2009年01月24日

再びラパスのベジレストラン

11月24日、サルテーニャに満足した後、ホテルでお昼寝をして(午前寝)、やがてお昼になりました。
お昼寝と言っても、夜行バスで全然眠れなかったから、「爆睡」眠い(睡眠)眠い(睡眠)

でも、やはりお昼になるとお腹は空くものですねえ。
で、スークレに行く前に通ってしまったベジタリアン・レストランのバイキングを食べに行っちゃいました。るんるん

IMG_1241-1.jpg
前菜、スープのセットです。
野菜とり放題、やはりうれしいですね。わーい(嬉しい顔)

IMG_1242-1.jpg
スープは、麺が入った「ソパ・デ・タジャリン」です。
どれもこれもおいしいっexclamation×2

IMG_1244-1.jpg
メインディッシュの一つはこれです。
大豆蛋白の煮込み料理です。
まるでお肉が入っているかのようで、とても満足いきました。犬

IMG_1245-1.jpg
もう一つのメインディッシュはこれです。
アンデス名物「パパ・レジェーナ」
これは、アンデス風コロッケです。
マッシュポテトにオリーブ油で炒めた玉ねぎを混ぜ込み、小麦粉も入れてよくこねます。
それに中身を包んで「素揚げ」にしたコロッケです。
「パン粉」のような衣は付いていません。

IMG_1247-1.jpg
中はこんな感じです。
通常は味付けした挽肉などを入れますが、そこはベジタリアン・レストラン、味付けした豆とキヌアが入っていました。

でも、1個がでかいっどんっ(衝撃)
さすがにメインディッシュだけありますね。
おいしくいただきましたよ。
ちなみにこのバイキングの料金は、25ボリビアーノです。
(1ドル=約7ボリビアーノ)
posted by 料理長 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き

再び「サルテーニャ」を

11月24日の早朝(8時くらい)、台風寒い寒い台風夜行バスから私たちは再び首都のラパスに降り立ちました。
冷え切った体を温めるためには、しっかり朝食を食べたいところです。

「カージェ・ポトシ(Calle potosi)」という通りを歩いていると、人だかりが出来ている「サルテーニャ屋さん」(ボリビア特有のスープが入ったミートパイ)を発見exclamation×2
さっそく食べることにしちゃいました。るんるん
IMG_1232-1.jpg
焼き立てでおいしそうぴかぴか(新しい)
では「いただきま〜〜す」どんっ(衝撃)

IMG_1235-1.jpg
皮も「パリッ」としていて、中身もこんなにジューシーです。
凄いおいしさわーい(嬉しい顔)
ラパスで食べたサルテーニャの中で、今までで一番おいしかったです。

どんな人が作っているのかな〜〜〜
ちょっと厨房を覗いて見ました。猫
IMG_1237-1.jpg
「おうおうっ、作っているのはこの俺だぜexclamation格好よく写真を撮ってくれよexclamation×2

IMG_1238-1.jpg
「おうっexclamation俺たちも頼むぜexclamation×2

でも、一番手前の職人さん、いっぺんに2個ずつ中身をくるんでいるではありませんかexclamation×2(手元を見てね)
凄い技です。どんっ(衝撃)
こんなの私は絶対に真似できませんから。

IMG_1240-1.jpg
「私も撮っておくれexclamation
と言っているのはこのお店のオーナー兼焼き職人のお兄さん。
「凄くおいしい、ラパスでいちばんですよっるんるん
と私。

何と翌日、一人で出かけたKYさん、このお店でサルテーニャをおごってもらっちゃったそうですよ。
付いて行けば良かった・・・とちょっと後悔・・・モバQ
posted by 料理長 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き