2010年02月09日

じゃが芋の食べ方(4)

(3)で完結したように思われるじゃが芋の食べ方シリーズ。
今日はしつこく、(4)をアップしましょう。

というのも、なかなか食べ合わせる「陽性」な野菜がない時のために、じゃが芋を早く「毒抜き」、「陽性」にしてしまう方法をアップしたいと思うからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃが芋がたくさんあるときは、なるべく小さいものを選んで冷凍しましょう。(生のままですよ)
IMG_4306.JPG
こんな感じで、冷凍庫の空きスペースに入れて、一晩くらい冷凍します。
すると、翌日には「カチカチ」に凍っています。
それを冷凍庫から出して、自然解凍します。

ここで焦ってはいけません。ちっ(怒った顔)
もう一度、冷凍します。

解けると、少し「ブヨブヨ」した感じになりますが、ピンポン玉の大きさくらいのじゃが芋は、冷凍を一度したくらいでは、中まで完全に凍結しない感じがするんです。
だから、それをもう一度「再冷凍」します。
そして、翌日にもう一度自然解凍します。
すると・・・・・
IMG_2264-1.jpg
まな板に乗せて、上から押しつぶすと「ぴゅ〜〜〜〜」あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
こんな感じでじゃが芋の中の水分を押し出すことができるんです。
そう、これで「ソラニンなど」のじゃが芋の毒は完全に抜けるんです。
それとともに、だいぶ「陽性」になった、「生チューニョ」が出来上がります。
この「生チューニョ」のことを、アンデスでは「カチ・チューニョ」とか「カチュ・チューニョ」とか呼んでいます。
これでじゃが芋の薄皮をむくと、「陽性」寄りになったじゃが芋が誕生します。わーい(嬉しい顔)

これをさらに晴れ「天日干し」晴れすると、「チューニョ」になるんですが、天日干しの前の「生チューニョ」も、結構おいしいですよ。

ねっexclamation×2簡単でしょ。

この「生チューニョ」を塩ゆでして、いろいろな料理に使いましょう。
大豆たんぱくを味付けし、人参や玉ねぎと一緒に煮込んで、「肉じゃがも」ならぬ「うそ肉チューニョ」(変な名前だな〜〜)なんか、かなりおいしいです。
そして、「唐揚げ」なんか、とてもいけますよ。

夏場なんかは、この「生チューニョ」に少しじゃが芋を入れて料理しても結構いけますよ。るんるんるんるん

位置情報注意
「生チューニョ」は、空気に触れると色がだんだん「赤」〜「黒」へと変化していきます。
品種によって、少し色の変化は違いますが、これは異常ではありません。
これでいいのです。
「あらっどんっ(衝撃)だめになっちゃったもうやだ〜(悲しい顔)」なんて、決して思わないでくださいね。
posted by 料理長 at 10:51| Comment(6) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理