2009年10月30日

しつこくメンテナンス

晴れ台風一過の秋晴れが続きますね。

そんな中、台風とは関係ないんですが、タンボロッジの屋根が傷んでいるところを発見ひらめき
これはなおさなければ・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

そう、高いところはおっかないですからねえ。ふらふら

でも、これをやらねばいけません。
何しろ、素人の自分たちで建てたログハウスなんですから、タンボロッジは。

IMG_4511.JPG
う〜〜〜どんっ(衝撃)
おっかね〜〜〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)
屋根の修理は「やーねー」・・・なんちゃってモバQ

でも、鉄板を葺いてくれた屋根屋さんと協力して、なんとか今日無事に終わりました。
ほっとしますねえ。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年10月29日

紅玉

会津若松のオーガニック農園「白井農園」さんから、低農薬のリンゴ「紅玉」が届きました。
IMG_4490.JPG
真っ赤できれいですね。ぴかぴか(新しい)
最近「紅玉」は酸味があるので生食用には人気がりません。
だから、紅玉の木が減ってしまい、なかなか手に入らなくなってしまいました。
でも、「白井農園」さんは大丈夫exclamation×2
50本近くあるそうですよ。手(グー)

お菓子用にはこの「紅玉」は欠かせません。
そこで、タンボロッジでは10Kgの紅玉を取り寄せて、加工することにしました。

使う材料は、「自然塩」と「紅玉」だけ。
すごくシンプルな「塩リンゴのジャム」を作ります。

IMG_4492.JPG
せっせとリンゴの皮をむき、8等分にして芯を除き、細かめに切って塩をまぶし、大きいお鍋でことこと煮ます。

塩をまぶすと、果汁が出てくるので、弱火でかき回しながら煮ると、焦げません。

IMG_4509.JPG
出来上がった「熱々」のものを瓶に詰め、脱気殺菌して出来上がり。
中瓶で16瓶ほどできました。
あ〜〜〜地道な一日仕事でした。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

来月は、この地道な仕事、「洋梨」と「王林」でやるんです。
さすがに「実りの秋」ですね。
タンボロッジの地道な仕事が続きます。猫
posted by 料理長 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年10月27日

山梨へ(4)

薪ストーブ設置の重労働から解放された翌日は、私たちのリフレッシュタイムでした。
そこで、まず向かったのは、明野にある天然酵母のマクロビオティックパン屋さん、「アリコヴェール」。
こちらで美味しいランチをいただきました。

IMG_4432.JPG
最近アリコヴェールにやってきたという骨董品のカマド。
何やらそれで料理しているみたいです。
さて、どんなランチが食べられるのかな〜〜〜
楽しみです。るんるんるんるん

IMG_4439.JPG
じゃじゃ〜〜〜〜んexclamation×2
「べジバーガーランチ」です。

ベジバーガー2種
春菊、大根、人参とレンズ豆のサラダ
春菊ゼリー
さつまいもと里芋のだんごきな粉あえ
そして、かまどで作った「ひよこ豆のリゾット」と、同じくかまどで作った「きりたんぽ鍋」。

おいしくておいしくて、とてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_4442.JPG
こちらがその「ひよこ豆のリゾット」。

IMG_4446.JPG
そして、マクロビ・スイーツは「カブのババロア」です。
カブって、スイーツに使ってもおいしいです。
新たな発見ひらめき

そしてこのあと私たちは、近くの癒しの里で「酵素風呂」に入り、すっかりリフレッシュしました。わーい(嬉しい顔)

2009年10月26日

かぼちゃのモンブラン

秋真っ盛り。リゾート
ということは、かぼちゃの季節ですね。

山栗も終わったことだし、かぼちゃのモンブランを作ってみました。

IMG_4501.JPG
ベースはもちろん、ベーキングパウダーを使わない米粉のマクロビ・スポンジ生地

なんだか黄色い色がとてもきれいですね。ぴかぴか(新しい)
自分でも気に入っています。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

山梨へ(3)

前回の続きです。

さて、この日は結構なマッチョ仕事です。
何しろ98Kgもある薪ストーブを運び込み、設置しなければいけません。

このストーブをつけるお家は、入り口から階段があり、まあほぼ2階に運び込むという感じなんです。
男手3人とタンボロッジの支配人の4人で「ファイト〜〜1発どんっ(衝撃)

かなりしんどい仕事でした。
なんだか腕が筋肉痛になりそうもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_4428.JPG
さて、ログハウスの壁に煙突を通す穴を開けます。
ところが、ログの間に「鉄筋」が入っていて、それを切るのに一苦労(はあはあ)ダッシュ(走り出すさま)

でもって、やっと暗くなるころに設置が終わりました。わーい(嬉しい顔)

IMG_4429.JPG
初焚きです。
これでほっと一息。

夕食は、山梨名物のほうとうのマクロビバージョンを友人が差し入れてくれました。
それがすごい量exclamation×2
おなかがはち切れそうなくらいに食べまくりました。
だって、今日はよく働いたもん。猫
腕も筋肉痛になりました。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年10月24日

山梨へ(2)

キッチンカンナでお昼を済ませた私たちは、一路、山梨へと向かいます。
途中「上野原」で高速を降りて、ちょっと寄り道ぴかぴか(新しい)

今年の9月に見学させていただいた「戸塚醸造店」に寄りました。
こちらでは、今では貴重になった手作りの天然醸造純粋米酢を作っています。
しかも、原料のお米は無農薬です。

マクロビオティックではあまりお酢は使いません。
でも、日本の伝統食だし、ポイントで少し使うとぐっとおいしくなる時があるんです。
こんなにおいしいお酢を使わないのはなんだかもったいないexclamation×2
ということで、タンボロッジでは、少し使うときがあるんです。
だから、今回は「仕入れ」を兼ねての寄り道です。

IMG_4422.JPG
ちょうど「麹」を仕込んでいる最中でした。
なかなかいい麹ができたそうです。
これがお酒になり、そしてお酢になるんですね。

IMG_4484.JPG
これがその「戸塚醸造店」の「心の酢」。
今回は特別に、甕の下に沈んでいる「酒粕」の部分も一緒に入れてもらいました。
さながら「濁り酢」といった雰囲気です。
でも、こちらの「濁り酢」、相当美味しいですよ。るんるん
タンボロッジでも販売コーナーに置いておこうと思っています。

今回は特別に私たちの願いをきいてくださり、「濁り酢」を瓶詰めしてくださった戸塚さん、ありがとうございました。
また利用させていただきたいと思います。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年10月23日

紅葉、きれいです。

IMG_4480.JPG

だんだん寒くなる会津高原。
そろそろ紅葉の見ごろを迎えています。
秋の夕日に照らされて、山が燃えているexclamation×2
あと1週間くらいは楽しめそうです。ぴかぴか(新しい)
(写真・・・里から眺める「佐倉山」)
posted by 料理長 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

山梨へ(1)

10月20日から昨日まで、ちょっと山梨方面に出かけてきました。
今回の目的は、友人の家に「薪ストーブ」を付けるためなんです。
要するに、大工さんをするんですね。

工具や資材を車に積んで、20日の朝からタンボロッジを出発〜〜どんっ(衝撃)

でも、これからの道のりと、薪ストーブ(相当重い)付けの重労働と考えると、「たくさん食べなくっちゃ」!!猫
ということで、行きがけに「キッチンカンナ」でお昼を食べちゃったもんね。モバQ

IMG_4416.JPG
おいしい美味しいお昼のランチです。
「レンコンのいかだ揚げ」
「ブロッコリーと豆腐のキッシュ」
「八宝菜」
味噌汁と玄米ご飯のランチです。

IMG_4421.JPG
そしてそして、「中華風うどん」まで食べちゃいました。
胡麻だれのおいしい温かいうどんに、心も胃袋も満たされて、るんるん
いざ、重労働の旅に出発どんっ(衝撃)

2009年10月19日

第3回ワッハッハベジタリアン料理教室inタンボ・ロッジ

この前の土日は、タンボロッジのイベント、「第3回ワッハッハベジタリアン料理教室inタンボロッジ」でした。

(第2回目の様子は、こちらを見てくださいね)

三々五々、参加者の皆様がタンボロッジに集まってきました。
そして、午後4時ころからスタート。

IMG_4402.JPG
まずは、例によって、「木澤先生」によるレクチャーから始まります。
今回は、秋の野菜を使ったマクロビオティックの華やかメニューです。

IMG_4403.JPG
先生の指導のもとに、料理が進んで行きました。
材料の切り方や分量に対する考え方など、参考になるお話もいっぱいしていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、出来上がりました。

IMG_4407.JPG
「車麩の角煮風」
「野菜とベジハムのひえテリーヌ 人参クリーム添え」
「蕪とさつまいもの麻の実と豆腐クリーム和え」
「切り干し大根」
「レンコンのハンバーグ」
「根菜ビーフンスープ」
「小豆ごはん」
それに、タンボロッジ特製に「ぬか漬け」、「豆腐の味噌漬け」が付きました。

そして、おまけのマクロビ・スイーツは、「ミニ・ベジエクレア」です。

結構豪華ですね。
じっくり手作りした料理のおいしいこと!!exclamation×2
もう本当に幸せのひと時です。

IMG_4414.JPG
では、みんなで「いただきま〜〜〜〜す。」猫

今回もまたいろいろと、お教えていただくことが多く、大変実りのある教室になりました。

先生の木澤さん、遠いところをお疲れ様でした。
そして本当にありがとうございました。

楽しかったので、また次回もできるように、考えま〜〜〜す。るんるん
posted by 料理長 at 15:56| Comment(6) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2009年10月15日

キッチンカンナのスイーツ教室

昨日は、宇都宮にある私の大好きなマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」で「マクロビ・スイーツ教室」が開かれました。
スイーツ好きの私は、今度は「生徒」として参加しました。

IMG_4362.JPG
教えてくださるのは、キッチンカンナでマクロビ・スイーツを作ってきた「ゆか先生」。
こんな美人に教えてもらうなんて、うれしいな〜〜〜〜るんるん
と張り切るわたくしでした。モバQ

IMG_4364.JPG
今回は4種類のマクロビ・スイーツを作ります。
デモンストレーション形式で、教室は進んで行きました。

IMG_4373.JPG
最後の「リンゴ葛湯」は、今年の1月からキッチンカンナで働いている新人の「ちはる」さん。
「わたし、、緊張しているんですけど」ですって。
確かに、なんだか手つきも顔つきも、緊張していますねえ。
緊張しているときには、「キンチョール」なんちゃってモバQ

IMG_4390.JPG
さて、4種類が並びました。
「かぼちゃのスコーン」
「豆腐のレアチーズケーキ風タルト」
「ココアのムース」
「リンゴ葛湯」

み〜〜〜んなおいしかったです。
そして、今回カンナスイーツのおいしさの秘密が少しわかりました。
さらに、タルトのコツやムースのなめらかさなど、参考になることがいっぱいでした。

いろいろと教えてくださった「ゆか先生」、緊張していた「ちはるさん」どうもありがとうございました。
そして、楽しいひと時を与えてくださったカンナのスタッフさんたち、本当にどうもありがとうございました。わーい(嬉しい顔)

さあ、これでタンボロッジのマクロビ・スイーツもグレードアップと行きたいですが・・・・
さて、どうなるでしょうか・・・・・
なになに、それは料理長の努力次第ですって。どんっ(衝撃)
がんばりますってば。手(グー)
posted by 料理長 at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳