2008年10月02日

舞茸の天日干し

なかなか晴れない秋の空もうやだ〜(悲しい顔)
でも、やっとこのところ晴れが続くようになって来ました。
そこで、もう最後になった「爺ちゃんの舞茸」を保存するべく、「天日干し」をすることにしました。
DSCN0080-1.jpg
キノコはマクロビオティックでは、陰性の食品で、体を冷やすといわれています。
でも、こうして「天日干し」をすることにより、少しではあるけれど、「陽性」に近づいていくんですね。
そして、乾くと、とてもいい香り揺れるハート
これはスープの出汁に、とても活躍してくれることでしょう。
このいい天気、しばらく続いてほしいな〜〜猫
posted by 料理長 at 11:09| Comment(3) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品