2009年06月30日

「わけぎ」の根

「わけぎ」の根って、おいしいです。
皮をむいて、さっと茹でて、もうそれだけでおいしい。exclamation×2

中心がまるで、「ユリ根」のようにちょっとホックリしていて、そして外側は、やさしいネギの甘さと香り・・・・
なんとも言えません。ぴかぴか(新しい)

IMG_3548.JPG
昨日は、梅酢にからめてみました。

なんだか見た目は、「ラッキョウ」みたいですね。猫
posted by 料理長 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2009年06月27日

米粉のシフォン

IMG_3542.JPG
昨日、久しぶりに、ベーキングパウダーを使わない「米粉100%のマクロビ・シフォンケーキ」を焼きました。

前日に、こだわりのと豆腐屋さん「豆腐屋おはら」さんから、「濃い豆乳」を取り寄せたからなんです。
ここの豆乳を使うと、本当にふわっとしたシフォンができるんですよ。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 10:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2009年06月25日

梅仕事

今日、和歌山県の無農薬農家から、紀州の梅が届きました。

で・・・
梅干大好きの支配人が、梅干を作るべく、加工に挑戦します。

IMG_3537.JPG
いっぱいあるのですが、地道にぼちぼちやりましょうね。

がんばってね〜〜〜手(グー)
posted by 料理長 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年06月23日

味噌樽が届きました。

注文したのが2月頃。
4ヶ月待ちで手に入れた「味噌樽」なんです。

IMG_3518.JPG
じゃ〜〜〜〜んexclamation×2
これに味噌を詰めて熟成させます。
おいしくできること、間違えなしですね。るんるん

実はこの樽、かなりのこだわりです。
接着剤などの化学物質は一切使っていません。
昔ながらの「竹の釘」を使っています。
材料はすべて国産です。
そして「塗料」も塗っていませんから、安心して使えますね。

このこだわりの樽は、岩手県の早池峰山の麓の桶職人、「南部桶正」さんに作っていただきました。


ところで皆様、「桶(おけ)」と「樽(たる)」の違いってご存知でしょうか??exclamation&question

実は、「桶」が「柾目」の板を使い、「樽」は「板目」の板を使うんです。
「柾目」と「板目」。
下の写真を見てくださいね。
IMG_3519.JPG IMG_3525.JPG
写真左が「板目」、右が「柾目」です。

または、「ふた」がないのが「桶」で、ふたがあるのが「樽」と言う説もあるようです。

いずれにせよ、「水分」が染み出ていかない構造の「板目」の樽に、漬物や味噌、しょうゆなど長期間寝かせるものを使います。
そして、水分が蒸発してもかまわない、風呂とかお櫃、などに「桶」を使うんですね。
posted by 料理長 at 10:17| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年06月22日

玄米寿司

IMG_3511.JPG

久しぶりにまかない食で「玄米寿司」を食べました。
作ったのは支配人です。

「寿司」って、外食すると必ず「砂糖」が入っているし、そもそもベジタリアンが食べられるネタが少ないので、まず行くことがないんです。
そして、海苔巻きなんて、本当になかなか作らないので、超おいしく感じました。
「かんぴょう」なんて、相当久しぶりでしたから・・・もうやだ〜(悲しい顔)

後ろにあるのは自家製こんにゃくから作った「ベジうに」の軍艦です。
これもいけますよ。るんるん
posted by 料理長 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2009年06月21日

ワイルドストロベリーのショートケーキ

IMG_3508.jpg

ワイルドストロベリーのショートケーキを作ってみました。

タンボロッジの庭にあるワイルドストロベリーは、今が盛りになりました。
しかし、一気に採れるものではないのです。もうやだ〜(悲しい顔)
要するに、少しずつしか実がなりません。
赤い実の傍で、まだ花が咲いてたりするくらいですから・・・・
だから、めちゃくちゃたくさん使えないのがたまにきず・・・・どんっ(衝撃)
(根性なしだから、あまりたくさん集められないモバQ

でも、できる限り集めて、作りました。exclamation&question

おいしかったですう〜〜〜わーい(嬉しい顔)

スポンジの生地は、もちろん米粉です。
クリームもお豆腐のクリーム。
真ん中に、たっぷり(と言いたいけれど、本当は「ちょっぴり」)のワイルドストロベリーがはさんであります。
今回も小麦フリーのマクロビ・スイーツに仕上げました。るんるん


ところで、「ショートケーキ」って、「短いケーキ」と思っていました。
でも、どこが短いんや??exclamation&question

で、調べたら、よくわかりました。
「shortcake」というんですね。
ここに詳しく出ています。

知らないということは、恐ろしいな〜〜〜〜ちっ(怒った顔)
posted by 料理長 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2009年06月19日

古代米の水飴

超贅沢、なんという大胆さ・・・どんっ(衝撃)

古代米の黒米を100%使った贅沢な水飴をつくったったもんね。わーい(嬉しい顔)

IMG_3502.jpg
どうですか、色も真っ黒。

味はというと・・・・・・
おいしいおいしい「カラメルシロップ」という感じです。るんるんるんるん

IMG_3411.jpg
さてさて、それを「ペルー風、ココナッツプリン」にたっぷりかけて、
いただきま〜〜〜〜す。ぴかぴか(新しい)

あ〜〜〜おいしいですよ〜〜〜んexclamation×2
手(グー)
posted by 料理長 at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年06月18日

ワイルドストロベリー

タンボロッジの庭の小さい苺の「ワイルドストロベリー」。
やっと赤くなり始めました。
IMG_3498.JPG
本当に小さいけれど、とてもおいしいんです。るんるんるんるん

IMG_3489.JPG
さっそく「マクロビ・スイーツ」に飾りました。
山ツツジとともに、きれいな赤が映えますね。ぴかぴか(新しい)

さあ、これからワイルドストロベリーの季節を楽しみましょう。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2009年06月16日

第2回ワッハッハベジタリアン料理教室inタンボ・ロッジ

この前の土曜日は、第2回、ワッハッハベジタリアン料理教室inタンボロッジということで、タンボロッジでのマクロビオティック料理教室が開かれました。

第1回目の様子は、こちらをどうぞ。

先生は、東京で「ワッハッハベジタリアン料理教室」を主宰しておられる「木澤先生」をお招きしました。
この日は、マクロビオティックの基本から、ちょっと変わったご馳走まで、いろいろと作りました。

IMG_3459.JPG
まずは、先生によるレクチャーから。
マクロビオティックのお話です。

IMG_3465.JPG
さて、始まりました。
みんなで先生と一緒にいろいろな料理を作ります。
作りながら学んでいきましょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということで、できました。(早すぎますね、この展開は・・・モバQ
みんなで作った料理が今日の夕食です。
IMG_3471.JPG
手前下から、時計回りに・・・
「白チューニョの豆ミート揚げ、豆乳クリーム添え」
「じゃばらきゅうりの浅漬け」
「大根の赤ジソ梅酢」
「高野サンドの2色揚げ」
「大根おろしとズッキーニ」

後ろのお皿、左から・・・
「スナックエンドウとしめじのマスタードみそ和え」
「麻の実葛豆腐」
「だいこん、人参のぬか漬け」
です。
これにお味噌汁と玄米ご飯を作りました。

すごいご馳走・・・わーい(嬉しい顔)

IMG_3476.JPG
今回は、特別に「タンボロッジ特製、白チューニョ」を使っていただきました。
アップで見ても、衣に覆われていて、白チューニョが見えませんね・・・モバQ
でも、とてもおいしかったです。

みんなでご馳走をいただいた後は、例によって夜遅くまでマクロビオティック談義に花が咲きました。
食用の方法とか、望診の話まであり、楽しく、ためになるひと時を過ごしました。


そして翌朝は、これもマクロビオティックの朝食をいただきました。
IMG_3481.JPG
玄米粥と、漬物、玉ねぎのキンピラ、もずく、そして人参ジュースです。

今回もまた楽しく過ごすことができました。
参加してくださった方々、どうもありがとうございます。
そして木澤先生、お疲れ様でした。
おかげで本当にためになる有意義な時間をすごすことができました。
マクロビオティックって、楽しいですね。


第3回目は、秋深まった頃に考えております。
皆様、また参加してね。猫
posted by 料理長 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2009年06月13日

シュッ、シュークリーム!

卵もバターも牛乳も、ベーキングパウダーさえも使わない「ベジシュークリーム」に挑戦どんっ(衝撃)

さて、どうなるでしょうか・・・・・猫

IMG_3453.JPG
なんとなくそれっぽい手(グー)

IMG_3455.JPG
しかし、中が空洞ではなかった・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

中を空洞にしたしもうやだ〜(悲しい顔)
なんとしてでもやり遂げたいです。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 09:23| Comment(3) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ