2009年12月28日

白チューニョ作り

2週間ほど前に北海道の秋場さんから届いた自然農法のじゃが芋200Kg。
そして、霧冷え込むことを予想して、さっそく50Kgほどをチューニョ二すべく、凍結させ始めたんです。

IMG_4919.jpg
ところが、なんだか連日「晴れ晴天晴れ」に加えて、冷え込みが弱く、なかなかうまく「凍結」出来ませんでした。
やっと2週間もかけて、うまく凍結し、次の段階に進めることができました。
「暖冬」なんですねえ。晴れ

IMG_4950.jpg
今回は「白チューニョ」(モラヤ)を作ります。
まずは、溶けてブヨブヨになったじゃが芋の皮をむき、空気に触れないように水につけておきます。
すると、こんなに色が出るんですね。
きれいな色なんですが、だんだん濃くなってきます。
早く流水に晒さなくては・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

でも、何せ50Kgもあるので、皮をむくのに2日もかかってしまいました。
おかげで、指先はじゃが芋の割アクで赤黒く染まってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
なかなか地道な仕事ですね。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_4952.jpg
さて、今日やっと「湧水」が入る池に晒すことができました。
玉ねぎネットに入れ、池の底の泥で汚れないようにブロックを敷き、そこへ凍結させて皮をむいたじゃが芋を置いていきました。

これであとは10日間ほど放置しておきます。
第一段階を終わって、ホッと一息。わーい(嬉しい顔)

でも、あとまだ150Kgもあるどんっ(衝撃)
ちょっと欲張りすぎたかな〜〜〜モバQ
というよりは、早く通常の冬の寒さにならないかな〜〜〜猫

暖冬は楽でいいのだけれど、でも、ちょっと暖か過ぎるのも問題がありますね。

IMG_4963.jpg
その後、池の水で冷え切った両手両足を温めるべく、近くの「湯の花温泉、弘法の湯」に入りに行きました。
温泉は誰も入っていませんでした。ぴかぴか(新しい)
湯気がもうもうと立ち込め、冷えた体を包みます。
あ〜〜〜〜、極楽極楽るんるんるんるん
たまりませぬ。