2009年01月15日

幻のベジキャビア

ついにタンボロッジに「幻のベジタリアン・キャビア」が登場しました。exclamation×2
これ、本当に「幻」なんだから・・・
IMG_2184-1.jpg
ほらほら、まるで「キャビア」みたいでしょ。

これ、何から出来ていると思いますか?
これこそ今回の「2008年タンボロッジアンデス研修」の賜物なんです。
実は、これは「幻の黒キヌア」を使っているんです。
いったい「黒キヌア」とは何者なんでしょうか??
IMG_2178-1.jpg
これがその「幻の黒キヌア」です。

・・・「黒米」と同じように、ただの黒いキヌアじゃないかむかっ(怒り)
と言われそうどんっ(衝撃)

そうなんですけれど、皆様、黒いキヌアって、見たことありますかexclamation&question
そう、これはキヌアの原産国、ペルーでも、クスコ地方でしか手に入れることが出来ない「貴重品」なんです。
クスコの町でも、これを売っているお店は「たったの1軒」しかありません。
本当に貴重品みたいです。
値段も普通の「白いキヌア」に比べると、かなり高めですから・・・・

で、お味はと言うと・・・・
本物の「キャビア」も貴重品ですよね。
実は私、人生の中で「キャビア」を食べたのは、大昔に2度あるだけなんです。
だから・・・キャビアの味って、忘れてしまいました。猫
と言う事で、「キャビアに似ている味」かどうか、全然わかりません。モバQ
失礼いたしました。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

荷物を盗られた!!

11月19日の夕方になりました。
私たちは、ラパスから約800kmの町、世界遺産にもなっている「スークレ」に行くために、ラパスのバスターミナルに向かいました。
IMG_0887-1.jpg
ラパスのメインバスターミナルです。
結構大きいでしょ。(前の日に撮影した写真です。)

IMG_0888-1.jpg
いろいろなバス会社がこのバスターミナルから発着しています。

さて、夜の7時になりました。
スークレへ行くバスが発車します。
この日は、3列シートの寝台バスを予約してあったのですが、どうやらお客が集まらなかったみたいで、別の4列シートの寝台バスに振り返られてしまいました。(差額は返してくれましたが・・・)がっかり・・・もうやだ〜(悲しい顔)

そのバスで、私の着替えなどを入れたデイパックを盗まれてしまいました。
くやし〜〜〜パンチ
そう、ターミナルを出てから20分ほど走り、「エル・アルト」と呼ばれる、ラパスの標高4000mの下町の、ごちゃごちゃした一角にバスが止まったときのことです。
いろいろな乗客が乗ってきました。そして、降りたりしています。
その一瞬、網棚に載せておいた荷物がなくなっているではありませんか!!
そう、こういうバスでは、人が乗り降りするときに、網棚に荷物を載せてはいけないのが「鉄則」です。
しかし、つい魔が差してしまって、うっかり載せてしまったんです。
しまった〜〜〜〜!!!ちっ(怒った顔)
でも、もう手遅れです。
荷物はどこにも見当たりません。

まあ、着替えと防寒着のオーバーズボンと、電気かみそり、ボリビアのガイドブック、それに「梅肉エキス」くらいしか入っていませんでしたから、大勢に影響はないんですけれど、やっぱり悔しいですよね。ふらふら
「梅肉エキス」が一番悔しいかな。だって、こちらで手に入れることが出来ないんだから。
でもまあ、「携行品の保険」に入っているので、警察で証明書を書いてもらえば、金銭的には保証されるんで、あきらめることにしました。
でも、「盗むこと」って、本当に人に嫌な思いをさせるんですね。
犯人は、きっといい人生を送ることが出来ないでしょう。
だって、いつも人にこんなに嫌な思いをさせるんだから・・・・

さあ、気を取り直して、これからの旅行が楽しくなるようにしましょう。

IMG_1229-1.jpg
夜行バスのたまり場です。
ここは荷物を盗られた場所ではなく、夜食のために、深夜営業の食堂前に止まったところです。

IMG_0941-1.jpg
なんだかんだいっても朝になり、スークレに到着しました。
朝早かった(8時半くらい)にもかかわらず、ホテルは部屋を使わせてくれました。
泥棒の後、こういう親切に遭遇すると、本当に気持ちが和みます。
「捨てる神あれば、拾う神あり」、まさにそんな感じです。
いい人もいるので、安心しました。

IMG_0943-1.jpg
さてさて、落ち着いたところで、お腹がすきました。
そこで、ラパス名物のはずのサルテーニャを食べに行きました。

昔、ラパスの人に聞いたことがありました。
「サルテーニャ」というのは、アルゼンチンの「サルタ地方」から伝わったミートパイなので、ラパスだけではなく、スークレにもあるそうです
しかも、スークレのは「汁気」が少ないけれど、大きさもラパスより大きく、味が違うんだそうです。
そこで、そんなサルテーニャならば、ぜひ食べておきたいので、ホテルの人においしいサルテーニャのお店を聞いて、出かけてみたんです。

IMG_0946-1.jpg
おいしいですか〜〜〜〜?
・・・もちろ〜〜〜んわーい(嬉しい顔)

本当に、汁気が少なく、大きさも少し大きいです。
味は、ラパスのはかなり甘めでしたが、こちらのほうは少し控えめです。
どちらかというと、私はこっちのほうが好みでした。るんるん
この味、タンボロッジでも、ベジで再現したいと思っています。
posted by 料理長 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き