2009年01月04日

昼食&温泉へ

11月10日になりました。
ワンカイヨに戻った私たちは、お昼までのんびりし、昼食後にここから車で約2時間ほどいったところにある温泉に行くことにしました。いい気分(温泉)
この温泉は、いかにも「アンデスの秘湯」といった風情のある温泉です。

でも、その前にまずはお昼ご飯を頂くことにしましょう。
この日に行ったレストランは、このワンカイヨの町で一番古い老舗のレストランレストラン「オリンピコ」です。
ここは別にベジタリアンのレストランではありませんが、トラディショナルな「ペルー料理、ワンカイヨ料理」が食べられるんです。
ですから、「お肉」や「お魚」が入っていない料理を選べば、卵、乳製品OKの「ラクト・オボ・ベジタリアン(Lacto-Ovo Vegetarian)」の食事はので、気おつけて注文することにしました。

IMG_0658-1.jpg
これは前菜の「タマール」。
トウモロコシの粉を使い、蒸しパンのような感じの前菜です。
トウモロコシの皮に包んで蒸し上げる料理で、ペルーを始め、アンデスのあちこちで見かける、いわば「屋台料理」の代表格の食べ物なんですよ。

IMG_0665-1.jpg
これはやはりペルー名物、「パパイヤジュース」です。
パパイヤ100パーセント、とろみがあり、とてもおいしいです。
やはり標高の低い熱帯地方から持ってくるのですが、それが車で数時間で行けちゃうんですよ。
アンデスの豊かさを感じるトロピカルジュースですね。

IMG_0666-1.jpg
これは「ウチュクタ」と呼ばれる、アンデス独特の「薬味」です。
生の辛い唐辛子(ロコトというものを使います)を「バタン」と言う名前の原始的な石臼ですりつぶし、トマトや玉ねぎ、塩を入れたものなんですが、これがとても料理にあっていて、おいしいんですよ。

IMG_0668-1.jpg
こちらはワンカイヨの名物料理「パパ・ア・ラ・ワンカイーナ」という、茹でたじゃが芋の上に、クリーミーなソースをかけた料理です。
玉ねぎとにんにくと黄色い唐辛子「アヒ・アマリージョ」を炒め、牛乳とカッテージチーズを入れ、塩、胡椒で味をつけたソースをかけていただきます。
この料理は、ワンカイヨ出身のある女性が、ワンカイヨ近くの鉱山の食堂で、過酷な労働をしている労働者のためにカロリーの高い、しかも手近に手に入る材料で作ったのが最初だといわれています。
今ではペルーはおろか、ボリビアやエクアドルまで広がり、さながら「アンデスの郷土料理」となっています。

でも、さすがに「老舗レストラン」、歴史と地の利が生かされて、めちゃくちゃおいしいです。
このレストランの「パパ・ア・ラ・ワンカイーナ」は、私は世界一おいしいと思っています。
ワンカイヨに来たならば、やはり無理をしてでもこれをたべなっくっちゃ。

IMG_0671-1.jpg
これは「エンサラダ・デ・ルッサ」(ロシア風サラダ)という名前のサラダです。
何のことはない「ポテトサラダ」に「ビーツ」(西洋赤カブ)が入っているというものなんですが、どうもこの「ビーツ」を入れるから、「ロシア風」らしいです。
ビーツって、「ボルシチ」などのロシア料理によく使いますからね。
でも、ビーツ好きの私にはこたええられません。わーい(嬉しい顔)

さてさて、お腹も満たされたところで、温泉に行くことにしましょう。
IMG_0672-1.jpg
やってきました「アンデスの秘湯」。
この温泉、実は有名な女優「シャーリー・マクレーン」が書いた小説「アウトオンアリム」のシーンに出てくるんですよ。
彼女がスピリチャルな体験を求めて、ペルーを旅行した際に、実際に入ったことがあるらしいんです。

場所は、ワンカイヨから北上したところに「ハウハ」(Jauja)という町がありますが、そこからさらに「ラ・オロヤ」(La Oroya)という鉱山町に向かう途中の、「マンタロー川」の岸辺にあるんです。
地図はこちらを見てくださいね。

では、さっそく入浴しましょうね。いい気分(温泉)
何せ、前回のワンカベリカの温泉は、とてもぬるくて悲惨な思いをしたので、今回はよっくりと温泉を楽しもうと思います。。

でも、本当にシャーリーの小説にある通りの素朴な温泉です。
天井の明り取りの窓が少し壊れていて、そこから太陽のまぶしい光が線になって注いでいます。
マンタロー川のゆったり流れる音と、温泉のお湯が流れ出る小さい音、そして風の音しか聞こえません。
ゆったりとした時間が流れていきました。

IMG_0674-1.jpg<
静かな温泉にひと時です。
そんな静けさの中、私たちのはしゃぐ声がやけに大きく聞こえてしまいます。

ペルーでは、温泉は「個室風呂」を除いて、水着を着て入るのが常識です。
だから、水着を着ていますから、目をそむけずに見てくださいね。

IMG_0676-1.jpg
ここの泉質は「炭酸泉」ですが、温度が少しぬるい(33度くらい)ので、「シュワシュワ〜〜」と炭酸が湧いてきます。
太陽に光に照らされて、なんとなく「炭酸」の泡がお分かりいただけるでしょうか。
33℃というと、低いような気がしますが、体の冷えているところは温められ、逆に火照っているところは冷やされて、とても気持ちがいいんです。
まるで自分がそこの空気になってしまったかのように錯覚してしまいます。
静かな風が吹いていきました。

この泉質の温泉は、何でも日本と、ドイツと、ここペルーの世界3箇所にしかないという風に、現地の人が言っていました。
本当かどうかは疑問ですが、かなり貴重な温泉ということができるでしょう。
ちなみに日本では、九州の「長湯温泉」のラムネ温泉がこの温泉とそっくりな泉質でした。

IMG_0680-1.jpg
温泉のあとは、裏を流れている「マンタロー川」の岸辺で、みかんを食べてくつろぐことにしましょうね。
あ〜〜気持ちよかった〜〜〜わーい(嬉しい顔)
最高で〜〜〜す。
ペルーに来てよかったな〜〜手(グー)
posted by 料理長 at 11:42| Comment(17) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き

正月仕事(2)

毎年12月に支配人の実家の宮崎に里帰りしたときに、金柑を採って来ていました。
庭に、かなり大きい高さ4mにもなる金柑の木があって、毎年たわわに実をつけてくれるんです。

ところが今年は、アンデスに行っていたので、採れませんでした。
そうしたら、昨年の年末に、実家のお父さんが収穫して、送ってくれたんです。
IMG_2095-1.jpg
こんなにあります。(実際はこの3倍あります)がく〜(落胆した顔)
この金柑、果汁はすっぱいけれど、皮が甘く、とてもおいしいのです。
そこで、今日はこれを「金柑のマーマレード」にするべく、加工をしました。

地道に種を取り、果汁を搾り、細長く切っていきます。
それを鍋に入れて、上から手作り水飴をかけて一晩置くと、かなり「ペクチン」がでてきます。
それを煮込んで出来上がりです。

IMG_2097-1.jpg
どうですか、たくさんあるでしょ。(これ、8ℓの圧力鍋です)
そして、瓶詰めし、脱気殺菌しました。
小瓶で20本ほど出来ました。
これで今年もおいしい金柑のマーマレードが食べられますねえ。
うれし〜〜〜!わーい(嬉しい顔)

IMG_2111-1.jpg
ところで、こんなマクロビ・スイーツも作っちゃいました。
「金柑のチーズケーキ風」
あくまでも「風」ですので、チーズは使っていません。
さわやかな酸味で、すごくおいしく出来ました。るんるん

IMG_2119-1.jpg
さてさて、余分な金柑で、ただいま支配人が「金柑の天然酵母」に挑戦中です。
はたしてうまくいくでしょうか・・・・exclamation&question
結果がこのブログに出た時は、「成功」です。
でも、出なかったら・・・・
それは・・・支配人には内緒ですが、失敗したと思ってくださいね。モバQ
posted by 料理長 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品