2010年02月01日

じゃが芋の食べ方(1)

最近このブログも、「こんなの食べた」とか「これ作っておいしかった」的な、食い意地がはったものばかりが目立っていました。
そこで、少し反省してモバQ、マクロビ的に少しは役に立つ情報を時々アップしようと思いつきました。ひらめき

その第一弾として、マクロビオティックでは嫌われ者の「じゃが芋」ちゃんに登場いただくことにいたします。


 ★ 嫌われ者のじゃが芋

じゃが芋は、マクロビオティックでも「陰性」だとか「毒がある」とか言われ、かなりパンチ嫌われています。

IMG_5035.jpg
おらおらおらおら、「陰性」にしてやるぞ〜〜どんっ(衝撃)
なんて言うキズものの「やーさんじゃが芋」があるせいか・・・・・なんちゃってモバQ

しかし、体を冷やすので絶対によくないなどと言われ、マクロビオティックのレシピにも、ほとんど登場しません。

同じ「陰性」でも、「米飴」や「メープルシロップ」、「甜菜糖」なんかは、みんな大好き揺れるハート

えらい違いです。

そして、「Organic Base」と言うマクロビを解説した本の中には、こんな記述もあってびっくりがく〜(落胆した顔)
・・・「じゃが芋は熱帯原産のもの」
・・・「征服したスペイン人が現地のインディオを弱らせるために無理やり食べさせた」
・・・「もし食べるとしても、手でたたいてつぶしてから食べる」
など・・・・・・・

「じゃが芋」はアンデス原産です。
ペルーとボリビアにまたがる「ティティカカ湖」周辺が故郷と言われています。
緯度的には確かに「熱帯」に位置しますが、「ティティカカ湖」は、標高4000m位にある「瀬戸内海」くらいの広さがある湖なんです。
つまり、標高3776mの「富士山」の頂上よりも高い所に位置しているんです。
ですから、気候的には結構寒いです。
「乾季」の冬の6月〜7月(南半球だから)にもなると、夜は氷点下まで気温が下がる厳しい気候の場所なんです。
だから、とても「熱帯」とは言えません。

だって、暑い夏の日本で、富士山のふもとの静岡県で気温が32〜33℃もあるような日に、富士山の頂上は気温が8〜10℃くらいで、「寒い」くらいですからね。

そして、アンデスでは、じゃが芋は1万年以上も前から食べてきた歴史があるんです。
山本紀夫さんの「じゃが芋とインカ帝国」という本には、そのことが詳しく書いてあるんです。
そして「インカ帝国」を支えた「主食」であるとも・・・・
決して「征服したスペイン人が現地のインディオを弱らせるために無理やり食べさせた」物ではないのです。

さらに「もし食べるとしても、手でたたいてつぶしてから食べる」などは、タンボロッジでよく作っている「チューニョ」(凍結乾燥じゃが芋)のことを、勘違いして書いているとしか思えません。

このように、誤解にまみれた「じゃが芋」君たち。
同じ「陰性」の「米飴」や「メープルシロップ」、「甜菜糖」に比べたら、本当にかわいそうです。

そこで、この「じゃが芋の食べ方」シリーズでは、その誤解を解き、偏見をなくし、皆様の楽しいマクロビオティック・ライフのお役にたてればと思い、じゃが芋の原産地、アンデスの食べ方を交えながら、「陰性」に傾かない「じゃが芋」の食べ方を探っていきたいと思います。

じゃが芋の食べ方(2)へ続きます。こちらをクリックしてください。
posted by 料理長 at 14:41| Comment(4) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理