今日はご馳走様でした。
やはりひとつひとつが丁寧に作られているのがよくわかりました。
でも、ちょっとお願い・・・
それは、私たちは朝早く出てきたので、超お腹すいていました。
ご飯、大盛りにして〜〜〜どんっ(衝撃)

2008年10月06日

チューニョ・ハンバーグ

今日は、雨が降って寒いので、体が温まる陽性のハンバーグを作ってみました。
「チューニョ・ハンバーグ」です。

作り方は簡単ですが、材料の「チューニョ」と「チューニョ粉」が特殊です。
(1)水に戻したチューニョを一口大に切って、茹でた後、小さくみじん切りにします。
(2)玉ねぎのみじん切りを、塩と菜種油で弱火でよく炒めます。(3)1と2を合わせ、手前味噌を少し入れ、「チューニョ粉」を練りこみます。
硬さを見ながら、水を少し入れます。
(4)フライパンで(3)を整形し、こんがり焼き上げます。

IMG_0101-1.jpg
こんな感じです。
「あ〜〜!しまったどんっ(衝撃) 焦げちゃったあせあせ(飛び散る汗)
と思いましたが、チューニョとチューニョ粉が黒いので、真っ黒な感じのハンバーグになったんだとわかって、ほっと一息わーい(嬉しい顔)

さて、このハンバーグに、先日作った「南瓜のケチャップ」をかけて、いつものように「いただきま〜〜す」るんるん

これって、結構いけますねえ。
おいしいし、体が温まりますよ。晴れ

2008年10月05日

初「天然酵母パン」

ついに、タンボロッジの支配人が「天然酵母のパン」に挑戦しました。

先日、「駒止湿原」に行ったとき、途中の道で「山葡萄」を発見し、少しですが収穫してきました。
そして、葡萄をつぶし、「手作り米飴」を入れ、待つことおよそ5日間、ついに「ぶくぶく」と発行を始めました。ダッシュ(走り出すさま)
IMG_0099-1.jpg
いい感じの「ぶくぶく」加減です。
そして山葡萄の素晴らしい香りもしてきました。
このまま発酵させ、「ワイン」にしたい衝動を抑え(はあはあどんっ(衝撃))、パン生地に加え、発酵させました。

IMG_0105-1.jpg
パンをこねるタンボロッジの支配人です。
楽しそうですね。
きっとおいしくなりますとも・・・

IMG_0107-1.jpg
さて、完成です。
見た目はタンボロッジの全粒小麦のパンそのものですが、食べてみると・・・・

おいしい!! どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
これはすごいです。
何しろ、材料が素晴らしいですからねえ。
だって、「野生の山葡萄」と、「無農薬・無施肥のたむら農園の全粒粉」、そして「ハイソルト」なんですから。

2008年10月04日

たまり醤油でキンピラ

7月の終わり頃に仕込んだ「麦味噌」。
それを今頃、天地返しをしました。
その際、500cc位、上澄み液(たまり醤油)が取れました。
今日はその「たまり醤油」を使って、「玉ねぎとチューニョのキンピラ」を作ってみました。
IMG_0091-1.jpg
チューニョは、水に戻してから茹でて、キンピラに加えます。
麦味噌のたまり醤油なので、色が薄いですね。
でも、とってもおいしく出来ました。わーい(嬉しい顔)
これから寒い季節。台風
そんなときに、体を温める陽性の「玉ねぎとチューニョのキンピラ」、とてもよい「おかず」になるんですよ。
posted by 料理長 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2008年10月02日

舞茸の天日干し

なかなか晴れない秋の空もうやだ〜(悲しい顔)
でも、やっとこのところ晴れが続くようになって来ました。
そこで、もう最後になった「爺ちゃんの舞茸」を保存するべく、「天日干し」をすることにしました。
DSCN0080-1.jpg
キノコはマクロビオティックでは、陰性の食品で、体を冷やすといわれています。
でも、こうして「天日干し」をすることにより、少しではあるけれど、「陽性」に近づいていくんですね。
そして、乾くと、とてもいい香り揺れるハート
これはスープの出汁に、とても活躍してくれることでしょう。
このいい天気、しばらく続いてほしいな〜〜猫
posted by 料理長 at 11:09| Comment(3) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2008年10月01日

秋の駒止湿原

会津高原では、秋が次第に深まってきました。
そんな中、前々日の「ワッハッハベジタリアン料理教室inタンボロッジ」の後、残った木澤先生と私たち3人で、「駒止湿原」へ散策に出かけてみました。(月曜日の話です)

湿原に行く手前で、木澤先生が「山葡萄」発見どんっ(衝撃)
P9295781-1.jpg
で、さっそく少し収穫わーい(嬉しい顔)
これを使って、天然酵母を支配人が作ってみるそうですよ。
本当にうまくいくのかな〜〜??猫

P9295783-1.jpg P9295787-1.jpg

P9295791-1.jpg
すっかり秋の気配の駒止湿原です。
でも、まだ花が少し咲いていました。
「ミヤマリンドウ」、「ウメバチソウ」、「アザミ」などです。
寒くても、懸命に咲いています。
とてもきれいぴかぴか(新しい)

P9295802-1.jpg
秋の一日、広い湿原をのんびり散策しました。
あ〜〜気持ちよかったで〜〜す。るんるん
posted by 料理長 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳