2009年08月12日

再びブルーベリー酵母

今日、再び「無農薬・無施肥」の「たむら農園」さんから、野菜とともに、ブルーベリーが届きました。るんるん

IMG_3928.JPG
前回、おいしかったのに気を良くして、再び「米粉の天然酵母パン」を焼こうと思い、酵母を起こしてみることにしました。猫

起こすなんて言っても、水にブルーベリーを浮かべ、自家製米飴をてきとーに入れ、ただただ待つだけなんですけれど。モバQ

さて、何日先に「天然酵母の米粉パン」が焼けるでしょうか・・・・
乞うご期待と言ったところですね。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2009年08月11日

ミノリアンTシャツ

九州にあるおいしい美味しいべジレストラン「ミノリアン」。
そこがオリジナルTシャツを作りました。
予約してあったんですが、それが先日届きました。

IMG_3915.JPG
ラッピングが、まるで「お菓子」みたいでかわいい。
フォークとスプーンのクッキーまで付いています。
うれし〜〜〜わーい(嬉しい顔)

IMG_3916.JPG
イェ〜〜〜イ!!どんっ(衝撃)

IMG_3919.JPG
さあ、料理を作るぞ〜〜〜〜どんっ(衝撃)

デザインを見ているだけで、なんか「腹減ったな〜〜〜」モバQ
posted by 料理長 at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年08月10日

南インド、ベジタリアン料理の夕べ

この前の土曜日(8月8日)はタンボロッジのイベント
「第2回、南インド、ベジタリアン料理の夕べ」の日でした。

この日は、マクロビオティックを実践されていながら、南インドにはまってしまって通いつめたというユニークな履歴をお持ちの、東京で「、「ワッハッハベジタリアン料理教室」を主宰されている木澤チアキさんをタンボロッジにお招きし、本格的な南インドのベジタリアン料理を作っていただき、それをみんなで食べつくそうという、なんとも贅沢な催しです。

IMG_3899.JPG
さて、料理を目の前にして、木澤さんの「南インドべジ料理」のお話です。
みんなもうお腹が「グ〜〜〜どんっ(衝撃)

インドでは、「オードブル」「スープ」「メインディッシュ」などの「コース料理」などの習慣はなく、全部を一斉に並べて食べるそうです。

では、今回も、おいしい「南インド、ベジタリアン料理」を、いただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)

IMG_3895.JPG
「サモサ」と「トマトのチャツネ」です。
インド版、「べジ揚げパイ」です。
米飴で甘さをつけた、トマトチャツネがたまりません。
もうめちゃくちゃおいしいです。るんるんるんるん

IMG_3902.JPG IMG_3907.JPG
写真左・・・「トマトライス」を真ん中に、左が「南瓜と小豆のマサラ」、右が「キャベツのクート(野菜とダルのスパイス煮)」。
写真右・・・「トマトとズッキーニのライタ(豆乳ヨーグルト味)」です。
これを一緒に食べるんです。

これだけの「南インド・べジ料理」、なかなか日本では食べられませんよ。
材料も最高のオーガニックのものばかりを使っていますし・・・
とてもおいしいです。

みんなたくさん、お代わりもして、おなかいっぱい食べました。

料理自体は「陰性」系の料理ですけれど、暑い夏にはもってこいですからねえ

IMG_3912.JPG
実はこの日、私の誕生日でした。
そこで、「Aさん」からおいしい差し入れが・・・・・
宇都宮のマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」のマクロビ・スイーツです。
Aさん、ありがとうございます〜〜
とても、そしてすご〜〜〜〜くうれしいですうれしいです。exclamation×2exclamation×2exclamation×2
そしておいしいっexclamation×2

さらに、いろいろな方からプレゼントをもらっちゃいました。猫
こんなにしてもらって、いいのかな〜〜〜と思うくらいにうれしいです。

皆様、本当にありがとうございました。
この日はとてもうれしい一日でした。るんるんるんるん

誕生日って、いくつになってもうれしいもんですね。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2009年08月07日

トマトケチャップ

晴れ
トマトが美味しい季節ですね。
そんな季節に、無農薬の加工用トマト「サンマルツァーノ」を手に入れました。
「サンマルツァーノ」は、よく缶詰なんかで売られていますよね。
縦長のイタリアントマトの一種です。

IMG_3887.JPG
晴れ真っ赤に熟したおいしそうな「サンマルツァーノ」。
そのまま食べてみたいくらい。るんるん
でも、基本的には「生食用」ではないので、(加熱用)生で食べても感激する味ではありません。もうやだ〜(悲しい顔)
でも、加熱するととてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)
果汁が少なく、果肉が多いんですね。
だから、「トマトケチャップ」には最高に向いているんですよ。手(グー)

IMG_3890.JPG
今年の3月に仕込んだ「ハーブ梅酢」。
布巾でこして、「ビネガー」(お酢)の代わりに使います。

まあ、トマトは「陰性」だから、少しでも中和するために「陽性」の梅酢を使いたかったからなんです。
でも、この「ハーブ梅酢」、とてもおいしいですよ。るんるん

IMG_3891.JPG
さて、出来ちゃいました。わーい(嬉しい顔)

なお、トマトケチャップの詳しい作り方は、「こちら」を見てくださいね。
その中で、「ハーブビネガー」に使う「お酢」を、今回は「梅酢」にしてみたんです。

なかなかおいしい「マクロビ・トマトケチャップ」の完成です。手(チョキ)
posted by 料理長 at 14:00| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年08月05日

ブルーベリーのソース

ブルーベリーのおいしい季節ですね。

ところで、ブルーベリー、使い方は甘い料理だけだと思っている方はいませんか?exclamation&question

実は、その甘さに塩を入れ、ソースにしてしまう「目から鱗」料理がペルーの南部のアレキーパという町にあったんです。

白身魚に野菜を重ね、ブルーベリーソースでいただくんです。
IMG_2032.JPG
じゃじゃ〜〜〜んexclamation×2
これがその料理です。(名前を忘れた…モバQ
これは、アレキーパのトラディショナルと創作料理のレストラン「ニナ・ヤク」というお店でいただきました。

ペルーでは、ブルーベリーのことを「サルコ」と呼んでいます。
その「サルコのソース」(サルサ・デ・サルコ)のおいしい料理です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その印象があまりに強かったので、真似っこしてタンボロッジでも作ってみました。
IMG_3880.JPG
白身魚を「厚揚げ」に置き換えて、たむら農園の「無農薬・無施肥のブルーベリー」を使い、ちょっと贅沢なオードブルです。

オリジナルに似ているでしょっexclamation×2(ちょっと自慢猫) わーい(嬉しい顔)

「なんだ、物真似だけじゃねーか」なんて言わないでね。モバQ
だって本当においしいんだもん。るんるん
posted by 料理長 at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2009年08月04日

パッションフルーツ

千葉県で無農薬の農業をやっている「アケミガルデン」さんから、無農薬のパッションフルーツが届きました。
IMG_3842.JPG
色もきれいで、とてもいい香り!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_3865.JPG
さっそくマクロビ・スイーツに、変身どんっ(衝撃)

「パッションフルーツのチーズケーキ風」(写真左)を作りました。
チーズケーキ「風」というのは、もちろん「チーズ」を使っていないからです。
「豆腐」「麻の実」「味噌」「梅酢」「米飴」などを使いました。

そしてトッピングには、パッションフルーツの種を散らしました。
この種も、まるでおせんべいの「柿の種」のような食感で、バリバリ食べられてとてもおいしいです。

あっ、左に写っているのは、最近開発した「べジ・シュークリーム」ですよ。


実はこのチーズケーキ風、ペルーで食べた物をパクッたものなんですよ。モバQ
オリジナルは、下の写真です。
cusco2.jpg
ほとんど同じものみたいですが、オリジナルはもちろん、「チーズケーキ」です。
posted by 料理長 at 10:31| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2009年08月03日

ゆっくり育つ「ナスタチューム」

タンボロッジの庭に植えた「ナスタチューム」。
アンデス原産で、暑さに弱いこともあり、実にのんびりと育っています。

IMG_3854.JPG
今やっとこんな感じです。

がんばって育ってほしいです。

でも、もっと春の早い時期に植えておけばよかった・・・・・
と、後悔しきりです。モバQ

IMG_3850.JPG
アンデス・マクロビオティック料理に飾ってみました。
まだまだ葉っぱが少ないので、一皿に1枚だけです。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、ワサビっぽい風味がたまりません。
もっとたくさん使いたいよ〜〜〜〜猫
posted by 料理長 at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年08月01日

ブルーベリー酵母の米粉パン

無農薬・無施肥のたむら農園のブルーベリーを使い、酵母を起こしてみました。

米飴と水、ブルーベリーを入れて待つこと、およそ3日間。
プクプクといい感じになりました。ダッシュ(走り出すさま)

そこで、この「液種」を使い、100パーセントの米粉パンを焼きました。

IMG_3829.JPG
半分はプレーンで、半分にブルーベリーのジャムを入れて、ブルーベリー酵母の「天然酵母米粉パン」の出来上がり〜〜〜るんるん
色もとても鮮やかできれいです。

前回のスモモ酵母よりも少しもっちりしていて、すごく美味しくできました。ぴかぴか(新しい)
うれしいです〜〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 13:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン