2009年04月30日

カボチャの「ロクロ」

カボチャの「ロクロ」
、これはアンデス料理をマクロビオティックにしてみたものなんです。
「ロクロ」とは、ドロッと煮込んだ料理のこと。アンデスではそう呼んでいるんです。

IMG_3100.JPG
こんな感じです。
見た目はまるで「カボチャのカレー」みたい・・・モバQ

今頃カボチャがある・・・
そんなはずはありません。
実はこれ、今年の初め頃に、少しあまり気味のカボチャをペーストにして、脱気殺菌して瓶詰めして保存したものを使ったんです。

IMG_1691-1.jpg
こちらは本場ペルーでいただいた、同じ名前の料理です。
もちろんベジタリアン・バージョンです。
似ているでしょ。るんるん
posted by 料理長 at 23:21| Comment(3) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2009年04月28日

薪作り、終了!

万歳〜〜〜〜exclamation×2
薪作りが終了しました。わーい(嬉しい顔)
IMG_3096.jpg
これで今度の冬の備えもばっちりです。るんるん

今年は、昨年の11月〜12月にかけて、アンデスに行っていたために、ほぼ2ヶ月間薪を使いませんでした。
だからいつもの年より楽だったんですね。
1週間で終わることができたんですから。
なにはともあれ、うれしいな〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)
今日はビールでビール〜〜〜乾杯〜〜〜〜ビール
posted by 料理長 at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年04月27日

桜の花の塩漬け(2)

桜の花の塩漬けが完成しました。

IMG_3087.JPG
まずは仕込んでから2日後に、ざるにあげて「陰干し」しました。
この時点で「桜」のいい香りるんるん
春の喜びを感じます。

IMG_3093.JPG
1昼夜「陰干し」の後、さらに塩をまぶして瓶詰めしました。
これでだいぶ長持ちするはずです。

春遅い会津高原。
やっとちらほら桜が咲き始めた感じです。
もっと手近なところでも採取して、また作ってみたいな〜〜ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年04月25日

桜の花の塩漬け(1)

昨日、田島の町にちょっと出かけてみたら、桜が満開でした。
すごく綺麗ぴかぴか(新しい)
さすがは会津高原、今頃やっと満開なんですから・・・

ちょっと手を伸ばすと採取できそうな桜を発見ひらめき
今までなかなかできなかった「桜の花の塩漬け」を作ろうと、一生懸命採取してきちゃいました。猫

IMG_3080.jpg
こんな感じです。
この量の2倍ほどあります。

さて、軽く水で洗い、塩をまぶして重りを乗せておきました。
3日後には陰干しし、もう一度塩をまぶして完成するはずです。
楽しみだな〜〜〜るんるん
posted by 料理長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年04月24日

つくしの佃煮

春遅い山里にあるタンボロッジ。
やっと「つくし」が顔を出しました。

さっそく佃煮に・・・
IMG_3079.JPG
おいしかったです。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2009年04月23日

豆板醤完成

昨年の7月に仕込んだ「豆板醤」。
早く食べたかったので、麹を多めにして仕込んだのですが、最近味を見てみたら・・・・

とてもおいしいどんっ(衝撃)(手前味噌ですねえモバQ

そうです、ついに完成したんです、念願の無農薬豆板醤がどんっ(衝撃)

豆板醤って、いろいろ探したけれど、無農薬のものを見たことがありません。
そこで自分で仕込んでみたんです。
でも、最近どうも「激辛どんっ(衝撃)」が苦手になってきたので、「辛さ控えめ」の配合にしてみました。
IMG_3068.jpg
辛さ控えめなので、色が少し地味ですね。
でも、しっかり「豆板醤」の味ですってば。

IMG_3077.JPG
でもって、さっそく念願の「ベジ明太子」を作っちゃいました。
アマランサスを使っています。
これもおいしいですよ。

(今回は自慢ばかりですいません猫


ソラマメの季節が近いので、皆様が作れるように、作り方を書いておきましょう。


タンボロッジ風、即醸豆板醤の作り方・・・・


(材料)
ソラマメ・・・300g(茹でて、皮をむいておく)
米麹・・・・600g
自然塩・・・180g
糖度が高い唐辛子・・・35g

(作り方)
(1)・唐辛子はフライパンで弱火で香ばしくなるまで乾煎りする。
(2)・ソラマメは、マッシャーなどでよくつぶす。
(3)・すべての材料をよく混ぜ、「カメ」などに入れ、味噌と同じように寝かせます。

★少なくとも、ひと夏は越したほうがいいと思います。
★辛さは好みで唐辛子の増減で調節しましょう。

こだわりの「糖度が高い無農薬唐辛子」は、こちらのサイトで扱っています。
posted by 料理長 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2009年04月22日

ホルモン天婦羅

今日、「ホルモン天婦羅」を作りました。

「ホルモン・・・」わけがわかりませんねえ。

関西名物「ホルモン焼き」、
語源は何でも、“捨てて”しまう「内臓」を使うことから
「捨てるもの」=「ほうる物」=「ホルモン」となったとか・・・・

ですから、通常は捨ててしまいがちなおいしいところを使った「天婦羅」なので、「ホルモン天婦羅」・・・
なんだか紛らわしくて怪しい言葉です。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

でも、とてもおいしいんだもんるんるん

IMG_3074.jpg
何を使ったかというと、
長ネギのつぼみ「葱坊主」
同じく長ネギの「髭根」
里芋の「皮」

長ネギの葱坊主は、ほとんど「アスパラ」感覚です。
とてもおいしいexclamation×2
髭根は、薄めに平たく「カリッ」とあげると、パリパリ食べられて、とても素敵です。
何でも「糖尿病」の薬になるとか・・・
そして里芋の皮。
わざと厚めに剥いて揚げると、かりっとしていて、中身はほっくりしていて、とてもリッチです。

どうぞ皆様、おいしいところを捨てないでくださいね。猫
posted by 料理長 at 20:49| Comment(8) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2009年04月21日

薪作り開始!

ついにタンボロッジで最も重労働の季節がやってきました。ふらふら

その重労働とは・・・薪作りです。

IMG_3048.JPG
やってきました薪用の楢の木。
これが結構重たいんです。もうやだ〜(悲しい顔)
かなり太いのも混じっているな〜〜〜どんっ(衝撃)
でも、来シーズンの冬も暖かく過ごすために、ファイト〜〜〜1発〜〜〜〜手(グー)

IMG_3057.JPG
さあ、がんばって薪割をしましょうか。
薪割り機もあることだし・・・・
posted by 料理長 at 10:59| Comment(3) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年04月20日

今頃チューニョ作り

村のおばあちゃんに、自家用のジャガイモで使いきれなくなってしまったものをたくさんいただきました。

IMG_3033.JPG
もう芽が出始めています。
それに、こんなに緑色になっちゃって、どうしよう・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ジャガイモは、春になると有毒物質の「ソラニン」や「カコニン」が増えるんです。
出てきた芽や、薄い光に当たって緑色になったところなどに特に多くなるんです。
そんなときに、凍結させ、解凍して水分を絞り、乾燥させると、水溶性のこの毒が、すっかり抜けてくれるんですね。
そこで、今頃そのチューニョ作りをしちゃいました。

こんなに緑になったところや、芽の部分があってもへっちゃらです。
すべて毒は抜けてくれるんですから。

今頃になると、さすがに冷凍庫で凍結させなければいけません。
冷凍庫にはそんなにたくさん入らないから、2回に分けて入れました。
IMG_3036.JPG
そして晴れ春の日差しが照りつける日に外に出し、解凍します。
午後にはすっかり解けて、ジャガイモの脱水ができました。

IMG_3049.JPG
そして翌日、(一昨日です)これまた晴れど快晴。
気温もぐんぐん上がり、絶好のチューニョ干し日和です。
一気にこんなに縮みました。
さすがに春の日差しはエネルギーに満ち溢れていますね。
たった3日でできちゃいました。
素晴らしいexclamation×2

2009年04月19日

ふきのとうクリーム

昨日のマクロビ・スイーツの付け合せに、「ふきのとうクリーム」を作ってみました。
なんだか聞きなれなくて、びっくりしてしまいますよね、ふきのとうクリームなんて。

それは、1月にタンボロッジに来られたミノリアンさんのアイデアを、アレンジしてみたんです。

春になったらタンボロッジではよく食べる「蕗味噌」。
それを、豆腐のクリームに入れてみたんです。

果たして、おいしいでしょうか???・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_3051.JPG
米粉のロールケーキの傍らに、搾り出したほんのり緑色のクリーム。
それがうわさの「ふきのとうクリーム」です。
豆腐のクリームに、ほんの少しの「蕗味噌」とオリーブ油を混ぜて作りました。
少し苦くて、蕗の香りがして、なんだか早春を思わせるクリームです。
これをおいしいと思うか・・・・
人により、評価が分かれそうな感じです。
自分的には、結構おいしいと思いましたが・・・猫
posted by 料理長 at 20:49| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ