2009年03月11日

冬水田圃

3月9日に、宮城県石巻市で「無農薬・無施肥・不耕起栽培」の自然農法でお米を作っている「遠藤さん」を訪ねました。
遠藤さんは、「ササニシキ」を作っていて、このお米はタンボロッジでも愛用しています。
ご飯に、米麹にと活躍中です。
やはり「もち」の遺伝子を入れた「コシヒカリ」と違い、「うるち」100パーセントですから、粘つかず、さっぱりした味わいで、とてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)

なので、タンボロッジでは、「コシヒカリ」と「ササニシキ」を料理に合わせて使い分けています。

IMG_2631-1.jpg
これが「冬季冠水田圃(冬水田圃)」です。
冬の間も、水を入れておきます。
そうすると、「水生昆虫」がずっとそこにいるので、春になるとまるで「耕した」みたいに、土がふかふかになっているそうです。
ですから、耕さずにお米が作れるんですね。
自然の力ってすごいどんっ(衝撃)
この「冬水田圃」には、2月中だと「白鳥」がやってくるそうですが、今はすでに帰ってしまったそうです。
見れなくて残念。もうやだ〜(悲しい顔)

でも「無農薬・無施肥」のおいしいササニシキ、たくさん仕入れてきましたよ。わーい(嬉しい顔)

★・・遠藤さんのホームページはこちらです。
posted by 料理長 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳