2009年11月30日

リフレッシュ休暇です。

DSCN2208-1.jpg

明日から12月10日まで、タンボロッジのスタッフは、「リフレッシュ休暇」を取らさせていただきます。
(宮崎の日向市の「支配人」の実家に里帰りします。)
12月10日夜遅くに戻る予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。

写真は別府温泉の「砂風呂」に入る「支配人」。
posted by 料理長 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2009年11月29日

白チューニョのコロッケ

今日の夕食のメインディッシュは久しぶりに、「白チューニョのコロッケ」でした。
これは、白チューニョを茹でてみじん切りにして、麻の実ナッツと玉ねぎを入れて衣をつけて揚げたんです。

IMG_4694.JPG
見た目には、普通のコロッケと何ら変わりありませんねえ。モバQ
でも、中身はしっかりと「白チューニョ」ですよ。
これは陽性のコロッケですから、寒いこんな日にはぴったりです。ぴかぴか(新しい)

後ろのあるのは、とら豆とビーツのソースです。
ソースというよりは、とら豆そのものみたいになってしまいましたが・・・

2009年11月26日

りんごの加工

またまた会津若松の白井農園の低農薬のリンゴをGETexclamation
今回の品種は「王林」。
青リンゴですが、酸っぱいわけではなく、甘くておいしいリンゴです。
大きさも、前回の紅玉と比べると大きいので、皮むきが楽ちんで〜す。るんるん

IMG_4639.JPG
さて、例によって地道な仕事、皮むきと刻みが始まります。
何しろ、10kgあるので、まあ気長にやりましょうね。

そして、塩をまぶして鍋に入れ、弱火でゆっくりと煮ました。
それをまたまた例によって脱気殺菌して瓶詰め。
IMG_4658.JPG
さあ、出来ました。(実際は16瓶あります。)

さて、あとは12月に「フジ」を加工すると、タンボロッジのリンゴの加工はおしまいになります。
やっと先が見えてきて、ホッと一息といったところです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(1) | タンボ・ロッジの加工品

2009年11月24日

洋梨のシャルロット

一昨日、たくさん作った「洋梨のコンポート」。ぴかぴか(新しい)
そして、余った果汁を煮詰めて、「甘〜〜〜い」洋梨飴を作りました。
そして、それを利用して、「洋梨のシャルロット」を作りました。

IMG_4677.JPG
ちょっと生地の豆乳の泡だてが不足していたようで、少し薄っぺらい生地になってしまったのが残念ですが、ベーキングパウダーも卵も使わない米粉100%の「ビスキュイ生地」ができました。
その中に、洋梨のババロアを入れ、表面に出来たばかりの洋梨のコンポートを飾りました。
甘さは、生地に使った「羅漢果糖」以外は、すべて洋梨の甘さだけです。

IMG_4683.JPG
断面です。
ちょっと大きめ過ぎた感じですが、出されたお客様はみんな「かえってうれし〜〜いるんるん」だって。
そりゃそうだexclamation×2
自分だって、大きいマクロビ・スイーツが出てきたら、うれしいもん。るんるん
posted by 料理長 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2009年11月23日

熟れた洋梨

会津若松の白井農園さんの低農薬の洋梨、もうそろそろおしまいだそうです。
そこで、少し欲張って、またまたコンポートを作って保存すべく、10kgをGETしました。

でも、もうおしまいだけあって、よ〜〜く「熟れて」います。
熟しきった洋梨は、柔らかく、とっても甘くておいしいです。
そのまま食べてもわーい(嬉しい顔)るんるんのおいしさどんっ(衝撃)
でも、さすがに10kgも一気に食べられませんね。

では、コンポートを作りましょう。
うれすぎた洋梨=売れすぎて品薄=人気商品=なんちゃってモバQ
でも、熟れすぎて柔らかく、皮をむきづらいこと、はなはだしいです。
やりにくかったな〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
間違ってシンクの中に落っことすと、べっちゃりしちゃいます。
そういうものは、すぐさま私の口に入ります。(役得わーい(嬉しい顔)
でも、わざとおっことしたりしていませんからね。(きっぱりexclamation

IMG_4672.JPG
さてさて、塩だけで煮込んだ洋梨を、脱気殺菌すべく、瓶詰めしています。
450ccの中瓶に、13瓶ほどできました。(15瓶分くらいはできるはずだったので、2瓶分くらいは食べたかも・・・・モバQ

洋梨は、熟すとかなり果汁が出ます。
その果汁を煮詰めると、甘くておいしいことどんっ(衝撃)
これは癖になりそうたらーっ(汗)たらーっ(汗)
でも、今だけの瞬間しか食べられないから、癖になっても許しちゃおっと。ぴかぴか(新しい)

この煮詰めた果汁を使い、スイーツを作ることにしました。
posted by 料理長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年11月22日

ブッシュ・ド・ノエル

まだ1カ月も先だけれど、初雪も降ったし、なんとなくクリスマス気分で、「マクロビ・ブッシュ・ド・ノエル」を作ってみました。

IMG_4668.JPG
大きなな枝が2本もあります。
それもそのはず、昨日はタンボロッジは満室でした。
ということは、たくさんの人が食べるんで、大きく作ったんです。

すごい量ですが、みんなで「ペロッ猫」と食べちゃいました。
おいしかったです。

ちなみに、このノエルケーキ、個別に切ってお皿に盛ると、普通のロールケーキのようで、見栄えがよくありませんね。もうやだ〜(悲しい顔)
だから、このデコレーション、「瞬間芸」です。

でも、楽しかったですよ。
もちろんロールの生地は「ベーキングパウダーを使わないタンボロッジオリジナルのマクロビケーキ生地」を使いました。るんるん
posted by 料理長 at 14:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2009年11月17日

ゆず

先日、庭で採れたという「ゆず」を「ゆずって」いただきました。モバQ

IMG_4629.JPG
さっそく絞って「ゆず酢」として使います。るんるん
おいしい酸味ですね、柚子って。ぴかぴか(新しい)

もっとたくさんゆずって!!手(チョキ)
posted by 料理長 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年11月16日

トマトケチャップ

先日、会津若松の農家に、タンボロッジで食べる無農薬の新米のコシヒカリを取りに行きました。
その時に、「最後のトマト」だからと言って、トマトを少し分けていただきました。ぴかぴか(新しい)

IMG_4642.JPG
まだ今頃までトマトってあるんですね。exclamation&question
びっくりしました。がく〜(落胆した顔)

IMG_4645.JPG
おおっどんっ(衝撃)
顔に傷があるまるで「やーさん」のようなトマト。

「おらおらおらっどんっ(衝撃)陰性にしてやるぞ〜〜パンチ
だって。
お〜〜こわ〜〜い猫
なんちゃってモバQ

でも、今の季節のトマトを、こんなに食べる気にはとてもなれません。
ひらめきそうだ、「トマトケチャップ」にし〜〜〜ちゃおっと。

IMG_4653.JPG
ハーブビネガーを使わずに、去年作って置いた「ハーブ梅酢」を使い、作りました。
甘さはもちろん「米飴」ですよ。わーい(嬉しい顔)

タンボロッジの詳しいトマトケチャップの作り方は、「こちら」を見てね。
今回はこの中にある「ハーブビネガー」のお酢を、梅酢に変えたんです。
塩は梅酢に含まれるため、控えめに入れました。
とてもおいしいケチャップになりましたよ。
これなら今の季節、少しは食べても大丈夫決定
posted by 料理長 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2009年11月13日

べジ・うな丼

今日のタンボロッジのまかない料理は、「べジ・うな丼」を作りました。
これは先日の松本先生の研修会の時に教えてもらったものなんです。

IMG_4636.JPG
うまそ〜〜〜〜exclamation×2

研修のときは、「山椒」の粉を買うのを忘れていました。モバQ
そこで、今回はそれも手に入れて、本格的に作りました。

このレシピを参考に、「ニジマスもどき」とか「タイもどき」なんか作れそうな気がします。
ちょっと工夫してみたいとおもいます。ぴかぴか(新しい)

posted by 料理長 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2009年11月12日

洋梨のジャム

先日、会津若松のオーガニック農家、白井農園さんへ出かけました。
そこで手に入れたものは、低農薬の「ラ・フランス(洋梨)」です。
DSCN7371-1.jpg
甘くておいしいんですよ、これが。

そこで、これをコンポートというか、ジャムというか、まあそんなものに加工しました。

去年の今頃は、アンデスに出かけていたので、このおいしい洋梨は加工できませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
でも、今年はちゃんと加工しましょうね。
何しろ、マクロビ・スイーツの「洋梨のシャルロット」ができるんだから・・・・

IMG_2294.jpg
ほら、これです。
ベーキングパウダーを使わないスポンジ生地を改良して、ビスキュイ生地を焼き、作りました。(これは1昨年の洋梨の瓶詰を使い、去年作ったシャルロットの写真です。)


さて、加工するときの材料は、自然塩と洋梨だけです。
なんてシンプルなこと。
洋梨の皮をむいて、芯を取り、八等分してさらに小さく切り、塩をまぶして大きな鍋に入れ、弱火で煮込みます。
火が通ったら、熱湯消毒した瓶に詰め、脱気殺菌します。
こうすると、2〜3年は常温で軽く保存できるんです。

IMG_4649.JPG
さて、1日がかりで出来ました。
450ccの保存瓶に15本ほどできました。

まだあるそうなので、来週にまた白井農園さんに伺おうと思っています。

おいしい洋梨・・・・「用」があるのに「洋梨」・・なんちゃってモバQ
失礼しました。
posted by 料理長 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品